« C89  伊織もえ  青かすみ  DEAD OR ALIVE | トップページ | くれぷすきゅーる  あけ巫女おめ »

2016年1月 9日 (土)

2016シーズン新体制発表  清水エスパルス

Zimg_5052a

新体制発表の記者会見がグランディエールブケトーカイにて行われた。

静岡駅北口より徒歩2分の結婚式場だ。

J2との結婚式を清水エスパルスが挙げたのだ。

ようやく本格的にJ2生活が始まった。

Zimg_5054a

左伴社長は輝かしい計画を掲げたが

いかんせん実行は難しいものだ。

いくら大榎体制が左伴社長の意向ではなかったとはいえ

J2に落とした社長である。

営業能力に関して革命的な手腕を発揮したことは誰も疑わない。

だがピッチの上で勝ち点3をもぎ取るという目的には距離がある。

Zimg_5050a

J1昇格するためにはJ2の22チーム中、2位以内に入らなくてはならない。

プレーオフは博打であり、敗退率が高い。

J2の頂点に立つ。

この目標というか目的、必ず達成しなくてはならないもの。

たとえフロントが金策で上手くいこうが、サポーターが熱烈な応援をしようが

ピッチの上で相手より多いゴールを決め

勝ち点3をとらないことには何も始まらない。

Zimg_5079a

背番号1をつけるのは西部洋平。

かつて長谷川健太時代、スタメンGKだったときは背番号は大きなものだった。

背番号1に西部の覚悟がある。

どれだけ好セーブを連発しようが

下部組織出身の海人にスタメンを譲れというサポーターの脅迫は強かった。

最後にはフロントが好成績の西部を放出し

海人を無理にスタメンに据えようとしたが事態はさらに悪くなった。

それでもまた清水に戻ってきた、そして背番号1の覚悟。

Zimg_5072a

J2降格決定から2016シーズン新体制発表に到るまで

フロントによる選手達の残留、そして金策については上手くいった。

だがシーズンが始まり、選手達に過酷なJ2を戦う闘志が生まれるかといえば難しい。

左伴社長も湘南時代は、かつかつの営業で金策に走るスタッフの姿を

選手たちに見せることで士気を高めることができた。

だが三保のクラブハウスは相変わらずぬるいし

選手達は切迫感のないままシーズンに突入し

なんとなく試合当日が来て、なんとなく勝ち点3がとれず

なんとなくトレーニングする日々を送るのだろう。

Zimg_5093a

他の強豪J1クラブがJ2降格したときと違い

清水はぎりぎり落ちたわけではない。

かなり早い時期に残留圏とは大きく差が開いて降格した。

この事実は重い。

Zimg_5026a_2

サポーターは選手達をひどく扱き下ろしたり

逆に英雄視する。

だが実際には人生経験がなくサッカーばかりしてきた若者達であり

スポーツマンという肩書ですべてが許されているが

非常識極まりない勘違いな集団である。

Zimg_5033a

このプライドが高く勘違いで未熟な集団を

いかにして戦闘態勢にもっていけるか。

左伴社長には能力が及ばないそのエリア。

小林監督がどれだけ嫌われ者の有能者になり、勝ち点3をもぎ取れるか。

選手たちから慕われる無能監督はこりごりだ。

|

« C89  伊織もえ  青かすみ  DEAD OR ALIVE | トップページ | くれぷすきゅーる  あけ巫女おめ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C89  伊織もえ  青かすみ  DEAD OR ALIVE | トップページ | くれぷすきゅーる  あけ巫女おめ »