« Xリーグ  ファースト・ステージ終了  富士通&パナソニック全勝 | トップページ | LIXIL DEERS 33-25 IBM BigBlue  横浜スタジアム »

2015年10月20日 (火)

東京ガスクリエイターズ 49-16 ハリケーンズ  横浜スタジアム

Zimg_7142a

Xリーグのファースト・ステージも最終日となり

富士通スタジアムを離れて横浜スタジアムでの開催。

横浜DeNAベイスターズがクライマックスシリーズに進出した場合は

開催できない場合もあったようですが

ベイスターズがセ・リーグを最下位でフィニッシュしたのでXリーグ開催。

プロ野球は最下位でも降格がないから緊張感はないなあ。

上位半分に入ればクライマックスシリーズだし。

たった6チームのリーグを毎年やっていて

そりゃどこかが強くなればどこかが弱くなるだろう。

Zimg_7156a

ただプロ野球の観戦に学ぶべきものもある。

日本人のスポーツ観戦とは

酒も入って飲み食いしながら、ぼけっとフィールドを眺めるような

宴会スタイルなのだな。

相撲にしても勝負自体は非常に短時間であり

その他の時間を座敷でのんびりと宴会するわけだし。

これが狩猟民族のスポーツ観戦となると

サッカーを90分間フルに熱中して応援し続けたり

テニスをじっくりと集中して見ていたりと、スポーツ自体に興味関心があり、のめり込むことになる。

Zimg_7167a

スポーツ自体を細かく詳しく見続ける観戦文化が

日本にはそもそもないのだろう。

それよりもスタジアムで宴会を開き、楽しむことに主眼がある。

その点でいけばアメリカンフットボールは

プレー時間自体はそれほど長くなく

すべてが短いセットプレーで構成されているので

日本の相撲に近い感覚で観戦できる。

野球よりもさらに宴会スタイルの観戦に適しているといえる。

Zimg_7173a

Jリーグの難点は、日本人が90分間プレーを楽しみ続けるスタイルに慣れないことだ。

ゴール裏の応援スタイルだけは

プロ野球や甲子園にも昔からあったものなので

それを過激にする形で導入がすんなり進んだ。

だがメインやバックスタンドでサッカー観戦をし続けるのは、なかったるい人が多いのが本音だ。

私自身、ゴール裏でエスパルスを応援するのは楽しいが

メインやバックスタンドで、欧州リーグと比べて見劣りする内容を見させられるのは退屈だ。

Zimg_4116a

アメリカスポーツといえばチアリーダー。

欧州のスポーツにない存在だ。

アメフトは日本人向きな観戦スポーツだし、チアリーダーの存在がそれを押し上げる。

最終決戦まで進めば社員動員があり、東京ドームが満席となるのだが

まったく興味ないものを観に来ることは難しいだろうし

日本人に適した宴会スタイルで楽しめるスポーツ興業なのが魅力なはず。

Zimg_4259a

とはいえ、この日の客席は見ての通りでございます。

以前は、無理に横浜スタで開催しなくてもという意見でしたが

川崎があのような状況に変貌したので、横浜スタでもっと開催すればと願う。

ピッチレベルに近い視界で試合を観る楽しみを語ると

アメフトの試合内容自体を真剣に楽しんでいる方からは、馬鹿らしいと窘められるわけですが

いかんせん、素人にはピッチレベルな客席の方が面白おかしいものです。

この日の第一試合は東京ガスがシーズン初勝利を飾った。

|

« Xリーグ  ファースト・ステージ終了  富士通&パナソニック全勝 | トップページ | LIXIL DEERS 33-25 IBM BigBlue  横浜スタジアム »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Xリーグ  ファースト・ステージ終了  富士通&パナソニック全勝 | トップページ | LIXIL DEERS 33-25 IBM BigBlue  横浜スタジアム »