« Club Triax 47-0 CLUB STEELERS  大井第二球技場 | トップページ | ノジマ相模原ライズ 44-7 明治安田PentaOceanパイレーツ »

2016年4月27日 (水)

富士通フロンティアーズ 90-0 BULLS  富士通スタジアム

Zimg_8975a

試合は開始してから終了するまで

つねに富士通のタッチダウンが決まり続けた。

フィールドゴールも余りなく、タッチダウンの猛攻。

BULLS側はアメフトのゲーム的に

相手選手を抑えられる位置と人数があっても

富士通側はフィジカル的にそれを振り切ってしまう。

こうなってくると勝負にならない。

Zimg_8991a

BULLSのディフェンスが上手く攻撃の導線を潰せたなと思っても

富士通のオフェンスはつかまれようが逆に相手をひっくり返し

どこまでも突き進む。

アメフトは攻撃の導線確保と守備の導線潰しの作戦ゲームだと思うが

それを払いのけた肉弾戦で富士通が圧倒した。

Zimg_8994a

今年初の富士通スタジアム川崎でした。

ここに通うのも7年目。

反省することも多ければ、不安なことは尽きないまま。

日々精進するのみであります。

Zimg_9000a

去年はアメフトのワールドカップがあった都合、

春のパールボウルが開催されなかった。

今年は二年ぶりの復活。

パールボウルは秋のリーグ戦とは違い

ファイナルの東京ドームまでの試合数が少ない。

それに加えて警視庁が不参加を表明。

Zimg_9002a

金がなくて困っているクラブばかりなXリーグにおいて

親方日の丸で安定していた警視庁ですが

意外な形で不参加。

秋のリーグ戦でもこうした形で突如いなくなったりすると

アマチュアの大会ではなく、プロ興業なので困ります。

警視庁ゆえにそれなりの理由あってと思いますが、不安要素かな。

Zimg_7198a

フロンティアレッツから桃子さんが引退されてしまいました。

うーん、ショックです。

桃子さんのいないフロンティアレッツは

ワイルド・スギちゃんじゃないけど、炭酸の抜けたコーラみたいで、およよ。

2010年に川崎球場で初めて桃子さんを見たとき

こんな元気いっぱいで素敵なチアリーダーがいるのだと感銘を受けました。

桃子さんの抜けた穴は大きすぎますが

太陽が昇ってくる方角を一斉に見つめるその姿からは

新たな時代の到来を感じます。

Zimg_7783a

BULLSチアのみなさん。

ハーフタイムに富士通チアの演技が終わったあと

ぐるっとスタジアムを反対側まで移動して、BULLチアの演技に間に合いました。

キン肉マンのテーマソングが印象的なBULLSチア。

試合終了後は熊本地震の募金活動も行われていました。

|

« Club Triax 47-0 CLUB STEELERS  大井第二球技場 | トップページ | ノジマ相模原ライズ 44-7 明治安田PentaOceanパイレーツ »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Club Triax 47-0 CLUB STEELERS  大井第二球技場 | トップページ | ノジマ相模原ライズ 44-7 明治安田PentaOceanパイレーツ »