« ヤクルトスタジアムとなったフクアリ | トップページ | 勝ちロコで沸くフクアリ  オレンジの太陽が房総半島を照らす »

2016年7月26日 (火)

ジェフユナイテッド市原・千葉 3-4 清水エスパルス  フクアリ

Zimg_4093

得点 テセ 川口 船山 船山 長澤 OWN テセ

千葉0-2清水とリードしていたが

千葉3-2清水と逆転され

千葉3-4清水と逆転して終わった。

90分から清水の2ゴールが圧巻である。一つ目はオウンゴールだったが。

この試合の敗北をもって、ジェフの関塚監督は解任された。

Zimg_4098

この負け方だったから解任だったのか。

それとも普通に負けても解任だったのか。

ジェフがあのまま勝っていても解任だったのか。

清水の場合は解任が決まっていて、勝ち試合のあと解任のケースが多い。

ただ、ジェフとエスパルスは同じオリジナル10でして

ジェフ側もフロントからスポンサーまで

多くが注目していただろう。

みな逆転劇に喜び、そして逆転される姿に絶望したか。

Zimg_4078

3-3となったオウンゴールのシーンでは

それまで沸いていたフクアリが静まりかえってしまった。

そして清水の応援だけが倍増。

応援エリアではないので、女の子たちのヤジや叫びがやかましかった。

それがばたっとやむオウンゴール。

オウンゴールだけになんとも。

Zimg_4079

そして逆転されたとき、特別な反応はなかった。

そんなものかと思って試合終了後、周りを見回すと

怒りに震えている人たちが点々といて、つい仰け反った。

周りが立ち上がって帰るなか

座ったまま顔を歪める人が点々と結構な割合でいる。

Zimg_4139

それとはお構いなしに始まる勝ちロコ。

メインスタンドやバックスタンドで観戦していたエスパルスサポーターも

勝ちロコに興じた。

普段の日本平ですら、メインやバックは勝ちロコをやらないのにね。

もうやるしかないだろという興奮。

それを傍観するジェフサポ。

Zimg_4140

エスパルスサポーターが非常に多かったですね。

アウェイゴール裏もオーロラビジョンのあるちょうど中間に緩衝地帯が作られ

半分は満員になっていた。

ロコロコロコロコ♪

カンピオーネ!

Zimg_4142

ジェフの立場で考えて、ホームで不甲斐ない二失点。

そのあと意地で獲った三点。

そして90分が終わりとなるのに、オウンゴール。

おまけにアディショナルタイムで逆転されて試合終了。

オウンゴールっていうのは浪花節ならぬジェフ節であって

清水エスパルスの情けなさや弱さとも違った

ジェフらしさが滲み出ていた。

Zimg_4144

ジェフ戦でオウンゴールというと

昔の日本平で下村東美が決めたオウンゴールを強く記憶している。

あの頃のゴール裏、高所から見下ろす手前のゴールに下村が突き刺した。

今回はそれに次ぐ、大胆なオウンゴールだった。

胸トラップで入れるシュートは、ゴールネットへの優しいパスだ。

|

« ヤクルトスタジアムとなったフクアリ | トップページ | 勝ちロコで沸くフクアリ  オレンジの太陽が房総半島を照らす »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルトスタジアムとなったフクアリ | トップページ | 勝ちロコで沸くフクアリ  オレンジの太陽が房総半島を照らす »