« C90 企業ブース | トップページ | C90 企業ブース 最終章 ~企業の夏は西ホール~ »

2016年8月22日 (月)

横浜FC 0-2 清水エスパルス  ニッパツ三ツ沢球技場

Zimg_6149a

得点 金子 白崎

四連勝中の横浜FC。

四連勝もできるとは大したものだ。

清水はそれができない。

横浜FCのゴールを守るのは伝説的なGK南。

自軍のゴールにボールを投げ入れたシーンは、彼のキャリアについて回る。

キングカズはベンチにも入っていない。

Zimg_6151a

清水のスタメンはサイドバック、ボムヨンを下げて六平。

石毛がどうしたのかベンチにもおらず、スタメンは久しぶりにミニマムな金子。

ニッパツ三ツ沢球技場はアウェイゴール裏が満席。

オレンジとブラックに区画分けされた旗振りはドSユニフォームのデザインのようだ。

ピッチの選手達はアウェイ用の白ユニフォームだが。

比べて横浜FCゴール裏は空いている。

Zimg_6163a

ビョンがゴール前でさっそくファウル。

ファウルを犯したあと、審判に激高する姿はつまらない。

ビョンは毎試合必ずこうだ。

すぐキレるのは精神的な弱さなのだろう。

Zimg_6166a

オリンピックのサッカー決勝戦、途中まで見て寝てしまった。

最後はPK合戦でブラジルが勝ったんだね。

オリンピック代表の浅野はアーセナルと契約したものの労働許可が下りず。

別の国のチームへレンタルされるようだ。

Zimg_6169a

試合を見ていてエスパルスの応援しか聞こえない。

テセがゴールを決めたかに見えたがオフサイド判定。

金子は小さな体ばかりにその特徴がいくが

ボールのトラップに関してヨーロッパのトッププレイヤー並に上手い気がする。

いわゆるボールが足にはりつくトラップ。弾かない。

Zimg_6175a

エスパルスゴール裏がたまにアップになるが、密集具合がすさまじい。

空き席がまるでなく、詰め込みすぎ。

互いに攻撃がフィニッシュまで行く展開。だがゴールは生まれない。

試合が停滞せず、展開が激しい。

攻撃に対する意識がどちらも強い。

前半最後、金子がゴール前まで一人でボールを運ぶも最後はDFに崩されてシュートを撃てず。

前半終了。スコアレス。

Zimg_6190a

後半キックオフ。

オレンジとブラックの旗がゴール裏に縞々に振られるなか、金子がまた飛び出せた。

だがまたもやシュートまで行けず。

清水の攻撃が続く。

Zimg_6195a

竹内が左サイドからボールを上げ、河井がゴール前のテセへ繋げる。

テセは自分でシュートを撃たず、ヘディングで金子にボールを送る。

金子はカンフーキックのような具合でボールをシュート、ゴール!

後半キックオフしたばかりだが、金子のゴールで清水がリード。

横浜0-1清水。

Zimg_6222a

左サイドをドリブルで駆け上がる松原。

横浜DFにシャツを引っ張られながらも、強引にドリブルする松原。

コーナーフラッグ付近から中央へクロス。

それを白崎がダイレクトにヘディングシュート、ゴール!

横浜0-2清水。

Zimg_6255a

このスコアからが毎試合大変な清水なので、頑張っていきたい。

この試合が終わるとJ2は中断期間に入り、天皇杯となる。

全勢力を惜しみなくぶつけたい。

Zimg_6272a

残り30分、金子が下がって北川。

清水のカウンター。

北川がドリブルで攻め上がり、決定的なチャンスだったが横浜選手にファウルで倒された。

一発レッドかと思ったが、ただのイエローカードどまり。

松原の足が攣ってしまい、GK植草が伸ばしに駆けつける。

松原は足を引きずりながらラインの外へ。

そして松原に交代してボムヨンが入った。

専スタだとテレビでもゴール前が見やすくてええわ。

Zimg_6281a

残り15分、枝村を下げて村田が入った。

この時間帯で交代カードをすべて切ったのは少し不安。

松原のアクシデントもあるが、村田はどうしてもこの時間から必要な選手という判断だろう。

攻撃なくして二点差は守れない。

二点差は最もひっくり返されやすい。

村田がドリブルで駆け上がると三人掛かりで囲まれる。

Zimg_6334a

90分を過ぎてアディショナルタイム4分。

北川が横浜選手に顔面強打されて、なかなか起き上がれず。

試合終了。

横浜0-2清水。

Zimg_6347a

こうして上手くいく試合と上手くいかない試合の差はどこに問題があるのか。

難しいものだ。

清水エスパルスは現在5位。

自動昇格圏とは勝ち点6差。

ここで三週間、J2リーグは中断に入る。

Zimg_6352a

だが試合はあり、IAI日本平での開催で天皇杯となる。

一週間後の初戦に勝てば、二週間後の次の試合もIAI日本平での開催だ。

天皇杯は正直なところ、やっている場合ではなく

控えメンバー、ベンチ入りもできていないメンバーで戦うべきであり

それで負けても仕方ない。

Zimg_6382a

二週間後の試合も勝ちぬくと、さらに次は山梨での開催となる。

これはJ2リーグの開催中に過密日程を引き起こすので、やりたくない。

今のぎりぎりなチーム状況において、勝ち抜きたくないなと思う。

もしやるなら、中途半端にメンバーを落とさずに全員ベンチ外を揃えてほしい。

Zimg_6385a

ベストメンバー規定は天皇杯にも適用されるが罰則はリーグ戦と違って存在しない。

そもそもベストメンバー規定というもの自体がナンセンスだ。

選手生命を破壊する過密日程を組んでおいて

カップ戦のスポンサーに申し訳ないから、リーグ戦と同じ選手で戦えと協会は言う。

立場の弱い側を搾取することだけ一人前だ。

必死に戦っているクラブ、選手、サポーター、すべてを侮辱するベストメンバー規定。

この馬鹿げた制度の撤廃を願う。

Zimg_6393a

|

« C90 企業ブース | トップページ | C90 企業ブース 最終章 ~企業の夏は西ホール~ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C90 企業ブース | トップページ | C90 企業ブース 最終章 ~企業の夏は西ホール~ »