« 横浜ハーバース 0-14 ラングラーズ  大井第二球技場 | トップページ | CLUB STEELERS 0-12 三井物産シーガルズ  大井第二球技場 »

2016年5月16日 (月)

Sony Solidstate 7-0 ZERO FIGHTERS  大井第二球技場

Zimg_9262a

二試合目はソニーとゼロファイターズの試合。

ゼロファイターズはX2でも爆勝していくのかと思っていたが

そうでもないようだ。

だがこのぐらいの強さでもX1昇格は夢ではない。

毎年X2リーグは上位チームから昇格辞退が続き

リーグ中位ぐらいでもX1昇格の資格が回ってくる。

X1でやれる経済的体力を持たないチームが多いので

ゼロファイターズがX1を望むなら入れる可能性は高そうだ。

Zimg_9275a

X1とX2の試合を比較して顕著なのは当たりの強さだ。

X2だと怪我を恐れて強烈なぶつかり合いが避けられる。

だがX1だと屈強な大男達が全速力で正面衝突し続ける。

この差は普段の仕事にも影響するだろうし

X1昇格を見送る原因にもなっている。

中途半端な気持ちではX1を目指せない。

X1は自分が弾丸となり、爆発を恐れぬ姿勢で試合を戦わねばならない。

Zimg_9284a

この日の大井公園内は他のイベントが余りないせいか空いてました。

陸上関係の大会があると

公園内の芝生や通路までアスリート達が山ほど溢れ

寝転がってストレッチをしていたり忙しない。

幾つかの球技場や野球場をプレーヤー達が使用するだけな具合だった。

Zimg_9287a

ですが隣の大田球場は都市対抗野球が行われていて

応援がこちらにも漏れ聞こえ、盛況でした。

日本といえば野球。

だがたまにはアメリカンフットボールで盛り上がろう。

Zimg_5477a

ソニーのチアリーダーであるラナキラが10周年を迎えました。

OG達も参加してのハーフタイムショー。

試合にも勝利して最高の10周年となりました。

Zimg_5677a

ゼロファイターズのチアリーダー、ゼロウィングス。

よさこいの踊りや掛け声が印象的。

お祭り気分で盛り上がろう。

Zimg_9288a

一回のタッチダウンがソニーを勝利に導いた。

だが試合全体を通して、ソニーの優位だった。

ゼロファイターズの厳しさも見えるが

秋のリーグ戦ではまた違った顔も見せてくれるかもしれない。

|

« 横浜ハーバース 0-14 ラングラーズ  大井第二球技場 | トップページ | CLUB STEELERS 0-12 三井物産シーガルズ  大井第二球技場 »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜ハーバース 0-14 ラングラーズ  大井第二球技場 | トップページ | CLUB STEELERS 0-12 三井物産シーガルズ  大井第二球技場 »