« W杯最終予選 日本 2-1 イラク  埼玉スタジアム | トップページ | ゆうかBD  ハニーハニー秋葉原 »

2016年10月 9日 (日)

清水エスパルス 2-0 町田ゼルビア  IAI日本平

Zimg_2820a

得点 大前 テセ

小雨降る日本平。

観客はポンチョ姿が目立つ。

Zimg_2849a

前半、町田がヘディングでGKへバックパス。

これを狙っていた大前がカット。

大前とGKが一対一。

大前は落ち着いたループシュートを決めてゴール。

清水先制。

清水1-0町田。

Zimg_2942a

大前はこの手のプレーが得意だ。

以前もGKの裏に忍びこみ、GKが足元でボールを転がしていたとき

ささっと奪ってゴールを決めてしまったことがある。

つねにつねに狙っているからこそ、ごくたまに決まる。

大前らしさ溢れるゴールだった。

Zimg_2944a

町田は谷澤が攻撃のキーとなっている。

ジェフのイメージが強い選手だ。

前半、シュートまで行くのだが、なかなか決まらない清水。

1-0でリードのまま前半終了。

Zimg_2981a

後半キックオフ。

雨がやんで強い西日が射す。

こうなると清水は逆光となり厳しい。

従来の清水はこのことに神経質になっていたが、小林監督は余り気にしない。

多くのスタジアムは西日をバックスタンドへ落ちるようにするが

土地のないところに建てたスタジアムは、どちらかの攻撃方向に西日が当たってしまう。

GK植草の踏ん張りどころ。

Zimg_3074a

残り25分、大前が下がって金子が入った。

ペナルティエリアの外側までは日陰になったが、まだ中は西日が強い。

GK植草は西日と戦う。

町田の中島のシュート。GK植草は膝で防ぎ、打ちあがったボールをキャッチ。

ぎりぎりの攻防。

Zimg_3075a

白崎の攻撃が潰されて、清水のフリーキック。

このプレーは実らず。

今度はテセが倒してしまい、町田のフリーキック。

だが町田のファウルでゴールキックに。

Zimg_3076a

残り10分、石毛が下がって村田が入った。

長居ではいまいちだった村田だが日本平でのピッチでは本領を発揮してくれるはず。

さっそく右サイドを貫く村田のドリブル。

バックスタンド最前の客たちは興奮するはず。

テセへのパスは繋がらなかったが、期待させるプレーだ。

Zimg_3078a

弦太のロングスローが続く。

当たり前にペナルティエリア内に入っていくスローイングボール。

またも右サイドの村田から中央のテセへクロスが入る。

だがなかなか触れないテセ。

Zimg_3080a

残り5分、果たしてこのまま1-0で逃げきれるか。

だがどこで決められるかわからない。

互いに疲労してきている。

この時期のデーゲームはきつい。

雨のあとの蒸し暑いなか、どの選手も尋常でない汗を掻き続ける。

Zimg_3091a

町田はリハンジェが下がり

戸島という191センチの巨人兵が入った。

これはわかりやすいプレーをしてくるだろう。

Zimg_3117a

左サイドから松原がクロスを上げた。

ペナルティエリア内で弾かれるも、こぼれ球を右サイドを走ってきた村田がゲット。

中へ折り返す。

ゴール前でボールを受けたチョンテセが、四人の町田ディフェンスに囲まれた。

町田ディフェンスの一人がテセを押し倒し、PKゲット。

良い時間でのPKだ。

Zimg_3129a

自らつかんだPK。

久しぶりのゴールを狙う。

入念に柔軟をするチョンテセ。

そしてテセの見事なゴール。

清水2-0町田。

Zimg_3130a

ゴールを決めたあとのなんとも安心したテセの顔。

だがまだ時間は残っている。

90分が終わり、アディショナルタイム3分に突入。

Zimg_3131a

ここでセンターサークルにいたテセが倒れた。

審判が試合をとめる。

町田の選手が全員集まってテセを急かす。町田のGKまでセンターサークルに駆けつけ、急かす。

テセはピッチの外へ。

北川が入った。

Zimg_3135a

北川はさっそくヘディングシュートを放つも枠をとらえず。

そのあと町田の猛攻。

町田のコーナーキックだ。

これが実らず、清水がボールを持ったところで試合終了。

Zimg_3136a

勝てて良かった。

いつだって僅かの差だ。

だがこの差が強いチームは必ず出せる。

GKへのバックスパスの甘さを狙って仕留めた大前。

ペナルティエリア内で四人に囲まれ、PKを獲得したテセ。

試合巧者だった。

力強く勝ち点3。

Zimg_3137a

試合後には清水にゆかりのある町田の選手たちが

清水の選手たちに握手を求めに来た。

町田ゼルビアとの和解。

引きずってはいけない。

また何か起こるのではと怖かった。

だがたとえ納得できなくても、理解できなくても、含んで前に進むことも大事だ。

Zimg_3187a

残り7試合。

当初の目標である4位という順位に辿り着いた。

当然ながら他の上位チームも勝ち続ける。デットヒートだ。

Zimg_3194a

2位の松本と勝ち点差5。

松本は残りの7試合、はっきり言って楽だ。楽な相手。

残り全勝してもこの勝ち点差5が縮まるかどうかはわからない。

これは直接対決で清水が負けたので仕方ない差だ。

Zimg_3225a

もし直接対決で清水が勝っていれば、清水に+3、松本に-3なので

清水が2位に浮上できていただろう。

だが現実的に松本に敗れたので、勝ち点5差。

直接負けた事実は大きい。そしてそこからよく立て直したものだ。

Zimg_3226a

2位の松本は強いが、3位のセレッソはまだわからない。

次節が岡山。岡山がセレッソを食ってくれることを願う。

セレッソとの勝ち点差3。

勝ち点が並べば清水に分がある。

プレーオフに3位出場すれば、この日本平ですべての試合を戦える。

日本平こそ清水。

Zimg_3229a

次はアウェイのツエーゲン金沢戦。

選手のポテンシャルで比べれば簡単に思われるが

金沢のピッチは容易くない。

アウェイでは惨敗する金沢だが、ホームでは渋く勝ち、渋くドロー。

アウェイのような惨敗がないのが特徴的。

Zimg_3281a

松本にどうしても届かない差があるのは苦しいが

プレーオフに3位で参加し、日本平と共に戦うという実現可能な目標。

これを得るため金沢にアウェイで勝つ。

Zimg_2818a

|

« W杯最終予選 日本 2-1 イラク  埼玉スタジアム | トップページ | ゆうかBD  ハニーハニー秋葉原 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« W杯最終予選 日本 2-1 イラク  埼玉スタジアム | トップページ | ゆうかBD  ハニーハニー秋葉原 »