« ラングラーズ 10-66 Sony Solidstate  大井第二球技場 | トップページ | キリンカップ決勝戦 日本 1-2 ボスニアヘルツェゴビナ  吹田 »

2016年6月 5日 (日)

ブルザイズ東京 39-0 横浜ハーバース  大井第二球技場

Zimg_0957

夕方から始まった第三試合。

ブルザイズはX1なのですが、警視庁が春の試合を辞退したため

パールボウル敗退後の交流戦が組めず

X2のハーバースと対戦することに。

パールボウルでは大敗続きでしたが

X2相手には圧勝。

Zimg_0962a

ブルザイズはチアがいなかったですが

客席前方で、男性が子供と一緒に応援をリーディングしていた。

こうした光景は大学リーグだとよく見ますね。

私立大学だとチアが充実しているので、大勢のチアが客席やピッチを埋めますが

国立大学だとチアが余りおらず、アメフトの試合にまず来ない。

するとOBの男性が客席で応援をリーディングしていたりする。

Zimg_0968a

ブルザイズもここ7年ぐらい見てきましたが

専属チアはこれまでいなかった。

その時々でチアチームが応援に来ていた。

スタンツやダンスを極めた他のXリーグチアと違い

非常にゆるいチアパフォーマンスを展開して賑わっていた。

Zimg_0984

そんなブルザイズですが、いよいよ専属チアをしっかり作るという話も

試合終了後ありました。

それと同時にブラスバンドもつけるという話もあり

私立大学の応援に近いものが生まれそう。

Zimg_1018

大井の三試合目はX3の試合があり

ガラガラの客席というのが定番だったので

三試合目も結構客がいたのは新鮮だった。

試合終了後は選手達の挨拶は短かったが

応援をリーディングしていた男性の挨拶は長かった。

秋の話も色々出た。

Zimg_1033

行きも帰りもモノレールでした。

何度乗っても、モノレールが落下しそうな気がして

ジェットコースター感がいいです。

大井競馬場前駅から歩くのですが

一度も競馬客らしい人をモノレールでも駅前でも見たことがない。

大井競馬場は平日の夜しか開催しないのですね。

そうだったのか。

土日は府中などで競馬が開催されるようだ。

|

« ラングラーズ 10-66 Sony Solidstate  大井第二球技場 | トップページ | キリンカップ決勝戦 日本 1-2 ボスニアヘルツェゴビナ  吹田 »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラングラーズ 10-66 Sony Solidstate  大井第二球技場 | トップページ | キリンカップ決勝戦 日本 1-2 ボスニアヘルツェゴビナ  吹田 »