« サンフレッチェ広島  年間勝ち点1位  2ndステージ優勝 | トップページ | 艦これには愛想が尽きた  やってらんねえよ »

2015年11月22日 (日)

清水エスパルス  年間17位でJ1卒業  J2の大海原へ出航

Zimg_5205a

2015 J1リーグ 最終節

ヴァンフォーレ甲府 2-2 清水エスパルス  山梨中銀陸上

シーズンを通して最下位に沈み続けた清水エスパルス。

だが最後の最後で意地を見せ、18位最下位を回避。

年間17位というブービーでJ1を無事卒業した。

千里の道もまずはブービーから。

ブービーと最下位では天と地ほど違う。

残留圏の15位とは勝ち点9も開いてしまい

惜しくもJ2降格とはいえず、最後まで残留争いに参加できない底のシーズンだった。

Zimg_5225a

ここまで狂ったのは

昨年から丸一年に渡ってチームを託された大榎氏の人望の厚さの影響だろう。

粗暴で野卑な行動や発言をする劣った人格の持ち主なら

フロントもあっさり見切りをつけられたろう。

だが大榎氏の人望の厚さは富士山よりも高く駿河湾よりも深い。

信頼できる人間であるがゆえ、J2降格という絶望的な破壊まで引き起こした。

誰からも愛される好人物。

頑なで狼な長谷川健太氏がすったもんだの末に結果を残していったのと比べ

柔和で理解者の大榎氏はチームを破壊してJ2降格させた。

Zimg_5249a

来年からはJ2リーグでの戦いとなる。

昇格してきたチームと違い

清水はオリジナル10で過去もないので

トップカテゴリー以外で戦うのが初めてとなる。

最も心配されるのはアウェイのピッチコンディションだ。

今ですら故障の連続である選手達が

J2のピッチでどれだけやれるのか。

芝も禿げ上がり凸凹なピッチはボールの跳ねる方向すら予測不可能、

雨が降れば水田と化す。

Zimg_5285a

典型的なアメリカ人たるゴトビ氏が

もう少し地元のマスコミや関係者、レジェンドOB群に対し

ロビー活動を発揮してくれたら良かった。

だが彼らと対立したことが、ゴトビ氏の退陣に繋がった。

決定的だったのはサポーターから退陣を願う署名が大量に集まったことだ。

こうした清水を取り巻く環境に渡りをつけられなかったのはゴトビ氏の能力の欠如だ。

試合采配やチーム運営に関しては、託された選手達の能力最大値を発揮させていた。

よくやっていたものだ。

Zimg_5319a

J2降格の最大の要因といえば

昨年15位ぎりぎりで残留した際、なぜか大榎氏を監督継続させたことだ。

そのフロント判断がすべてだろう。

大株主判断といえるかもしれない。

ただ、別の監督がシーズン前から体勢をしっかり整え

選手達の能力の最大値を発揮させ、下位順位でJ1残留させたところで

清水エスパルスを取り巻く人々は非難の嵐だったろう。

もはやどこかでJ2降格するしかなかったかもしれない。

長年ユースを監督してきた大榎氏のトップ昇格は避けられないものだったから。

Zimg_5324a

J2クラブに来てくれる有望な日本人選手はいるわけなく

現在保有している戦力をそのまま来季も維持することが当面の課題だ。

五人いる外国籍の選手の動向や、今後の外国籍選手の補強。

従来のやり方が破綻を迎えたわけで

左伴社長が抜本的に改革していき、それを大株主が支える姿勢が求められる。

Zimg_5049a

池袋ハロウィンの画像も打ち止め。

最後は更衣室への入場待ちの列がマンションの方まで続いていた。

中野のブロードウェイマンションは家族向けの間取りだが

メゾンサンシャインはシングル向けの間取りが多い。

風呂とトイレが一緒になったユニットバスで、洗濯機置き場もない構造なので

今どきのニーズに合わず、賃料はかなり安い。

とりあえず地方から上京したい人にはメゾンサンシャインがお勧め。

|

« サンフレッチェ広島  年間勝ち点1位  2ndステージ優勝 | トップページ | 艦これには愛想が尽きた  やってらんねえよ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンフレッチェ広島  年間勝ち点1位  2ndステージ優勝 | トップページ | 艦これには愛想が尽きた  やってらんねえよ »