« パナソニックインパルス  ジャパンXボウル優勝 | トップページ | ウェルカムダンス  ジャパンXボウル2015 »

2015年12月15日 (火)

JXB 富士通フロンティアーズ 21-24 パナソニックインパルス

Zimg_2463a

年末にこうして東京ドームへやってきて

ジャパンXボウルを観るのも6年連続です。

6年前の自分といえば結構若かったな。

ディアステに通っていた頃、リスコさんにキャノンのkissを勧められ

X3を買ったのが始まりだった。

いまでは70Dとなり、清水エスパルスよりXリーグへ通う身に。

Zimg_0837a

アメフトはなんといってもクォーターバックQBが攻撃の要。

他の選手達は導線確保に衝突し

相手選手は導線潰しに衝突し、相撲の連続。

富士通のQBキャメロンは終盤に精彩を欠いた。

攻撃のときにボールをとられ、逆に攻撃されてしまうインターセプトが多かった。

得点だけでなく失点もキャメロン次第。

富士通が長い道中を経て見事なタッチダウンを重ねていったのに比べ

パナソニックは相手の隙を突いて抜け駆けするばかりで

忍者戦法だった。

Zimg_0219

残り数分で、一度のタッチダウンじゃ追いつけない点差のなか

最後まで喰らいついたパナソニックインパルス。

最後の数分で二度のタッチダウンを決めた。

タッチダウン後にキックを選ばず、もう一度エンドゾーンへ運ぶことを選び失敗。

だが次も同様の挑戦をして今度は決めた。

プラマイゼロなのだがパナソニックの闘志を感じる。

Zimg_0248

パナソニックインパルスがこのような忍者戦法をできたのも

富士通のランニングバック、ゴードンが不在のせいか。

アメフトの攻撃はQBが前にボールを投げて(一回限定)

それを味方が受け取ることで大きな距離を稼げる。

だがQBがそれをせずに、ランニングバックにボールを託して走らせるパターンもある。

ゴードン不在のため、この走らせるパターンに自信が揺らいだ富士通だった。

万能キャメロンもこれまでの手が使えず、疲労と共に判断が鈍った。

Zp1920113a

東京ドームの中は暖かく、コートを脱いで過ごせた。

東京ドームの稼働率は高く、たいした施設です。

横浜スタジアムがLED照明で明るいのと比べ、やや暗い東京ドーム。

マイケルジャクソンがデンジャラスツアーで来日したとき

東京ドームへ観に行ったものです。

ビールを飲むにはドームの方がいいですね。

試合後は最後まで残っていたが

客席には飲まれていない満杯のビールが点在していて

だったら買うなよと思いつつ、それを巡るドラマを想像したりした。

Zimg_9869a

富士通フロンティアーズのチアリーダー、フロンティアレッツ。

赤い帽子はパフォーマンスで被りましたが

勝利の白い帽子は被れず。

このまま行けるはずと思えた残り数分からの転落。

アメフト的になかなか起こりえないことが起こった。

一塁側の富士通応援席は、まさかまさかの事態に口をあんぐり。

それでも残り一分、必死に応援し続けたフロンティアレッツと一塁側スタンド。

試合終了と同時にチアは涙でした。

Zimg_9971a

負けても人生は続く。

セレモニーが終わり、選手やチアが客席最前に集まった観客とお喋りなど。

チアの方と黒人選手が互いの親を紹介し合う場面に出くわした。

互いの親を紹介し合うというのは、そういう発展があったのかと

帰りの電車の中で考えたりした。

人生は続きます。

今夜、東京ドームに集まった25000人は、これからも生きていこう。

年を越すぞ。

Zimg_2075

パナソニックインパルス優勝。

アメリカンフットボールのトップカテゴリーにおいて

リーグ戦を全勝し、最後のトーナメントも勝ち抜き、頂点に辿り着きました。

私は一眼はキャノンですが、コンデジは長年パナソニックですし

そういえばうちのテレビもパナソニックです。

昔、パナソニックのMSX2を持っていました。

パナソニック優勝おめでとう。

正月のライスボウルでは立命館大学と対戦する。

関西学院大学が毎年来ていたのですが、今年は駄目だったようだ。

是非Xリーグ王者に勝ってもらいたい。

|

« パナソニックインパルス  ジャパンXボウル優勝 | トップページ | ウェルカムダンス  ジャパンXボウル2015 »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パナソニックインパルス  ジャパンXボウル優勝 | トップページ | ウェルカムダンス  ジャパンXボウル2015 »