« 6位 J2リーグ半分終了  清水エスパルス 9勝7分5敗 | トップページ | 常住真菜  ミス湘南 水着大撮影会 横浜プールセンター »

2016年7月 5日 (火)

ミス湘南 水着大撮影会 横浜プールセンター

Zimg_2984aaaa

清華さん。

7月3日の日曜日は、ミス湘南の撮影会に行ってきました。

京浜東北・根岸線でゆっくり南下して一時間弱、根岸駅で下車。

根岸駅から少し歩いたところにある横浜プールセンター。

マンモスプールと呼ばれているそうで。

水深は浅く、流れるプールが主体のレジャー施設です。

横浜市民が期待するプール開きは9日の土曜日ですが

一足先にミス湘南の撮影会で利用。

Zimg_1401az

佐倉りなさん。

根岸駅前は山が迫っていて、マンションや民家が立ち並ぶ。

住宅地を抜けた先にマンモスプールが現れた。

撮影会前の午前9時台は、黄色のTシャツを着たライフガード達が

訓練のようなことをやっていた。

秋から春までに積もった汚れを掃除し、空っぽだったプールを新たな水で満たし、

一年の中でもっとも綺麗な状態での使用。

横浜市民は9日のプール開きを待っているだけに

一番綺麗なプールをお先にすいませんといったところ。

Zimg_6604aaaazz

伊藤千草さん。

丸一日の料金が会員の方は2000円だそうですが

私は一般参加なので3500円を支払って入場。

プール内はまだ営業されておらず、売店等は無人。

プールの外へ出て飲食物の購入をする必要があり

再入場するため、小さな青いリボンを一般参加者全員がシャツにつけた。

運営は還暦を越えた方が多く、参加者も中年から中高年、さらに上の男性ばかり。

年齢層がずいぶん高い撮影会だった。

若いカメラマンは余り見かけなかった。

Zimg_1977a

向後桃さん。

この日の首都圏は今年初の猛暑日。

本来なら梅雨の最中にある、曇り具合の撮影会になるはずだった。

プール開きだってまだなのだし。

だが蓋を開ければ夏真っ盛りの炎天下。

屋根もなく、だだっ広いプールに太陽がこれでもかと照らしてくる。

プールサイドの照り返しも強く、押し寄せる熱気に朦朧としてくる。

Zimg_4557z

常住真菜さん。

10時半に開会式。プラカードを持ったモデルさん12人が登場。

挨拶等がされたあと、10時40分から撮影会開始。

モデルさんには運営の係が一人に一人ずつ付く。

運営の係が場所決めをし、レフ板でモデルさんを照らし続ける。

円形の流れプールの各所に、12人のモデル&運営係が散り

参加者は好きなモデルさんのところで好きなだけ撮るという囲み撮影スタイル。

モデルさんによってカメラマンの混み具合が違ってくる。

Zimg_3713aaz

来栖梨紗さん。

どのモデルさんも一ヶ所にとどまることはなく

しばらく撮ったらまた別の場所でと、付き添いの係が誘導していく。

参加者は一人のモデルさんを追い続ける人もいれば

12人全員を撮ろうとあちこち回る人もあり。

モデルさんがプールに入水すると

自然と流されていってしまい、撮影場所が変わってしまうことも。

Zimg_5002az

廣瀬美咲さん。

11時40分に最初の撮影タイムが終わった。

この一時間だけで猛暑日の炎天下にやられまくり、へとへと。

自動販売機でスポーツ飲料を買って給水。

出入口の付近にあるパラソル下の日陰で休んだ。

11時50分から撮影が再開されたが、

高齢の参加者は立ち上がらずに休んだままの人もちらほら。

無理はいけません。休むが勝ち。

私はまたプールサイドへ。

Zimg_3100a

田中百合さん。

次の一時間は半分の6人のモデルさんが撮影に応じ

もう半分は昼休み休憩となった。

その次の一時間は、休んでいたモデルさん6人が登場し

それまで撮影に応じていた6人が昼休み休憩。

この合計二時間は、12人に分散していたカメラマンが6人に分散となるので

囲みの人数は増えた。

でもそんなに撮りづらさはなかったな。

Zimg_0932azz

高倉恭子さん。

モデルさんから充分距離を開けての撮影が多く

どのカメラマンも望遠のズームレンズを使用していた。

白レンズが当たり前の世界。

たまに近づいての撮影となると、顔のアップぐらいしか撮れなくなるので

弱る人が多かった。

私もほとんど望遠レンズばかり使って撮っていたが

大口径の標準ズームレンズもカメラバッグに入れていたので

何度か取り出しては付け替えてみた。

Zimg_5769a

如月はるなさん。

撮り方のマナーについては、モデルさんに付き添う係の判断次第だった。

大抵、還暦を越えたぐらいの人が付いてくるのだが

徹底的に距離を開けさせる人と、間近でもいいよという人、様々。

頑固な人もいれば朗らかな人もいて

モデルさんではなく、付き添い係の人柄で参加者の好みがわかれたかも。

Zimg_1631aaz

阿部千鶴さん。

14時20分から50分間、最後の撮影タイムとなったが

ここからはモデルさん12人全員が登場。

再び囲みの数が減り、参加者が方々に分散。

モデルさん達は休憩時間に水着を変えてくれた。

暑さの中でも耐えられたのは、海に近いため風が強かったおかげ。

JRの線路がプールのすぐ隣なので

京浜東北・根岸線や東海道線が走りすぎるたび、声が通りづらかった。

Zimg_5287azz

美涼さん。

合計4回の撮影タイム、約4時間を終えた頃には、カメラマン達はみな日焼けで真っ赤な顔。

15時10分から閉会式。

モデルさん達の挨拶のあと、過去の撮影会のフォトコンテストの表彰式。

そして最後はモデルさん達の集合撮影やグループ撮影が手短にあり、すべて終了。

帰りの京浜東北・根岸線では1リットルのポカリをあっさり飲み干した。

炎天下に長く居たため茹蛸のような火照り具合で神田まで帰った。

初の猛暑日に屋外プールで過ごす健全さ。

やっぱりカメラはスポーツだ。

|

« 6位 J2リーグ半分終了  清水エスパルス 9勝7分5敗 | トップページ | 常住真菜  ミス湘南 水着大撮影会 横浜プールセンター »

撮影会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6位 J2リーグ半分終了  清水エスパルス 9勝7分5敗 | トップページ | 常住真菜  ミス湘南 水着大撮影会 横浜プールセンター »