« 壮大なる勝ちロコとオレンジの栄華  清水エスパルスは戦う | トップページ | 三保グラウンドで清水エスパルスの練習を見学2016 »

2016年7月14日 (木)

三保松原2016

Zp1070729

久しぶりに三保へ行った。

大榎時代はどうしても好きになれず、一度も行っていなかった。

三保山の手線で東海大学水族館行きのバスに乗り、揺られていく。

ここを左折すると三保半島に入るというポイントを過ぎると

広大に思えた本州の気持ちが消え、

狭い三保半島内に密集して暮らす人々の囲われた心持が芽生える。

三保半島は観光地である三保松原がある反面、

工業地帯の資材貯蔵庫的な意味合いも強い。

Zp1070733

ユースのグラウンドが現れる頃には雰囲気はエスパルスに。

昔からの習慣で終点の水族館まで乗っていったし、帰りもそうしたが

一つ手前のバス停で乗り降りするサポーターが多かった。

バス停の名前がエスパルス練習場入口になった影響だろうか。

前は違うバス停の名前だった気がする。

まあ、帰りは終点でバスが待機してますので、バスに乗って出発まで時間が過ごした方が楽な気もする。

私は静岡出身なので、三保の水族館は学校行事で必ず行った懐かしさがあり、つい終点まで乗ってしまいます。

相変わらずアスファルトがひび割れだらけで道が極端に悪い三保半島の先端。

清水エスパルスのクラブハウスグラウンドに到着。

|

« 壮大なる勝ちロコとオレンジの栄華  清水エスパルスは戦う | トップページ | 三保グラウンドで清水エスパルスの練習を見学2016 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 壮大なる勝ちロコとオレンジの栄華  清水エスパルスは戦う | トップページ | 三保グラウンドで清水エスパルスの練習を見学2016 »