« ZELVIAからの洗礼  井上裕大の戦意  大前元紀の重傷 | トップページ | 町田ゼルビアのカルフィン・ヨン・ア・ピン  スタメン発表 »

2016年6月10日 (金)

町田市陸にエスパルス選手登場  町田の森にオレンジの光

Zp1070288

いよいよ待ちに待った選手達がアップにやってきた。

サポーターも熱い応援を始める。

希望に満ちていた試合前。

試合後の深刻な事態は誰も予想していなかった。

敗北よりも重い現実。

Zp1070289

こうしている今も大前は激痛と戦い続けている。

肋骨四本骨折と肺挫傷は重い以上に痛い。

つねに痛みが続く。

人間が肺呼吸し続ける以上、肋骨骨折は痛みを避けられない。

地獄の最中にある。

Zp1070298

大前という中心のパーツが外れたことで

テセ、白崎、北川といった攻撃陣が

決定力を発揮しなくてはならない。

町田戦ではテセのゴール前でのずっこけシミュレーションにがっかりした。

審判にブーイングするサポーターがいないぐらい

誰が見てもわかるずっこけシミュレーションだった。

Zp1070301

テセは自分が生きてきた道に基づいてそれをやった。

だがそれでは何も得られない。

北川のゴールシーンと同じぐらい、テセのずっこけは記憶に残っている。

あんなずっこけをやっているようでは

大前の穴は埋まらない。

Zp1070304

それがテセという選手であるのと同じように

町田の井上もまた、井上らしくしかプレーできない。

身の程は誰もが越えられないものだ。

意志を強く持とうが変わらない。

滲み出てくるもの。

Zp1070310

大前が去ったあとは六平が機能した。

ぎりぎりで耐え続ける。

必ずセーブできそうな簡単なシュートを撃たれ続けるのは問題ない。

シュートを撃たれたら悪だという発想はない。

簡単なシュートは撃たせればいい。

GKは必ずとめる。

Zp1070328

この苦境を機に、若い選手たちに

自分がこのチームを率いる選手になる、

J1昇格し、代表にも選ばれる選手になるという

自覚が芽生えてほしいものだ。

三保の生ぬるさはそれを邪魔するかもしれないが

自立して強くあってほしい。

Zp1070331

町田ゼルビアが見せた戦意。

勝つための手口。

その凶暴さがJ2だ。

それに屈してはならない。

清水は勝った。これからも勝つ。

|

« ZELVIAからの洗礼  井上裕大の戦意  大前元紀の重傷 | トップページ | 町田ゼルビアのカルフィン・ヨン・ア・ピン  スタメン発表 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ZELVIAからの洗礼  井上裕大の戦意  大前元紀の重傷 | トップページ | 町田ゼルビアのカルフィン・ヨン・ア・ピン  スタメン発表 »