« ミス湘南祭り  水着大撮影会  辻堂ジャンボプール  その2 | トップページ | 松本山雅に完敗  手も足も出なかった敗戦  自動昇格絶望 »

2016年9月25日 (日)

松本山雅 1-0 清水エスパルス  松本アルウィン

Zimg_3849a

得点 工藤

自動昇格圏にいる2位の松本山雅。

プレーオフ圏にいる4位の清水エスパルス。

勝ち点差は4。

J1昇格を目指して天王山の決戦だ。

Zimg_3850a

ここを勝てば松本との差は1に縮まる。

3位のセレッソ大阪とも次節で対戦。

この二試合が今シーズンのすべてを握っている。

二試合ともアウェイ。

Zimg_3851a

だが今は松本戦に全力を尽くす。

ここで勝たないと先はない。

アルウィンは半地下スタジアム。

独特のサッカー専用スタジアム。

空港の滑走路の隣に建てられ、飛行機がぶつかるので地下に穴を掘って造った。

穴倉でのゲームがいま始まる。

Zimg_3852a

松本山雅のスタメンはトップに浦和にもいた高崎。

二列目はジェフのイメージが強い工藤。

ワイドにはベテランの田中隼磨がいる。

ゴールキーパーが外国人だ。ダニエル。

そしてコーチには昨年の清水監督だった田坂氏。

清水のことなら何でも知っている田坂氏がどう影響してくるか。

Zimg_3906a

清水エスパルスのスタメン。

予想を裏切って村田は起用されず。

GK植草。

センターバックに角田とビョン。

サイドバックに松原と六平。

ボランチは竹内と河井。

そして攻撃的な二列目には白崎と北川。

Zimg_3938a

戦線離脱した枝村の代わりは村田というのが前情報だったが

北川がスタメン起用された。

これはサプライズであり、相手の意表を突いただろう。

ツートップにはテセと金子。

Zimg_3948a

金子は天皇杯も戦っていて、中二日での出場だ。

いくら若いとはいえ、天皇杯には出てほしくなかった。

ベンチには大前や本田が入り、村田もいる。

そしてGKは杉山が消えて、天皇杯に出場した高木和が入った。

Zimg_3970a

松本アルウィンは超満員。

アウェイゴール裏は三分の二ぐらい清水サポーターで埋まっている。

日を浴びて暑そうだ。

大勢のサポーターが松本に集結した。

Zimg_4015a

選手入場。

清水ゴール裏にはLA12のビッグフラッグが広げられた。

マーチが歌われ、タオマフが振られている。

松本サポーターも全員がタオマフを振っているため

スタジアムの観客全員がタオマフを振っている状況だ。

超満員でタオマフ振り振り。

巨大スタですかすかより、こじんまりした専スタが超満員の方がド迫力。

Zimg_4042a

ピッチは穴ぼこだらけ。

相当ピッチコンディションは悪い。

IAI日本平の上質ピッチとはえらい違い。

半地下スタジアムだから仕方ないとはいえ

この劣悪なピッチで清水はどれだけ戦えるか。

Zimg_4051a

松本山雅はこの劣悪ピッチの癖を知り抜いているだろう。

清水はどれだけ前情報を集めようが

やはり体感として馴染めていない。

この荒れピッチを戦う。

Zimg_4089a

清水ゴール裏では勝利の歌であるガーニャエスパルスが歌われている。

上空から見ても穴ぼこだらけのピッチ。

アップで映ると、ぼろぼろに崩れ落ちているピッチ。

これまで対戦した中で、もっとピッチコンディションは悪い。

Zimg_4100a

松原と田中隼磨のマッチアップ。

田中に押し切られ、松原はボールを失った。

田中は巧みだ。

Zimg_4120a

さっそくディフェンスでミスが続く清水。

ピッチが悪くボールが繋がらない。

だが世界基準で考えて、このぐらいのピッチがヨーロッパでも当たり前だ。

IAI日本平が特殊なのだ。

選手がボールを蹴るたび、砂が舞い上がる。

芝というより砂の上でプレーしていて、雑草が適当に生い茂っている。

Zimg_4138a

ここまで悪いピッチは初なのだが

早く馴染まねばいけない。

上空から見ると、芝の緑より禿げた部分が多いぐらいに思える。

ライン際だけでなく、中央もここまで禿げ上がるとは

根本的にピッチ造りができていない。

半地下スタジアムの限界。

Zimg_4146a

清水の選手はボールが足についてない。

ドリブルがぎこちない。

ドリブルしていても、ボールが離れがち。

相手にカットされる。

Zimg_4158a

河井がアフターでエルボーを食らって倒され、山本にイエローカード。

体を張って攻撃をとめる傾向が強い松本だ。

松本は猛烈に走り回る。

粘っていけば、後半の終わりに松本が疲労し、清水にチャンスがあるかも。

だがその前に決めたい。

Zimg_4174a

伝染病に感染したようなピッチだ。

本当に芝が病気に感染してそう。

ここまでぼこぼこだと土の上でプレーしたいよなあ。

中途半端に芝があって面倒。

Zimg_4180a

松本はひたすら体をぶつけてくる。

肉弾戦だ。

このスタジアムで勝負するなら、これしかないという判断なのだろう。

Zimg_4204a

テセが倒されフリーキック。

テセが蹴ったボールはGKに弾かれた。

コーナーキック。

河井が蹴ったボールは隼磨に弾かれた。

Zimg_4267a

休みがない、溜めがない、Jリーグらしい試合。

緩急がなく、忙しいまま続いている。

体力消耗が激しく、後半最後どうなってくるだろう。

Zimg_4289a

アルウィンバックスタンドの

屋根はないが、照明だけ屋根があるとき同様に前へ突き出しているのは珍しい。

ナイトゲームの際、影のできないピッチにできる。

だが屋根はないので太陽も雨も防げない。

Zimg_4306a

白いアウェイユニフォームが見やすい清水。

緑ユニフォームの山雅はピッチと同化しがち。

ピッチレベルまでは座席が張り出さないアルウィン。

ここのピッチレベルには昔降りたことがあったな。

Zimg_4330a

渋い試合。

緊張する試合だ。

三日前の天皇杯がどうでも良かったのに比べ

なんと緊張する試合だろう。

この一戦で来年J1にいるか、それともJ2のままなのかが

大きく左右される。

Zimg_4335a

松本がセンターサークル内からのフリーキック。

ボールを一気にペナルティエリア内に入れてきた。

それを折り返し、工藤がスランディングでボレーシュート。

ゴール。

松本先制。

松本1-0清水。

困難を吹き飛ばせ。

Zimg_4376a

セットプレーでざっくり決められた。

工藤は飛び道具のような切れ味だった。

ジェフ時代とは勢いが違う。

するっと混雑するゴール前に入り、適確なシュートだった。

Zimg_4378a

竹内に遅延行為でイエローカード。

もったいない。

パウリーニョのロングシュート。

植草は届かなかったが、ボールはバーを叩いた。

Zimg_4399a

隼磨のコーナーキック。

ショートコーナーでじらす。

真ん中に折り返されたところで、なんとか角田が対応。

ボールを蹴り出した。

Zimg_4404a

隼磨は芸人のアキラ100%に似た渋さを持っている。

全裸でお盆を握らせたいものだ。

見事な横分け。

乱れない。

Zimg_4409a

松本ゴール裏に非常に太った女性が映し出された。

パウリーニョがフリーキックを蹴る。

最後は河井が掻き出した。

Zimg_4424a

北川のボールタッチが少ない。

試合に絡めていない。

このままでは存在意義がない。

Zimg_4433a

ようやく清水の攻撃になったが

最後に北川が相手にパスをしてしまい、攻撃終了。

北川が馴染めてない。

今の時点で変えていいのではないか。

Zimg_4458a

主審が五十歳近い人で

お爺さんに見えてくる。

これもJ2ならでは。

Zimg_1476a

こぼれ球をまるで拾えてない。

通常なら、攻撃が一旦弾かれても

そのこぼれ球を拾って、攻撃が続くものだ。

だがことごとく松本にボールを拾われている。

Zimg_1996a

久々に清水の攻撃だったが

最後が上手く決まらず。

松原と金子で攻撃の形を作れたが

六平の飛び込みが一歩足らず。

Zimg_2062a

45分が過ぎて前半アディショナルタイム2分に突入。

清水のパスはボールの動きが鈍い。

相手に追いつかれて奪われてしまう。

ボールが転がらないことに慣れていない。

Zimg_2108a

GK植草はサイドラインを割るキックミスが多い。

主審は選手を呼び寄せるより

自分から言いに行くことが多い。

Zimg_2134a

前半終了。

松本1-0清水。

苦いがまだまだ半分終わっただけ。

もっとごりごり行きたいね。

Zimg_2372a

後半を前に、清水ゴール裏にはエンブレムのビッグフラッグが広げられた。

客席はオレンジ旗とブラック旗が縞々に振られる。

熱が入っている。

選手交代は無し。

Zimg_2467a

後半キックオフ。

のっけから松本の攻撃が続く。

そういえばアルウィンはホームとアウェイのゴール裏配置が逆だな。

なんの都合だろうか。

他のスタジアムでは増築の都合や騒音の都合はあったりするのだが

アルウィンで何かあるだろうか。

謎。

Zimg_2488a

ピッチ半分がくっきり影。

明暗が分かれる。

暗い手前半分が闇に消える。

Zimg_3156a

強いからこそ2位の松本。

後方からのボールを高崎が決め、松本が2点目……

かと思いきや、オフサイド。

首が繋がった。

縦にすとんとパスが繋がる松本。

Zimg_3175a

北川がクロスを上げるも松本ディフェンスがしっかり受けとめた。

どうも北川のプレーが弱い。

このピッチでは対応できていない北川。

Zimg_3271a

何もプレーがないところで

芝に足をとられて倒れてしまう清水の選手達。

ひ弱すぎる。

踏ん張れる選手がほしい。

Zimg_3283a

不埒なプレーが多かったビョンに

ついにイエローカード。

清水視点から見ていても、ビョンは駄目だった。

そんなメンタルでは、ひ弱だ。

Zimg_3311a

清水が松本のボールをカット。

北川にパスが渡り、ドリブルで攻め上がる。

だがあっさりボールをとられた。

北川にボールを渡せないじゃないか。

試合開始から見てきて、今日の北川はひどすぎる。

このピッチで何もできないなら、それまでだ。

当たり前のドリブルすらできないなら、ピッチに立つ資格はない。

Zimg_3363a

残り30分。

そろそろ交代が見たい。

だが小林監督は現行維持。

北川のままでいいのか。

Zimg_3494a

ゆっくりビルドアップしていくが

一向に決まらんね。

シュートまでも行かない。

Zimg_3521a

つらく苦い試合だ。

試合全体、押され続けている。

シュートまでいく松本。

シュートまでいけない清水。

Zimg_3587a

金子がまるで生きない。

GKへつめるシーンはよく見る。

それ以外、何があるだろう。

Zimg_3608a

17880人の動員。

今シーズン最大だという松本アルウィン。

満席の専スタ。

だが苦い苦い苦い展開。

どうやってシュートまで結びつけるか。

Zimg_3714a

残り20分。

金子が下がって大前が入った。

激しくぶつかり合い続ける。

強いアタックが続く松本選手達。

病み明けの大前がこの激しさについていけることを期待。

Zimg_4479a

松本選手はこのピッチでも

普通にドリブルで攻めこめる。

清水はこれができない。

当たり前すぎるドリブルができない。

ボールが足につかない。

Zimg_4527a

ようやく北川が下がって村田が入った。

遅すぎだ。

北川の理想を追い求めすぎた。

ボールを回そうなんて到底無理。

ごりごり行くしかない。

Zimg_4593a

ゴール裏もようやくグリコを歌い出した。

これが魂の応援。

キックオフからガーニャを歌い出されたときは悪いイメージしかなかったが

ここからようやく戦える。

やっぱ最初からガーニャやって

上手くいった試しがない。

でもまたやる。

それがオレンジソウル。

Zimg_4640a

松本がハンドをし

良い位置でのフリーキック。

頼むから入れてくれ。

Zimg_4648a

大前のキックはテセが合わせたものの

前方向へのシュートはできず。

松本が大きく蹴り返した。

Zimg_5232a

残り10分。

苦い。渋い。

松本の選手達にやられるのではなく、アルウィンのピッチにやられている。

だがこの程度のピッチで戦えないのでは未来がない。

ヨーロッパのトップリーグでも、どこもこの程度のピッチだ。

Zimg_5257a

上げ急いでいるので

松本のGKが直接キャッチしてしまうようなクロスが多い。

清水の選手が受け取れない。

Zimg_5293a

村田が粘ってコーナーキックを獲得。

ここで竹内を下げて、長谷川が入った。

長身の長谷川が入ったことでポストプレーができる。

ようやくボールを受け取れるようになるか。

大前が蹴ったコーナーキックは実を結ばず。

Zimg_5361a

最初からこの面子でやれば良かったかもな。

とにかくシュートまで行こう。

松原のクロスはすっぽ抜ける。

ドリブルもキックの精度も何もかも上手くいかない。

だがゴールは生まれるはず。

戦意さえあれば。

Zimg_5386a

メインスタンドの後方がビル状に高くなるので

ビルの屋上にあるカメラからのアングルは急だ。

セルティックのスタジアムに近いようなアングル。

手前側は真上から覗いているよう。

Zimg_5436a

大前のフリーキック。

だが松本選手に跳ね返された。

何もかも松本が上手。

負けるな清水。

Zimg_5647a

残り5分。

手拍子をし始めた松本サポーター。

試合をしめにかかっている。

Zimg_5699a

白崎が左サイドからクロスを上げるも

高すぎてすっぽ抜けた。

ゴール前でシュートを撃てていない清水。

Zimg_5710a

90分が終わって、後半アディショナルタイム4分に突入。

やはりシュートまで行かない。

シュートして決まらないのではなく

その手前のプレーで終わっている。

防がれている。

Zimg_5747a

試合終了。

松本1-0清水。

完敗。

何から何まで駄目だった。

すべてを抑えられた。

Zimg_5907a

この試合の敗北をもって

自動昇格は相当厳しくなった。

現実的に考えて、自動昇格の望みは消えたといっていい。

Zimg_5925a

またこの試合は

どうやって清水を抑えたらいいのかというモデルケースとなった。

残りの対戦チームは、これを完全に真似てくる。

その点でも嫌な試合となった。

Zimg_5950a

だがJ1昇格の望みは絶たれていない。

プレーオフに一つでも上の順位で参加する。

そしてプレーオフで優勝すること。

もしかするとプレーオフのファイナルは

このアルウィンで松本相手となるかもしれない。

その困難を跳ね除けて、乗り越えて、それがJ1昇格だ。

Zimg_1089a

残り9試合。

自動昇格圏の2位松本と勝ち点差7。

3位のセレッソ大阪と勝ち点差6。

松本とセレッソが自動昇格を争ってデッドヒート。

そこに清水が参加するには差がある。

Zimg_1106a

だが4位にならなれるはず。

4位になって、プレーオフの初戦をホームで戦う。

このアドバンテージは大事だ。

現在清水は5位に落ちた。

だが4位の岡山とは勝ち点差1。

追い抜ける、絶対に。

Zimg_1234a

次はセレッソ大阪との対戦だ。

アウェイのヤンマー陸上。

清水の挑戦と冒険は決して終わらない。

特にプレーオフをIAI日本平で戦うことの意味は大きい。

3位すら狙いたいが、とりあえず4位を目指す。

そのためにはセレッソ大阪に勝つ。

Zimg_1375a

ヤンマー陸上のピッチコンディションはアルウィンほど悪くはないだろう。

長居の光景自体も長年に渡って馴染みあるものだ。

プレーオフでアドバンテージをとるためにも

ドロー勝ち抜けというよりIAI日本平の極上ピッチで戦うためにも

一つでも上の順位でプレーオフに参戦したい。

Zimg_6772a

現在5位。

残り9試合。

まだまだ戦意はあるはず。

Zimg_6543a

|

« ミス湘南祭り  水着大撮影会  辻堂ジャンボプール  その2 | トップページ | 松本山雅に完敗  手も足も出なかった敗戦  自動昇格絶望 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミス湘南祭り  水着大撮影会  辻堂ジャンボプール  その2 | トップページ | 松本山雅に完敗  手も足も出なかった敗戦  自動昇格絶望 »