« 町田市立陸上競技場へ歩み寄る  町田ゼルビアを体感 | トップページ | 町田ゼルビアの選手バス 清水エスパルスの選手バス »

2016年6月10日 (金)

町田ゼルビア屋台村  森の木々に囲まれてケータリングカー

Zp1070202

屋台村が外にある都合、再入場自由なのだろう。

ケータリングカーが並んでいる。

フライドポテトを食べているサポーターが多かった。

戦闘サッカー町田。

相手を再起不能にさせるフットボール。

それが相馬イズム。

Zp1070192

ステージでは劇団マチダックスの俳優が出演していた。

町田の劇団、マチダックス。

このフレーズを聞いただけで、とても期待できることがわかる。

サッカーはボールを蹴るだけじゃない。

相手を殴り蹴り潰せ。

ゴールよりも相手の骨と肉と内臓を引きちぎれ。

そうした町田サッカーを互いに再確認しているように思えた。

Zp1070189

だがこれは、私の個人的な見解になってしまうが

やはりサッカーは相手の骨や肉や内臓を叩き壊すのを目的とするのではなく

ゴールを決めることを目的とすべきだと思う。

そんな甘ったれたことをと、町田の人達から笑われてしまうのはわかる。

だがゴールを決めるのが清水のサッカーなんだ、それを信じている。

Zp1070199abc

尖った鳥。ニヒルなマスコット、ゼルビー。

ゼルビーが持っているのは公式グッズのキャリーケースだ。

4万円弱。

このセールスに忙しいゼルビーだった。

|

« 町田市立陸上競技場へ歩み寄る  町田ゼルビアを体感 | トップページ | 町田ゼルビアの選手バス 清水エスパルスの選手バス »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 町田市立陸上競技場へ歩み寄る  町田ゼルビアを体感 | トップページ | 町田ゼルビアの選手バス 清水エスパルスの選手バス »