« 2015年11月22日 - 2015年11月28日 | トップページ | 2015年12月6日 - 2015年12月12日 »

2015年11月29日 - 2015年12月5日

2015年12月 5日 (土)

ゆきバースデー  ハニーハニー大宮

Zp1920089

もがちゃん推しのゆきさんがバースデー開催。

二十歳になりました。

ピンキーと同じ歳。

私のバースデーを大宮でやってもらったとき、ゆきさんはまだ厨房でコックだった。

金髪のショートカットがもがちゃんそっくりで印象的だった。

その後、メイド化して髪も黒くなった。

親兄弟すべて野球漬けな野球一家に育ったものの、ドロップアウトしてふらつくゆきさんですが

野球で培われた体でメイド業をこなす。

Zp1920093

入店したら、メイドがゆきさん一人しかおらず、大変な状況。

すでに店内は満席だが、バースデーの当人だけで給仕を乗り切っていた。

もがカラーである紫のメイド服で、耳にはトナカイのピアス。

店内にはゆきさんが好きだという尾崎世界観の歌声が流れていた。

遅れて、いちかさんが登場。

残りの高校生活を輝かせるべく、前髪を自分で切ってエキセントリックな髪型に。

銀色のお盆を使ってアキラ100%の真似をするのが上手かったです。

Zp1920096

ゆきさんのカクテル。

試験管に入っていそうな色合い。

大宮店に面した路地がアスファルトを捲られて舗装工事している最中だった。

日本を代表するメガロポリスさいたま市。

すずらん通りのハニーハニー大宮。

ゆきバースデーで夜が更ける。

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

くれぷすきゅーる 2回目

Zp1920086

もう行かないかなと思ってたら、ぺこちゃんがシフトに入っていたので行ってみた。

くれぷすきゅーるのメイド服はふわふわもこもこしてるので

痩せっぽちなぺこちゃんが女の子らしい肉つきに見えて似合ってる。

相変わらずのぺこしかですが、まだハニハニ時代のように凶暴化しておらず

穏やかです。

ぺこちゃんが居なくなってから、ゆうかさんはすっかり毒が抜けてしまった。

周りに影響を与え、暴れ狂う炎、ぺこしか。

 

なぎささんと色々お話しできて面白かった。

何度も撮らせていただいているレイヤーさんですが

囲みばかりなので当然わたしのことを知らず。

コミケについては、レイヤーさんの立場での話だったり

カメコとは違う角度で見ていることもあり、ふむふむ。

とても接しやすい方だった。

 

るかさんとも少しお話しできて、前に来たときと比べ

店内が空いていたので充実していたな。

| | コメント (0)

チキンドリア たまごダブル チーズダブル ハニハニ

Zihyutfdrtdrtyvu

ハルキさんが一人きりで厨房を任された日。

カウンターに座って厨房内を覗いていましたが

やたら動き回って頑張っていたハルキさん。

時間をかけて出来上がったチキンドリア。

ハルキさん自身は卵が固くなってしまったと謝っていましたが

ほどよく半熟な具合で良かったです。

それよりソースを使いすぎたのか、ご飯がドリアというより親子丼のような食感だった。

目隠しされてこれを食べさせられたら、大抵の人が親子丼と答えるのではないか。

そんなチキンドリアでした。

| | コメント (0)

Graf Zeppelin ついにGET E4甲掘り地獄終了★ツェッペリン★

Zgtftyuvbuibiui

燃料がゼロになるまで掘り続けたが、出なかったツェッペリン。

それが十日前。

その後は資材が溜まるたび、一日数回だけ挑戦できる甲掘りとなった。

本来なら一番簡単な丙で掘らなきゃいけないのに

E5甲クリアを先にこなしてしまったため、E4を甲掘りしなくてはならなくなった。

最初はずっと水上部隊でやっていたのですが、まったく出ない。

一度も機動部隊でクリアしてないのがいけないのかと気になり

初めてギミック解除もして機動部隊でS勝利をとり続けたものの、やはり出ない。

初心に帰ろうと思い、再び水上部隊で挑戦。

そしたら出ました、グラーフ・ツェッペリン。

機動部隊で浮気しつつも、また水上部隊に戻ったのが良かったな。

Ziuguytdtyvu

水上部隊の甲掘り編成は、ギミック解除なしで支援艦隊なし。

どちらもやっても変わらないという結論。

第一艦隊は夕張が旗艦で、比叡、榛名、霧島、五十鈴、加賀。

戦艦は大和や武蔵などの低速バズーカ達より

高速戦艦が器用に立ち回ってくれた印象があったので次第にこの面子になった。

夕張と五十鈴には対潜装備。

艦隊司令部施設は、退去があるとS勝利が難しいので最初から載せず。

機動部隊のギミック解除でやってたときは、艦隊司令部施設をフル活用していたけど。

夕張は装甲が弱いので旗艦へ回し、五十鈴はパワフルに耐えてもらう。

加賀は艦戦をフルに積んで航空優勢はとった。

Zniygtretecytubibi

第二艦隊は旗艦に大淀、ビスマルク、綾波、吹雪、北上、大井。

大淀には対潜装備に加えて照明弾を。

ビスマルクには夜偵と探照灯を。

綾波と吹雪は対戦装備。

北上と大井は副砲と甲的。

雷巡に対潜を載せるべきかは悩ましいが

ボスマスが空母でなく戦艦だと削りきれない恐れがあるので対潜を載せなかった。

何十回もS勝利をとっていったが

ボスの潜水艦を削り切れないことはほとんどなかった。

空母か戦艦がしつこく残ってしまうので、そこ対策がメインだった。

 

ツェッペリンがドロップしたときの道中は神がかっていた。

なぜかほとんどのマスで完全勝利。

でもそういうときって駄目なことが多いんだよ。

道中を楽勝できたときに限って、ボス戦でmissばっかりだったり。

だが今回は最後まで上手くいった。

雷巡の甲的がしっかり嵌まって、駆逐艦を除去した上で戦闘開始。

たぶんボス戦ってそこがすべてだな。

甲的が駆逐艦を撃沈できるかどうか。

撃沈できないと戦艦の攻撃が駆逐艦に行ってしまってmissばかりになるし。

 

夜戦では照明弾、夜偵、探照灯の三つがすべて機能した。

これには笑ってしまった。

そしてS勝利後にドロップしたのがツェッペリンだった。

長かったな。

燃料がゼロになり、一日に数回だけやれる状態で十日間。

ついつい地味に続けてしまいゲット。

掘りというものを本格的にやったのは初めてだった。

 

やっと艦これの秋イベント終了です。

| | コメント (0)

CS決勝1st  ガンバ大阪 2-3 サンフレッチェ広島  万博陸上

Zimg_3850aa

長沢駿がガンバ大阪でスタメン入りし、先制ゴールを決めた。

清水の下部組織出身であり、なかなか清水での出場機会に恵まれなかったが

気づけばJリーグの頂点で活躍。

長沢駿が途中交代させられる77分まではガンバ大阪のリードだった。

ただそこからの試合の流れは

ガンバ大阪にとって厳しいものとなった。

Zimg_3862aa

ガンバ大阪のDF、韓国代表のオ・ジェソクが

プレー以外の場面でサンフレッチェ広島の選手を突き倒してしまう。

主審は即レッドカード。

これが命運を分けた。

Zimg_3869aa

立ちどまっているオ・ジェソクに対して、向かっていったのは広島の選手であり

広島の選手がぶつかる直前に、先制して突き飛ばした格好だ。

だが突き飛ばしてしまえば、その選手の負けであり、レッドカードは避けられない。

広島の選手の倒れっぷりは見事で

胸を手の平で突かれたのに、なぜ顔を必死に両手で抑えているのか非常に謎である。

恥ずかしかったのかな。

Zimg_3876aa

まんまと広島の選手の策略に引っかかってしまったオ・ジェソクだった。

これが勝負だ。

シュートが上手いから勝てるんじゃない。

脚が速いから勝てるんじゃない。

勝つか負けるかは、すべての生き様が滲み出たぶつかり合いなのだ。

Zimg_3881aa

それでもガンバ大阪が2-1のリードで90分経過。

だが後半アディショナルタイム、広島は二得点を挙げて逆転勝利。

過密日程が心配されたガンバ大阪だったが

そんなことよりも広島の策略に負けた印象だ。

ただ、こんな勝ち方をしているんじゃ、アジアで勝てないわけだ。

勝負としては面白いが、Jリーグの脆弱ぶりが露出した。

| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

ピロピロ麺屋 秋葉原店

Zp1920084

ハニハニの真下、同じビルの一階にラーメン屋ができたので行ってみた。

この食感、何かに似てるなと思った。

あれだ。

カップうどん。

どん兵衛とか、コンビニに置いてあるカップうどん。

あれとそっくりな味。

平たい麺がどん兵衛そっくりだし、スープの味もどん兵衛そっくり。

どん兵衛をお店で出してる感じ。

それでいて値段はどん兵衛の4倍ぐらいなので考えもの。

どん兵衛は工場での大量生産だけど

丁寧にどん兵衛を手作りしたらピロピロ麺なのだろう。

カップうどんの味って、厳密に言えばうどんじゃない。

カップうどんを本格的に職人さんが作ると、このようなピロピロ麺になるのだ。

ただ、どん兵衛ならお揚げがついているが

ピロピロ麺は焼き豚とシナチクである。

その差はあるな。

カップうどんの味をお店でも。

そんなピロピロ麺でした。

| | コメント (0)

2015年12月 1日 (火)

オール三菱ライオンズ 24-21 アズワンブラックイーグルス

Zimg_5383

この試合はなんと言っても、残り2秒のクライマックスでした。

試合終了まで残り2秒。

21-21の同点で、オール三菱ライオンズの攻撃中。

同点のまま時間が終わり、タイブレークに突入かという場面。

まだエンドゾーンまでは35ヤードもあり、残り2秒でタッチダウンは難しい。

当然、ライオンズはフィールドゴールを狙う。

Zimg_5390

一試合目の富士通×オービックとは違い、

客数は千人ほどに減ってしまった。

だがその千人が固唾をのんで見守る。

フィールドゴールが決まれば三点入ってライオンズの勝利。

だが外れる可能性は充分ある。

なにしろ35ヤード。

距離がある。

Zimg_6961

だがこのキックを見事に決めたライオンズ。

ボールは35ヤードの距離をものともせず、

ゴールを潜った。

ピッチレベルで見ていたので、いまいちゴール判定はわからなかったが

オール三菱ライオンズ側の応援席が一斉に沸き

フィールドゴールが決まったことが知らされた。

Zimg_5202

一時はオール三菱ライオンズの大量リードだったのに

じわじわとアズワンブラックイーグルスが追いついた試合展開。

最後の最後でライオンズが相手を突き放し

バトル9三連覇を達成した。

バトル9を三連覇するのも微妙な話だが、年末を勝利で飾れるのは素晴らしい。

ちなみにバトル9はリーグ戦の下半分の順位チームによる優勝決定戦。

Zimg_5849

アズワンブラックイーグルスのチアリーダー。

以前、ライスボウルのウェルカムダンスで見たときは

ダウンコートを羽織ったまま踊っていて、非常に困惑。

ですが本日はユニフォーム姿で元気に応援してくれた。

後半、サンタ姿で客席に現れ、子供たちにプレゼントを配る場面も。

Zp1920080

前半、チアがピッチからプレゼントを客席に投げ入れるときがあり

サヨさんのものをゲット。

中身はアズワンブラックイーグルスの布巾でした。

あとはいよいよジャパンXボウル。

暖かい東京ドームの中は社員動員で数万人の観客となる。

富士通かパナソニックか。

| | コメント (0)

富士通フロンティアーズ  ジャパンXボウル進出

Zimg_9070

Xリーグ Finalステージ準決勝  横浜スタジアム

富士通フロンティアーズ 27-6 オービックシーガルズ

すっかり寒くなった横浜スタジアム。

観戦にはコートが手放せません。

今年のXリーグも大詰め、準決勝ということで4500人の観客が集まった。

1塁側のオービック応援席も3塁側の富士通応援席も

後方の急傾斜席がやんわりと埋まるほどの盛況ぶり。

Zimg_8953

オービックシーガルズ側の入場口では

アクアグリーンの布地が配られ

客席スタンドをアクアグリーンで染めるような企画が行われていた。

以前の試合で配られたアクアグリーンTシャツを着ている観客も多く

客席スタンドの染まり具合はオービックシーガルズのリード。

Zimg_8957

試合前の応援では、いつもマイクを握って実況しているお兄さんが

昨年は仕事のため大事な試合に駆けつけられなかったことを後悔。

今年は仕事を辞めてこの大一番に乗り込んだそうです。

また、甲高い男性ボーカルが登場し、オービックシーガルズの歌が歌われた。

おーおーおーおーオービックシーガルズというフレーズは

試合後も頭の中をくるくると駆け巡った。

Zimg_8961

試合前、富士通の応援席では

そんなオービックシーガルズ側の音圧に負けているとスタッフが緊急会議。

当初の音量よりもさらに大きいレベルで

運営から何か言われるまでサウンドをかけることに決定。

音と音のぶつかり合い。

Zimg_9057

試合は第1クォーターこそスコアレスで終わったものの

あとは富士通フロンティアーズが圧倒した。

準決勝のもう一つのカード、

大阪のキンチョウスタジアムではパナソニックインパルスが圧勝。

12/14(月)東京ドームでの決勝戦、ジャパンXボウルでこの2チームが対戦する。

ともに今季無敗、富士通は連覇を狙い、パナソニックは五年ぶりのJXB。

五年前のJXB、私もドームで観戦しましたが、パナソニック電工は惜しかった。

無敵のオービックシーガルズ時代の幕開けでもあった。

そして今や富士通の天下。

どちらがJXBで勝つか、わからない。

Zimg_8462

富士通チアチーム、フロンティアレッツ。

川崎フロンターレの試合でもお見掛けしたり。

チームマスコットは狼のフロンティー。

富士通の試合は今年初めてでしたが、フロンティーはちょっと変わったかも。

試合中、フロンティーは立っているチア一人一人を励ますように接していく。

その際、フロンティーがチアのお尻を触りすぎじゃないかと気になったり。

昨年優勝したことで、フロンティーも積極的になったのかも。

| | コメント (0)

2015年11月29日 (日)

くれぷすきゅーる  CREPUSCULE  秋葉原にオープン

Zp1920075

コスプレイヤーのメイドさんが多いメイド喫茶。

オープン初日ということで

横浜スタジアムでXリーグ準決勝を見たあと、夜に行ってきた。

最初カウンターに座ったが、カウンター内に足を入れるスペースがなく即壁なので

カウンターから離れて座らなければならなかった。

加えて高いカウンター椅子のバランスをとらねばならず、四苦八苦。

音を上げてテーブルに移動させてもらった。

料金は一時間700円のチャージと、一時間につきワンドリンクオーダー。

これだけで1500円ぐらい行く計算。

店内に時計は見当たらず、自動延長なのでそこは自分で確認する必要あり。

加えて料理とかチェキとか色々。

すべてのソフトドリンクがフロートにできるということで

コーラフロートにしてみた。

Zp1920081

つかささんと幾らかお喋りできた。

開店時間からしばらくは相当混んでいたそうだが

今ぐらいの時間になって落ち着いてきたそうな。

メイドさんは多かったが、まだシステムが構築されておらず、

空転したまま、ことが運んでいかない感じ。

こうした初々しさはオープン日ならではか。

できたばかりのメイド喫茶に行って思うのは

長く続いているメイド喫茶は、接客理念や経営がしっかりしていて

たいしたものだということ。

 

まだ出航したばかりのこの店がどうなるのかはわからない。

机と椅子は長居しやすいように、バネやクッションを極力抑え

しっかりしたものが多くなってきたコンカフェ業界だが

この店のカウンターはちと厳しく、ハードルが高いかも。

 

店内のメイドさんは、どこかで撮らせてもらった記憶のあるレイヤーさん達だったが

つかささん以外とは接点ないままだったな。

メイドのレイヤーさんと元々仲のいいカメコさん達が通えば繁盛するのでは。

大柄な男性客がトイレでメイド服に着替えてチェキを撮っていたり

アキバらしい光景も見られた。

トイレのドアが折り畳み式で、スペースのない雑居ビルの四階だ。

 

接点はなかったですが、どのメイドさんも丁寧な対応をされていて

品はあると思いました。

私がよく通うハニハニも、千葉店が赤字で潰れたし

コンカフェの経営は大変なものです。

たぶん、くれぷすきゅーるはこのまま終わることはないだろうし

幾つもの変化が自然に発生したり、作為的に発生したりするのだろう。

 

なかなか潰れそうで潰れないのは

秋葉原という土地柄、観光客を取り込めるという利点があるからだ。

だが千代田区のテナント代は高い。

今日生まれたこのメイド喫茶がどうなっていくのか

盆栽を育てるように観察するのもいいのか。

 

と思いつつ、店を出たあとは不良消化だったのでハニハニへ直行。

リラックスできて楽しい店だ。

安定する。

ハニハニがなかったら今の自分は詰んでるなと思いつつ

それでも先がある人生かもしれない。

あきちさんはコックに転身し、もうメイド服は着ないのかと思ってたら

土日は普通にメイドをやっていたのだな。

土日に行く習慣がないから知らなかった。

 

五店舗立てて二店舗潰れ、三店経営のハニーハニーはもうすぐ10周年。

横浜の意地悪小悪魔めめ店長、世慣れした大宮のハム店長、

立て直しに懸命な秋葉原のえりか店長、そしてレジェンドたる楓さん。

この四人なしにはハニハニはありえないし、

ハニハニらしさは常連客が形作る。

ハニハニへの改善希望点は多いが、他所の店へ行くと

ハニハニはこのままでいいかと納得してしまう。

まあ破綻は突然やってくるし、それは身の程だし、それでも道はまだ続く。

| | コメント (0)

« 2015年11月22日 - 2015年11月28日 | トップページ | 2015年12月6日 - 2015年12月12日 »