« 清水エスパルス 2-0 V・ファーレン長崎  IAI日本平 | トップページ | C90 完走 ~コミケの夏~ »

2016年8月14日 (日)

清水エスパルス 2-2 レノファ山口  IAI日本平

Zimg_3884a

得点 チョンテセ 島屋 チョンテセ 庄司

降格して初のJ2を迎えた清水。

昇格して初のJ2を迎えた山口。

お盆休みの過密日程、前節から中二日での試合。

Zimg_3869a

清水は前節久しぶりに使われた六平がベンチになり

もともと使われ続けていた竹内がスタメンに復帰。

また石毛がベンチに下がって、北川がスタメン起用された。

この変化は途中交代で試合中、そうなることが多いので違和感がない。

そしてGKは前節に続いて植草。

ロンゲGKである。

Zimg_3975a

そして山口はどういう経緯があったのか

GKがJリーグ初出場だそうで。

Zimg_3910a

試合が始まって10分も経たないうちに清水の先制ゴール。

上手かったなあ。

ハーフライン上で白崎が相手のパスをカット。

そのままドリブルで攻め込んでペナルティエリア前で

左サイドを走っていた北川にパス。

北川はワンタッチでそれをペナルティエリア内へ蹴り入れ

ゴール前でチョンテセがシュート、ゴール!

Zimg_3932a

こんなに上手いことがあるんですね。

一年前には連携など皆無で藤枝に負けた清水ですが

今ではこんなに連携が得意なチームになりました。

清水1-0山口。

Zimg_3945a

山口の攻撃。

ノーマークの選手がゴール前に突っ込んでシュート、ゴール。

ゴールしたボールはゴールネットの上部に食い込んでしまい落ちてこない。

清水1-1山口。

Zimg_3946a

その後は山口の攻撃が上手くいく時間帯に。

そして清水は最後まで攻められない。

清水のディフェンスを崩し、最後のシュートまでいくが決まらない山口。

清水はシュートまで行かずに終わる。

試合展開自体、山口が握っている。

Zimg_3839a

清水1-1山口でハーフタイムへ。

維新で試合をやったときはあんな弱い相手だったのに

今夜の山口は組織だったサッカーで清水を崩し続ける。

Zimg_0331a

後半キックオフ。

キックオフ直後、清水が山口のボールをパスカットし

チョンテセがシュート、ゴール!

清水2-1山口。

あっという間のゴールだった。

個のポテンシャルの強さがるのでチャンスを逃さない。

Zimg_0406a

互いにカウンター時のパスカットが多い試合。

残り30分、北川を下げて村田。

枝村がトップに残って、山口の最終ラインのボール回しに付き合う。

山口は最終ラインでボールをじらす。

鳥籠。

手を出しても取れない。

Zimg_0486a

村田にボールが渡ったときのスタジアム歓声が素晴らしい。

村田がドリブルが相手にとっての脅威となる。

それはスタジアムの歓声がそうさせる。

残り20分、枝村を下げて長谷川。

187センチの長身をいかした長谷川のポストプレー。

かつてのジェジンを思い出す。

Zimg_0495a

山口の攻撃。

ペナルティエリア内で河井がハンドをしてしまい

山口がPKを獲得。

そしてPKが決まった。

植草は完全に逆をつかれた。

清水2-2山口。

Zimg_0498a

残り10分、まだまだ盛り返せる。

清水の攻撃が不発に終わったあと山口のカウンター。

シュートまで完璧に行ったが

そのボールがポストを叩いた。

残り5分、河井を下げて六平。

こうした状況下でボランチの交代をしたがる小林監督だ。

Zimg_0537a

清水の攻撃チャンス。

テセのボールの受け方は完璧だったが、なぜかオフサイド。

それに対して激高するテセ。

その態度に対してイエローカード。

だが激高がまだやまないテセ。

エスパルスの選手たちは誰もテセと審判の間に入らず。

二枚目のカードで退場かと思われたが

審判が流して試合再開。

Zimg_0627a

山口の選手がGK植草と一対一になるも

GK植草は必死に弾いた。

山口の時間が続く。

機動力のある山口。

Zimg_0630a

90分が終わってアディショナルタイム4分。

札幌戦と同じような状況。

今回はどうなるか。

互いにフィニッシュまで攻撃が進む。

だが決まらない。

Zimg_0632a

試合終了。

ホームで無念のドロー。

非常に互角な内容だった。

フットボールとはこうも難しいものか。

長谷川は最後、GKと一対一で決めたかった。

だが決まらないのもフットボール。

河井も自軍のペナルティエリア内では、脇を90度開けての守備をしてはいけない。

そりゃPKになる。

Zimg_0698a

清水エスパルスは6位に順位を下げた。

プレーオフ圏ぎりぎりだが、圏外の7位以下と徐々に差が開いてきた。

いまプレーオフに出たらどうなんだろう。

いつも考えさせられる。

6位ならアウェイでの開催、ドロー敗退となる。

それで今年を終えて来年もJ2となるのか。

不可能を可能にする、それができないとJ2のままだ。

Zimg_4076

|

« 清水エスパルス 2-0 V・ファーレン長崎  IAI日本平 | トップページ | C90 完走 ~コミケの夏~ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清水エスパルス 2-0 V・ファーレン長崎  IAI日本平 | トップページ | C90 完走 ~コミケの夏~ »