« 富士ゼロックスミネルヴァAFC 52-0 ハリケーンズ  大井第二 | トップページ | 東京ヴェルディ 2-1 清水エスパルス  味の素スタジアム »

2016年5月22日 (日)

Club Triax 14-0 伊藤忠クラブWINGS  大井第二球技場

Zimg_4794a

三試合目はX3リーグのスプリングゲーム。

花粉の時期はすでに去りましたが

花粉症の間に使っていた薬の副作用で

なかなか鼻が通らなかった。

それがここ最近ようやく通るようになった。

鼻の構造は不可解なほど複雑で、なぜにこんな迷宮が発達したのだろう。

Zimg_4795

啜らずに鼻をかむのが最も大事なことだ。

鼻の迷宮に鼻水を送りこまない。

ひたすらかんで回復を待とう。

トライアックスもウィングスも選手数は多かったが

ヘルメットを脱ぐと高齢の方が多かった。

X3は下部リーグというより

かつてX1でプレーしていた人達のシニアリーグという趣が強い。

Zimg_4800a

大井第二の人工芝は剥がれやすいのか

選手もスタッフもチアも芝塗れになります。

ピッチに立つ人は膝より下が人工芝塗れ。

客席にも人工芝が飛んできている。

試合後は人工芝を落とすのにみな苦労している。

Zimg_4815a

比べてアミノバイタルフィールドは黒いゴムチップだらけですね。

ピッチに立つ人は膝より下がゴムチップ塗れになっていき

客席にもゴムチップが吹き溜まっている。

上辺の人工芝ではなく、土代わりのゴムチップが飛散するのだ。

富士通スタジアムは人工芝もゴムチップも飛ばずに性能は良さそう。

東京ドームは何も飛ばないけど、埃が多いのか

選手もチアも下半身が真っ黒になります。

Zimg_4842a

トライアックスの勝利でこの日は終了。

トライアックスのベンチから「ランニングバックを使え」という指示が大声であったあと

ランニングバックではなくクォーターバックがそのまま攻め上がり

攻撃が上手くいったときがあった。

ウィングスはまんまと引っかかった。

閑散としたスタジアムだからこそ、大声でハッタリを。

|

« 富士ゼロックスミネルヴァAFC 52-0 ハリケーンズ  大井第二 | トップページ | 東京ヴェルディ 2-1 清水エスパルス  味の素スタジアム »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士ゼロックスミネルヴァAFC 52-0 ハリケーンズ  大井第二 | トップページ | 東京ヴェルディ 2-1 清水エスパルス  味の素スタジアム »