« 清水エスパルス 0-1 東京ヴェルディ  IAI日本平 | トップページ | フクアリから帰宅  清水エスパルスの劇的勝利を振り返る »

2016年7月21日 (木)

清華  ミス湘南 水着大撮影会 横浜プールセンター

Zimg_2505aa

楽しく気持ち良さそうに撮影に臨まれていた清華さん。

プールではしゃぐ姿は化粧品会社のCMのような美しさでした。

じっと静かなモデルさんもいいですが

明るく雰囲気を盛り上げてくるモデルさんは

撮っている側も気持ちが晴れてきて嬉しいです。

Zimg_2537aa

清水エスパルスが打ち出した超ドSシリーズ。

夏場は黒色の3rdユニフォームを着用し

超ドSに闘い抜くというもの。

だが初戦のヴェルティ戦から敗北で終わった。

こうしたとき、いかに踏ん張れるかで真価が問われる。

スムーズにいかないとき、凌いで踏ん張って頭を使い、戦う。

鹿島アントラーズに根付くようなマリーシアを他クラブが獲得するのは難しい。

最高の選手を獲得し続ける浦和レッズですら優勝できない。

J2の清水エスパルスがいかにマリーシアを考えられるか。

Zimg_2541aa

ヴェルディの試合の締め方は見事だった。

90分過ぎて高木善がピッチに倒れこむ。GKは一向にボールを蹴らない。

この主審ならいけるという判断もあったはず。

実力は弱くても、サッカーというゲームをよく知る者達の戦いぶりだ。

清水エスパルスはホームなのにバテバテだった。

無駄走りの結果だろう。

Zimg_2581aa

昨年J2降格した一番の要因は本職サイドバックの不在だ。

中盤のプレイヤーがサイドバックを担うものの

本職ならではのタフさや屈強さに欠けた。

夏の移籍期間となり、ボムヨンや二見といった本職のサイドバックを

J1チームより獲得できた。

こうしてJ1プレイヤーを獲得できるのは清水がJ2クラブだからで

広島や仙台の敵にならないおかげだ。

Zimg_2618aa

愛媛戦はともかく、ヴェルディ戦のボムヨンは徐々に後半形になってきた。

前半はタイミングが合わず、まるでボムヨンにボールが届かなかったが

後半は幾つか良い形が見えた。

またタフさにおいて従来のサイドバックとまるで違い、桁外れの強さがある。

パワーと持久力こそサイドバック。

器用にボールを捌き試合を読む中盤選手がサイドバックをやると、こうはいかない。

同じような本職ならではの強さを二見にも期待したい。

Zimg_2621aa

ボムヨンと二見を面倒抜きでスタートからジェフ戦では見たい。

いくらトレーニングを積んでも意味はない。

本番の試合でしか連携も磨かれない。

フクアリでサイドバックの新顔に力を発揮してほしい。

前半はすべて空回るぐらいで構わない。

一巡目で勝てなかった相手に、また勝てないという事態。

これを防ぐには本職サイドバックの強さが必要だ。

クレバーで曲芸師な中盤がへろへろ走っていいサイドではない。

サイドとはブルドーザーが芝を捲り上げて突進するものなのだ。

Zimg_2784aa

破壊力あるサイドバックが走り続け、ぶつかり続け、爆発し続け

攻め上がり守り下がり、清水の外壁となる。

その上で繊細な中盤が試合をコントロールすればいいし

FWはゴール目掛けて突進する。

ヴェルディ戦ではボムヨンからテセへの攻撃の流れが良かったが

あれをもっと繰り返し生み出してほしい。

後半の途中からようやくそれが見えだしたのは遅かった。

ジェフ戦では始めから。

Zimg_2795aa

本来の中盤の選手をサイドバック起用すると

ぱっと見の流れは良くなるが、失点に繋がるミスも生まれ、ゴールを生まない流れになる。

強く、強く、ひたすら強く、サイドを駆け抜け、衝突し続ける。

そんなサイドバックが清水エスパルスに生まれることを願う。

必ずだ。

ジェフ戦、フクアリでのパワフルな試合を期待する。

|

« 清水エスパルス 0-1 東京ヴェルディ  IAI日本平 | トップページ | フクアリから帰宅  清水エスパルスの劇的勝利を振り返る »

撮影会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清水エスパルス 0-1 東京ヴェルディ  IAI日本平 | トップページ | フクアリから帰宅  清水エスパルスの劇的勝利を振り返る »