« 闘莉王復帰 名古屋グランパス勝利 | トップページ | 清水エスパルス 5位  一つでも上の順位を目指して »

2016年9月11日 (日)

清水エスパルス 3-1 モンテディオ山形  IAI日本平

Zimg_1419a

得点 枝村 金子 大前 渡辺

スタメンのラインナップはそれほど変わり映えはない。

だがベンチに大きな変化が。

大前が100日間の病闘を潜り抜け、ついに復帰。

凄惨な町田戦から100日、ついにベンチ入り。

Zimg_1409a

大前の離脱がきっかけとなり

目が覚めた清水エスパルス。

戦闘集団となった今のエスパルスに、大前が加わるとどうなるか。

大きな期待がある。

Zimg_1428a

だが100日も実戦を遠ざかっている大前なので

過剰な期待はできない。

もしフィットしないと判断したなら

大前を抜きにするのも一つだ。

それだけ現在のチームがまとまっている。

Zimg_1431a

左サイドバックはボムヨンをベンチにいかせ

松原が復活したのも大きなポイントだ。

右サイドバックの六平も一時期出られなかっただけに

期待したい。

Zimg_1435a

モンテディオ山形は大黒がベンチなんだな。

もう歳か。

ビッグネームだけに気になる存在だ。

Zimg_1439a

このカードは昨年の日本平を思い出す。

清水が3-0でリードしていて、ようやく久しぶりに勝てるかと思ったが

山形に3-3と追いつかれた。

あれから成長したところ日本平で見せたい。

日本平でなくては駄目だ。

Zimg_1448a

キックオフ前のフェアプレーセレモニーが長い。

山岸、河井と双方のキャプテンが

リスペクト宣言をマイクパフォーマンス。

大変なものだ。

Zimg_1459a

キックオフ。

白崎が倒されてフリーキック獲得。

ペナルティエリアの少し外で程よい距離。

チョンテセのシュートは壁に当たって失敗。

だがエスパルスボールが続く。

Zimg_1499a

GK植草もすっかり定番となってきた。

これまでのキャリアで試合出場があまりないベテラン。

J2他クラブでベンチ外だった選手が

こうしてエスパルスのゴールを守り続けるとは

先はわからないものだ。

Zimg_1502a

センターバックのビョンがシュートをキックでクリアしたが

オウン気味なボールの跳ね方となり

山形のチャンスが続く。

ビョンの髪型は綺麗な7:3分けだが

キックの精度はそれに追いつけない。

Zimg_1508a

河井のコーナーキック。

山形が外へ出して、もう一度。

ゴール前でテセのチャンス。

だが山形選手のキックがテセの首にきまり、ぶっ倒れた。

しばらく伏せたままだったが、へこたれないテセ。

強い。

Zimg_2097a

テセに対して最初から相当厳しい。

試合開始前のフェアプレー宣言はどこへ

たぶんテセは対象外と山形は考えているのか。

テセを絶対に潰せという意志を感じる。

Zimg_2090a

今はスカパーの綺麗な映像で試合を見られている。

日本平のような専スタは

テレビ中継でも非常に見やすい。

ゴール前の混戦も、斜め後ろ高所からのアングルで手にとるようにわかる。

だが来年からダゾーンだ。

スタジアムでの撮影事態は現場の制作会社が引き継がれる可能性が高いので問題ないが

ネット配信での画質やディレイ度合はどんなものになるのか。

Zimg_2087a

まあでも、このままスカパーで放送し続けても尻つぼみだからね。

全体的な縮小傾向のなか

J1リーグは2ステージ制のチャンピオンシップ制度になってしまった。

この時点でもういっぱいいっぱいだ。

Jリーグファンは2ステージ制に萎えてしまった。

これまで基本料込で3000円台半ばだった視聴代が

1000円台後半と安くなることよりも

J1リーグが1ステージ制に戻るというのが

多くのサッカーファンの喜びなのだ。

Zimg_2072a

前半も半分ぐらいが過ぎ、互角な戦いになっている。

じわじわっとビルドアップしていく清水。

カウンターでフィニッシュまで行きつく山形。

山形の猛攻。

ペナルティエリア内から三連続で強いシュート。

この三連続シュートをすべて弾いたGK植草。

やるじゃないか、植草。

清水サポーター達のゴール裏の真ん前で

GK植草の本領発揮。

Zimg_2231a

そして山形のコーナーキック。

ゴールエリア内の超至近距離から山形のヘディングシュート。

これを真正面にいた植草がジャンプしてキャッチ。

四連続なナイスセーブ。

長年に渡り出場経験が余りなかったとは思えないぐらいの冴えが見せる。

プロになって十数年の不遇を拭って

34歳の今、清水エスパルスで開花。

Zimg_2245a

またチョンテセが倒れた。

首を押さえている。

山形はテセの首を狙う傾向にある。

それでも立ち上がるテセ。

山形の選手たちのテセ潰しは明確だ。

ならば他の選手たちにフィニッシュを決めてもらいたい清水。

Zimg_2247a

白ユニフォームの山形。

J2で下位に沈むチームとは思えない活力を見せる。

だがゴールが生まれない点において

問題があるのだろう。

清水は苦戦している。

ただディフェンスが崩壊しない点において、山形の攻撃はそこまできつくないのだろうし

GK植草、センターバック角田&ビョンの最終ラインが機能している。

Zimg_2280a

前半45分が過ぎてアディショナルタイム2分へ突入。

山形のフリーキック。

清水が大きく掻き出したボールを

山形のGK山岸がペナルティエリアを飛び出してキック。

Zimg_2296a

そのボールを清水が得て逆襲。

金子がドリブルで攻め上がる。

左サイドバックの松原が上がってきたので、パス。

松原はそのままコーナーフラッグ付近へドリブル。

山形選手たちに囲まれた。

Zimg_2305a

そこを掻い潜って松原はゴール前へパス。

ゴール前にいたテセはおとりのまま

同じくゴール前にいた枝村がそのボールをダイレクトにシュート。

ゴール!

前半アディショナルタイムという良い時間帯に清水が先制点。

清水1-0山形。

このまま前半終了。

Zimg_2312a

やはり上位と下位が戦うってのは

こういうことなんですね。

前半終了間際、アディショナルタイムもあと少しで終わるというところで

しっかりゴールを決めた清水。

これだよ。

がっつりいこうぜ。

Zimg_2321a

ハーフタイムを挟んで後半キックオフ。

山形はベンチにいた大黒が後半最初からピッチへ立った。

ジーコJAPANの頃はサブの切り札だった大黒。

この大黒を脅威とせず、蹴散らかす勢いで。

Zimg_2392a

大黒が抜けたかと思ったがオフサイド。

山形の最先端には大黒あり。

36歳の大黒が山形の機動力となる。

だがこちらも34歳の植草がゴールを守る。

ミドル対決だ。

Zimg_2397a

角田とビョン、最終ラインのボール回しに大黒が絡んでくる。

気になる存在だ。

いつか決めるのではという不安が湧く。

そうなる前に追加点を。

Zimg_2519a

金子がドリブルで攻めこむ。

GK山岸と一対一。

ここでGK山岸がペナルティエリアを出て、スライディングタックル。

倒される金子。

GK山岸にイエローカード。

この判断ができるのが山岸の能力だし、清水の杉山にはできないことだ。

Zimg_2550a

山岸のファウルではあったが

山岸の能力の高さを見せられた。

これと同じプレーを練習でやるのは簡単だ。

だが本番で大観衆の前で、ペナルティエリアを飛び出してスライディングタックル。

これができない杉山は弱い。

技術的には誰でもできることだが。

Zimg_2644a

残り30分。

山形も良い攻撃が続く。

だが下位に沈むチームの欠点がある。

どれだけ攻めてもゴールを割れない、逆に一瞬の隙でゴールを割られる。

そこにつけ込みたい清水。

Zimg_2647a

左サイドで松原がボールキープを続ける。

山形選手二人に囲まれ

どうにかクロスを上げられるかと思ったが

最後はファウルをとられてボールを奪われた。

もうちょいちょいだ。

Zimg_2651a

六平が右サイドからクロスを上げるも宇宙開発。

大きすぎるボールはゴールラインの遥か向こうへ。

遠くへ遥か遠くへ。

敵も味方も見上げる宇宙開発。

Zimg_2714a

今夜は8000人を超える動員。

山形が初めて日本平で試合をしたときは

コンコースで富士山を背景に記念撮影をする山形サポーターに溢れた。

静岡育ちですが富士山に登ったことがない私。

一度ぐらい登ってみるのもいいかもね。

日帰り登山は健康に悪そうなので山小屋利用が望ましいが

あの窮屈な雑魚寝に抵抗あるかも。

Zimg_2717a

若い人たちが健康を害しながらも日帰り登山をしますね。

夜明け前ぐらいから登り始めて

山頂に着いて、夜には麓に帰ってくるという。

みんな健康を害してますが。

Zimg_2741a

松原の攻撃参加が目立つ。

相手陣地でボールをこねくり回すもなかなかゴールに結びつかない。

時間の消化にはなっているが

このまま1-0で逃げきれるか。

1-0で勝つのは強いチームだが、清水は強いチームになれるか。

Zimg_2763a

アップをしていた大前が呼ばれた。

その直後、白崎のパスを受け取った金子がシュート、ゴール!

清水2-0山形。

ついに追加点。

大前が呼ばれたプレッシャーが金子に力を発揮させたか。

Zimg_2764a

金子とGKが一対一になったが

金子は上手くボールを蹴ることができず。

もったいない。

ここでもう一つ、大きな選手になってほしかった。

金子は足を引き摺り気味で、アクシデントがあったかもしれない。

Zimg_2815a

残り15分、その金子が下がって大前がピッチに登場。

悪夢のアウェイ町田戦。

100日ぶりに清水の背番号10が帰ってきた。

大前の応援ソングがゴール裏で歌われる。

Zimg_2833a

大前がさっそくシュート。

だがゴールの枠を外れた。

いけいけ大前。

コーナーキックも蹴り、ゲームに馴染んでいく。

Zimg_1211a

大前がドリブルで攻め込んだ。

このまま行けばGKと一対一。

だがそれを山形ディフェンスが後ろからユニフォームを引っ張って潰した。

これには主審も一発レッドカード。

山形ディフェンスは退場。

あと一歩だった。

Zimg_1210a

フリーキック。

ペナルティエリアのすぐ外で、直接狙うには近すぎる距離。

ボールにはテセと大前が並ぶ。

そしてテセはボールを追い越して前に走っていく。

大前が狙ってシュート。

ボールはゴールの右上隅に突き刺さりゴール!

清水3-0山形。

Zimg_1213a

大前の復帰戦をゴールで飾れて本当に嬉しい。

素晴らしい。

誰にとってもありがたい。

こんなに上手くいくのだなと感動。

Zimg_1235a

大喜びの大前の周りに選手だけでなく控えの選手達も集まる。

大きな歓喜。

100日ぶりの復活。

大前の見事なゴール。

その大前周辺の集まりに枝村が参加しないのも枝村らしくていい。

Zimg_1177a

残り5分、河井が下がって三浦が入った。

ディフェンス強化。

去年の試合ではこの3-0から追いつかれた。

ここからが去年のリベンジだ。

Zimg_1322a

3-0から3-3に追いつかれた去年の山形戦だった。

日本平が失望に沈んだ。

今年の山形戦は違うんだと証明したい。

大前のゴールが未来を切り開く。

今後の相手にとっても大前が脅威となる。

Zimg_1326a

だがここでコーナーキックから山形のヘディングシュートが決まった。

うーん、残念。

清水3-1山形。

三浦いまいち。

Zimg_1330a

残り2分。

テセを下げて長谷川が入った。

山形にやらせるな。

勝利をもぎ取れ。

Zimg_1336a

90分を過ぎてアディショナルタイム4分。

ガムを噛みながら戦うGK植草。

同じガムを90分、噛み続けるのだろうか。

ハーフタイムで新しいガムにチェンジだとしても、45分間噛み続けることになる。

私はガムを長時間噛み続けるのが苦手だ。

Zimg_1364a

清水は無理に攻めず、後方でのボール回しに徹する。

たまに前にボールが出ても、無理にせめずにまた下げる。

山形は一向にボールを奪えない。

完全に鳥籠。

山形が相当ばてている影響もあるだろうが

消してボールをとられない清水。

Zimg_1497a

そして試合終了。

この手のボール回しが数分に渡って上手くいくのも珍しい。

これは強さを感じた。

最後の失点だけは残念だったが、清水3-1山形、充分なリベンジとなった。

Zimg_1409a

ヒーローインタビューは金子と大前。

金子はやはり大前が呼ばれた姿を見て

どうしても決めなければならないと感じたようだ。

そしてヒーローインタビューに枝村が呼ばれないのも枝村らしい。

ゴール裏には背番号10のビッグフラッグが広がる。

体幹の太い大前のシルエット。

見事なフリーキック。

この勢いで戦い続ければ必ずJ1昇格できる。

|

« 闘莉王復帰 名古屋グランパス勝利 | トップページ | 清水エスパルス 5位  一つでも上の順位を目指して »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 闘莉王復帰 名古屋グランパス勝利 | トップページ | 清水エスパルス 5位  一つでも上の順位を目指して »