« 三保グラウンドで清水エスパルスの練習を見学2016 | トップページ | 小雨が降ったりやんだりの三保  J2ロード2016三保編 »

2016年7月14日 (木)

猫パンチセービング  猫じゃらしGK特訓法  コンコルド2016

Zp1070772

9時半スタートとHPには書かれていたが

選手達がピッチに現れたのは10時半ぐらいだった。

クラブハウス内で何かやってたのでしょう。

小林監督のもとでは当たり前か?

最初に始まったのはGK練習。

カラフルなコーンを並べ、コーチが二本の棒を脇に抱える。

これは猫じゃらしGK特訓法というトレーニングであり

GKが猫パンチをしてセービングの腕を磨く。

Zp1070773

見ての通り猫の動きを参考にした練習方法だ。

猫は普段じっとしているが

いざというとき恐ろしく俊敏な動きで敵を殺傷する。

これはGKとまったく同じだ。

試合中、大方ゴール前でじっとしているだけだが

シュートボールに対し、俊敏に動き、セーブする。

犬のように走り回って吠え続けてはいけない。

猫のように静と動の切り替えが大事だ。

Zp1070775

そしてコーチが突き出す二本の棒。

これは猫じゃらしだ。

どれほど硬派に見えた猫ですら、猫じゃらしを振り続けると

我慢ならんといった具合に飛び掛ってくる。

GK練習ではこれを応用し

コーチが突き出す二本の棒へ俊敏に対応する。

相手の選手が攻めてきてもぎりぎりまで動き出さずコースを消し

そしてここだと判断して一気に飛び出す、そんなGKの役割に沿った猫訓練だ。

Zp1070779

見た目には面白い猫訓練だが

これは相当心肺に堪えるだろう。

短距離ダッシュを繰り返す以上に心肺への負担が大きく

これを卒なくこなす彼らはプロアスリートだ。

西部選手の姿は見えず、年齢的なこともあり、今後の起用は見えてこない。

杉山選手の力強いセービングに期待したい。

|

« 三保グラウンドで清水エスパルスの練習を見学2016 | トップページ | 小雨が降ったりやんだりの三保  J2ロード2016三保編 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三保グラウンドで清水エスパルスの練習を見学2016 | トップページ | 小雨が降ったりやんだりの三保  J2ロード2016三保編 »