« 小林監督の清水エスパルス探検記 | トップページ | くれぷすきゅーる  CREPUSCULE  秋葉原にオープン »

2015年11月28日 (土)

CS準決勝  浦和レッズ 1-3 ガンバ大阪  埼玉スタジアム

Zimg_4354aa

一発勝負の準決勝。

最後は点差がついてしまいましたが

同点のまま延長戦に入り、延長の後半で試合が動いた。

ガンバ大阪がGKにバックパスをするも

ループシュートするような格好になり、ボールは自軍のゴールへ向かう。

このままではオウンゴール。

GKが必死に仰け反るようにジャンプして

なんとか僅かにボールを足で触れることができ、ボールはぎりぎりでゴールポストに当たった。

Zimg_4336aa

そこからがガンバ大阪のカウンターだった。

ゴールポストに弾かれたボールをすぐさま前線に送り

あれよあれよと言う間にガンバ大阪のゴールが決まった。

鉄壁の守備を見せた浦和レッズだったが

あわやオウンゴールというガンバ大阪のお粗末ぶりに

ボールウォッチャーとなり足がとまった。

そこを突いたガンバ大阪。

見事な勝ち越し。

Zimg_4348aa

どうしても抉じ開けられない浦和レッズのディフェンスを

打ち砕くための最後の手だったようにも思える。

丹羽のバックパスはただ単にゴールを狙うだけでなく

GKをかわすためのループだった。

必ずゴール枠を避けるというバックパスの鉄則を破るだけでなく

わざわざループまでさせる気の使いよう。

だがGK東口が身体能力の極限を開花させ、ぎりぎり足で触れてコースを変えた。

ボールはゴールポストへ当たり、ピッチに跳ね返った。

Zimg_4128a

ここが勝負を分けた。

オウンゴールが決まったと思った浦和レッズは

万全だったはずの調子が狂った。

その揺らぎを逃さないガンバ大阪のカウンター攻撃。

最後は藤春のボレーシュートが決まり

勝負を決めた。

Zimg_4118a

動員は4万人強ということで

もう少し双方のサポーターが集まればといったところ。

まあ、アウェイ側が大阪のチームですし、時間的にも経済的にも難しい。

浦和レッズサポーターだけで埋め尽くしても良かったが

最後まで埋まらないのも今の限界か。

Zimg_4135a

ACLの過酷な日程がなければ

ガンバ大阪が能力的に上であるという当然の結果かもしれない。

そしてチャンピオンシップのファイナルは

またもや過密日程がガンバ大阪に襲いかかる。

動員的にも過去最高の盛り上がりを見せる、年間勝ち点1位のサンフレッチェ広島。

果たしてファイナルのホーム&アウェイは、どんな展開を見せてくれるのか。

素直に年間勝ち点1位の広島を推せないのは、

ACLの荒波を戦ってきたガンバ大阪に対する尊敬だろう。

|

« 小林監督の清水エスパルス探検記 | トップページ | くれぷすきゅーる  CREPUSCULE  秋葉原にオープン »

Jリーグ・海外・代表 フットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小林監督の清水エスパルス探検記 | トップページ | くれぷすきゅーる  CREPUSCULE  秋葉原にオープン »