« WF2016 [夏] がおさま 甲鉄城のカバネリ 無名 | トップページ | リオオリンピック 日本 2-2 コロンビア  アマゾニア »

2016年8月 7日 (日)

北海道コンサドーレ札幌 3-2 清水エスパルス  札幌ドーム

Zimg_1616a

得点 内村 ヘイス 北川 テセ 都倉

全国的に高温注意報が出されている真夏の猛暑日。

だが試合は14時からのデーゲーム。

冷房の効いた札幌ドームでの試合。

でも入場待ちはしんどそう。

Zimg_1613a

清水のスタメンは変わらず、金子ではなく新加入の長谷川悠がベンチに入ってきた。

札幌は元磐田の菊地や名古屋の黄金時代を築いた増川が守る。

増川といえばハニロウカーの所有者である。

FWは芸能一家の都倉。

ベンチにはベテランの河合や日韓W杯で活躍した元清水の小野伸二がいる。

札幌がリードできたら試合を締めるのが上手そうだ。

Zimg_1598sa

札幌市内は今年最高気温だそうで。

さすがにゴール裏は人口密度が少な目ですが

頑張れエスパルスサポーター。

首位札幌と戦う。

ホームでは負けた。

アウェイの札幌ドームで勝つ。

Zimg_1600a

自分が出身の沼津のチームも徐々に上がってきてしまい

実家に帰ると近所に沼津のチームの旗が掲げられていたり。

エスパルスを応援し続けてきたが

沼津との兼ね合いをどうするかと思ったりもするが

まあ清水エスパルスだけですよ、私には。

Zimg_1602s

札幌は失点が最も少なく、清水は最も得点が多いチーム。

エスパルスサポーターがカメラでアップに映される。

日本全国どこでも駆けつける勇者たち。

私は堕落したサポーターですが

冷房の効いた自宅で清水エスパルスを応援。

Zimg_1603aa

札幌ゴール裏は赤と黒の風船が大量に舞っている。

ハニロウカーの増川は娘さんを連れて選手入場。

沼津出身の小野伸二はベンチ入り。

札幌ゴール裏は風船を各サポーターがゲットし、振っている。

Zimg_1605sa

キックオフ。

エスパルスのサンバの打楽器演奏が札幌ドームに木霊する。

円形の空間に長方形のピッチを置いているので

ゴール裏はぴったりくっつくが、メインとバックスタンドは陸上競技場に近い。

メインスタンドの中央カメラからのアングルは

万博陸上に近いものがある。

画面が上下にぎゅっと圧縮されて、上から撮ってるわりに選手がピッチレベルな感じ。

Zimg_1607a

増川とテセの距離が近いね。

とてもテセを意識しているのがわかる。

名古屋グランパスをリーグ優勝に導いた増川。

ハニロウとは縁がある。

Zimg_1627aa

前半4分、さっそく札幌が先制ゴール。

札幌1-0清水。

GK杉山のポジショニングが悩ましい。

なんだかディフェンス陣が全然いなかったね。

札幌は内村の飛び蹴りシュートで先制ゴール。

Zimg_1629a

都倉がシュート。

GK杉山、ぎりぎりでとめた。

中盤であっさりパスカットされるシーンが多い。

エアコンスタジアムなのに体力温存しすぎなエスパルスか。

札幌の走りっぷりはエアコンスタジアムなのを理解している。

Zimg_1630aa

石毛がワントップのように張るシーンが多い。

ただ単に守備に替わっても攻撃をあきらめないだけか。

テセと白崎がその背後に存在。

枝村は引き気味になることが多い。

石毛、テセ、白崎の3トップ体制に見える。

Zimg_1644a

サンバのリズムが札幌ドームに響くのが心地いい。

低く太い太鼓の音色。

バスが効いている。

このカメラアングルだと中盤は見やすいが

ゴール前は選手が混雑しすぎてわかり辛い。

札幌ドームは、やはり陸上競技場アングルだな。

専スタだとゴール前がテレビでも見やすい。

Zimg_1525aa

札幌はすべての選手が生き生きとしてるなあ。

この元気良さはどこから来るか。

エアコンスタジアムだから外の倍のペースでプレーしても大丈夫といったところか。

清水は試合が終わったあと、あんまり疲れてないなと零すようではつらい。

Zimg_1528aa

札幌のゴール裏はラッパが吹かれている。

ラッパのチームには負けたくない。

札幌の唯一の弱点はラッパにあり。

ラッパの存在は厳しいフットボールの世界では汚点となる。

Zimg_1541a

激ゆる傾斜のバックスタンド前列が映る。

列の前と後ろの高低差がほとんどないという平らに近い可動内野席。

まるで見えないという点において日本一の激ゆる傾斜だ。

可動内野席部分はサッカーの試合で使わなくていいと思う。

誰もが一度だけ行って懲りるだろ。

Zimg_1544aa

選手の表情を見るにはいいアングルだが

ゴール前はごちゃごちゃでわかりませんなあ。

そういえばでかい旗を突き立てて持っている習慣がないのは

エスパルスゴール裏ぐらいだね。

旗を振るのは振っただけ周りとの融合を果たさないといけない。

Zimg_3405a

清水エスパルス二失点目。

これはひどい。

GK杉山が保持しているボールをキック。

これを札幌選手がそのまま受け取ってシュート。そしてゴール。

さすがにこれはないよ。

札幌まで遠征している清水サポーターを前に、このプレーはがっかりすぎる。

つらい。

GKが保持してるボールをそのまま札幌に渡して、そのままゴールを決められた。

いくらなんでもあんまりだよ。

こんなプレーをプロのGKがしちゃいけない。

オリンピックの日本代表よりひどい。

Zimg_3410a

でもまあ、まだまだ前半。

ここから盛り返していきましょう。

失点の多さはいつものこと。

それよりさらに得点を決めよう。

時間はたっぷり一時間残ってる。

Zimg_3398a

カメラでアップする村田をとらえたが

アップする選手が試合を観られないのは札幌ドームの難点だ。

ピッチより低い、可動式ピッチの土台部分の高さでアップをしているので

ピッチが頭上より高くて見えないのだ。

Zimg_3426a

どちらのチームも忙しく動き回り、ボールが動く。

エアコン効果。

中盤でそこそこボールがとれるが、最後まで行かない。

守備が固い札幌。

Zimg_3427a

前半終了。

札幌2-0清水と二点ビハインド。

やはりこのGKではどうにもならない。

とはいえ他に良いGKがいるわけでもない。

失点のすべてをGKの責任にするつもりはないが

どうにもGKのアホらしいミスすぎる。

Zimg_3451a

後半キックオフ。

ここは一つ、GK杉山を応援してやってほしいものです。

杉山がまともに戻らなきゃ清水に勝ち点は来ない。

札幌のラッパに勝つぞ。

清水の太鼓で。

Zimg_3466a

ボールを持った枝村が札幌選手三人に突き飛ばされてファウルを得た。

リスタートのボールを枝村が受けて

ワンツーから枝村がさらに右サイドへ突き進む。

ボールは外に出てコーナーキック。

枝村が低めにボールを蹴ったがゴールには繋がらず。

Zimg_3482a

残り30分。

石毛を下げて北川。

札幌と清水の選手が合体して倒れこむシーンが多い。

ピッチコンディションの良さがこれを生んでいるのだろうか。

Zimg_2212a

テセがのってない。

札幌ドームの屋内環境に適応できずか。

厚別の方が良かったか。

なんとかテセをのせたい。

Zimg_2274a

ボムヨンに対して札幌が足の裏を見せて突っこんで来た。

札幌選手にイエローカード。

二点差はひっくり返る可能性が高い。

最後まであきらめず。

だが頼みのテセは何度もシュートをふかしている。

今日のテセはシュートが決まらない。

全部宇宙開発。

本人も苦い顔。

Zimg_2276

残り20分、枝村を下げて村田。

17576人の動員。

J2としては異例なほど多い客数だが

札幌ドームがでかすぎて空き気味に見えてしまう。

Zimg_2270

テセがゴールまで二メートルぐらいの超至近距離からシュート。

これがポストを叩く。

今日のテセはどうしてもシュートの精度が悪い。

のらないテセ。

スーパーシュートを連発できるポテンシャルは復活できるか。

Zimg_2302a

テセのヘディングシュート。

札幌に防がれるが、零れ球を北川がシュート、ゴール。

札幌2-1清水。

一点返せた。

残り15分。

ここから盛り返すぞ。

Zimg_2314a

残り10分。

竹内が下がって新加入の長谷川悠が初めてピッチに立った。

守備的な選手を減らして攻撃を増やした。

勢いをぶつけるぞ。

Zimg_2332a

右サイド、ボムヨンと村田の区別がつきにくい。

どっちも金髪。

ゴールデンな右サイド。

村田はどうしてもボールを受けてから蹴るまでに時間がかかる。

Zimg_2341a

右サイド、村田からクロス。

テセがヘディングで決めてゴール。

札幌2-2清水。

ついに同点に追いついた。

まだまだ行くぞ、清水エスパルス。

Zimg_2347a

今日はキックの精度が駄目なテセだけど

空中の高さと安定感は消えていなかった。

空中では抜群の強さを持つテセ。

決めてくれた。

Zimg_2356

残り5分。

札幌も勝ちに来る。

ならば清水にも攻撃のチャンスが来る。

ダイナミックな残り5分だ。

Zimg_2359

双方交代枠を使い切って、札幌は小野伸二が結局ピッチに立たず。

90分を過ぎてアディショナルタイム5分。

勝ちたい。

勝ちたい。

勝ちたい。

Zimg_2363a

そして最後の最後、またGK杉山がやらかした。

都倉がゴール。

札幌3-2清水。

どうしてこんなにも駄目なんだ。

Zimg_2366a

強烈なシュートを決められた記憶がなく

どれもふんわりしたやつだ。

GKがまともに判断していれば防げている。

つらい。

Zimg_2370

清水の戦士が全員こんなに必死に走って頑張ってるのに

GK一人のために

こんなにつらい思いをしなきゃならないのか。

GK杉山力裕。

プロとして技術がなさすぎる。

おかしい。

こんなプレーはプロとしておかしい。

Zimg_2371

杉山はペナルティエリアを飛び出してボールを蹴るわけにはいかなかったのか。

ペナルティエリアに留まって

あっさりループシュートを決められる不幸。

わからない。

本当にわからない。

Zimg_2372a

序盤から相手選手にボールをパスするGK杉山。

最後はなぜか飛び出さずにループを決められるGK杉山。

このGKに関して理解できない。

すべて判断の問題だ。

もっとも基本的な。

Zimg_2376

極端にプロレベルでない精神というべきか。

GK杉山。

崩壊している。

判断がまるでできないほど精神崩壊している。

ここまで頭が壊れた選手はもう使えない。

杉山力裕を見限る試合となった。

大量失点しても、さらに得点することで見逃されてきた。

だがここで終わりだ。

とはいえ他に誰がGKを務められる?

Zimg_2383a

こんな清水のディフェンスだが

このままできないなりに必死にやり続ければ

シーズン後にプレーオフに参加できると思う。

そこでこのような試合をやらかしそうだ。

今年昇格を逃せば来年はテセがいなくなるんじゃないか。

ここまでお粗末なディフェンス陣。

GKの決定的な欠落。

崩壊して終わってる。

こんなんじゃプレーオフに出られたとしても勝ち抜けない。

Zimg_2391

今回の札幌は調子がよくなかったにもかかわらず

個々の選手のポテンシャルがJ1レベルだったと思う。

J1レベルのプレーを見せられたとき、全部失点した。

他のJ2チームであのような攻撃は見られないだろう。あるとすればセレッソぐらいか。

それにあっさりやられる。

ディフェンス陣全体がおかしかったとはいえ、GK一人の能力がJ1レベルだったなら

失点は全部防げた。

GK杉山力裕はそうした判断ができないのが身の程だと露呈された。

一失点ならともかく三失点ともそうだ。

Zimg_2394

唯一フォローできるなら、札幌ドームの芝がボールをとめやすく、ロングボールの際、

もっとこちらに転がってくるだろうとGKが思うのに反して、ボールが来ないという点がある。

札幌選手はそれを知り抜いていて、あえてそうした曖昧な位置にボールを送り

ボールが芝にとめられるのを利用して、相手の予想を覆し、ゴールに結びつける。

だとしても三回もそれを繰り返してしまうのは痛い。

オフェンス陣のミスも札幌ドームの芝がボールをとめやすいという点に

慣れてなかった結果、生じているのも事実だ。

でもそれでも、やはりGK杉山力裕の判断はプロではなかった。

Zimg_2400

他のJ2チームで札幌のような個の能力の高さは存在しない。

だがJ1に上がったらこれが当たり前で、フルボッコされて一年でJ2へ出戻りだ。

少しクウォリティの高いプレーを見せられると、ここまで潰れるんだと失望した。

順位はプレーオフ圏ぎりぎりの6位にとどまれた。

いまプレーオフが行われたら、やはりトップには立てない。

GKをどうしたらいいだろう。

あれは練習やコミュニケーションでどうこうなるものでなく、個の能力の限界を示している。

またこの一戦をもって、シーズン前に掲げたJ2優勝という目標をクラブは撤回。

早々と札幌のJ1昇格が決まった場合、その後の札幌は気が抜けるだろうし

対戦するチームは有利となる。

それもまた清水エスパルスにとってはハンデだ。

|

« WF2016 [夏] がおさま 甲鉄城のカバネリ 無名 | トップページ | リオオリンピック 日本 2-2 コロンビア  アマゾニア »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WF2016 [夏] がおさま 甲鉄城のカバネリ 無名 | トップページ | リオオリンピック 日本 2-2 コロンビア  アマゾニア »