« J2の街、清水 J2のスタジアム、日本平 自惚れが消えた静岡市 | トップページ | 三保松原2016 »

2016年7月12日 (火)

壮大なる勝ちロコとオレンジの栄華  清水エスパルスは戦う

Zp1070698

勝ちロコは開催されて良かった。

バックスタンドから眺めていたが、この迫力が選手達にも力を与える。

なんでも自粛は勇み足だな。

勝利の歓喜を味わうゴール裏に栄光を。

試合終了の笛と同時に、ピッチのライン外にはサポーター達が下りていった。

シーズンシート限定だが、毎試合抽選で200名が下りられる。

試合後にだらだら長くいられるのはIAI日本平の良さだ。

スタジアムを締め切って管理するか、できるだけ多くの人に開放するかで

公共物の価値は大きく変わってくる。

Zp1070690

現在6位だが、簡単に昇格を口にできないのには理由がある。

J2リーグも半分を終えたが、1位から5位までのチームに清水は一つも勝てていないのだ。

札幌、セレッソ大阪、京都には負け、松本と岡山とはドロー。

もし1~5位のチームのどこかに勝てていたら

自動昇格圏を目指して一気に駆け上がろうと思えるが

上位5チームに対して未勝利で前半を終えたので、どうしても重さが残る。

間近にあった岡山戦の内容を見ても、非常に互角だ。

Zp1070721

人間には能力差があり、誰もが簡単にできることも特定の人にとっては困難だ。

誰かにとって最高のシステムも、他の人にとっては地獄と化す。

困難な人ほど多大なる負担を強いられ、まるで結果が出ないが

周りはそんな人を不真面目だと解釈し、叱咤激励を加えて潰すだろう。

支配者はそんな困難な者が努力する様が好きだと評価をする反面、

困難な者が崩れていき終わる様を無視する。

大切なのは逃げることだが、多くの状況において人は逃げられない。

そこで首を吊るか、裏切り者として逃げ出して生き続けるかは分かれ道だ。

支配者からも家族からも罵られ、叩きのめされ、それでも生きる力。

そんな戦意を清水エスパルスに求めたい。

Zp1070722

生まれてくる人間の三分の一はなんらかの障碍を抱えていると言われている。

逆にいえば三分の二は性能がいい人間である。

性能がいい人間が人生を謳歌するのは素晴らしい。

性能の悪い人間で救いもなく、自殺すればいいものの生き続けるのを選ぶなら

どうか社会に害を与える存在となっても受け入れてほしい。

この社会のシステムに散々傷めつけられて生きてきた。

もはや命が尽きるまで惨めに過ごすだけだ。

よくトラブルを起こしては他者を傷つける。

そんな人間でも楽しみにできる清水エスパルスだ。

Zp1070723

負の連鎖は続く。

人権を奪われ虐待を受け続けた人間は、他者を虐待するようになる。

自殺という手段はそうした負の連鎖をとめる意味では価値がある。

終わりなきドミノ倒しをそこで打ち止めにする。

社会に害悪が蔓延するのを防ぐ。

だが欲深き人間は、夥しい虐待を受け続けてもまだ生きることを願い

他者を頻繁に傷つけながらも飯を食らう。

そんな人間でも応援できる清水エスパルス。

清水エスパルスのJ1昇格を願う。

Zp1070727

帰りのシャトルバスは緊張から解放され、穏やかさに満ちている。

勝利のあとは生きる力に満たされ続ける。

それは清水駅に着いて電車に乗る頃には消えていて

この世の雑事と面倒ごとに囲まれている自分に気づく。

勝負は実力が高い方が勝つのではない。

戦った方が勝つ。

次は土曜日にアウェイ愛媛での戦いだ。

動物園が併設された激ゆる傾斜陸上は訪れる者の度肝を抜くだろう。

メインスタンドですら桁外れにゆるい。

愛媛を倒すのは屈強な清水の戦士達だ。土曜日は愛媛に勝つ。

|

« J2の街、清水 J2のスタジアム、日本平 自惚れが消えた静岡市 | トップページ | 三保松原2016 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J2の街、清水 J2のスタジアム、日本平 自惚れが消えた静岡市 | トップページ | 三保松原2016 »