« 洩矢諏訪子 夢の東方タッグ編  天津いちは  秋季例大祭2016 | トップページ | HoneyHoney Halloween Live 2016  原宿アストロホール »

2016年10月23日 (日)

清水エスパルス 2-0 ギラヴァンツ北九州  IAI日本平

Zimg_2824a

得点 大前 テセ

J2リーグも残り6試合、一戦一戦勝つだけだ。

スタメンは変わらず。

GK植草、DFは中央に犬飼と角田、サイドに三浦、松原。

MFは底に本田、竹内、ワイドに白崎、石毛。

FWは大前とテセ。

あと一回のイエローカードで出場停止となるのは大前、テセ、犬飼、本田。

大前とテセと欠くと、ゲームプランも大きく変わってくる。

Zimg_2825a

ギラヴァンツ北九州は長年鹿島の10番だった本山がスタメン。

ジーコJAPANのときは毎回代表に呼ばれるも試合に使われなかった。

最後もW杯には呼ばず、本山はジーコファミリーの中で低い扱いだった。

J2歴の長い小松も気になる選手。

柱谷監督はスイカップ古瀬絵里との関係が話題になったこともあり

大きな展望や大きな展開を考えていることが予想される。

Zimg_2828a

北九州サポーターも来てますが、まとまりがない。

普通、人数が少ないなりに一か所に固まって応援するものだ。

清水が遠方のアウェイ試合となっても、少ない人数が固まる。

だが北九州サポーターはアウェイゴール裏で疎らに散らばっている。

この散らばりが北九州なのだろうか。

Zimg_2831a

キックオフ。

指笛が相変わらず大きな清水の応援。

スタジアムで応援してるとほとんど気にならないが

テレビのマイクでやけに大きく拾う傾向にある。

以前は指笛に嫌悪があったが、今はもはや仕方なしとあきらめだ。

嫌なら試合を見なきゃいいし、スタジアムに行かなきゃいいと言われてしまう。

残念だが自分一人を中心に世の中は回ってない。

指笛応援がJリーグのスタンダードになるなら、従うより他ない。

でもうざいもんですね。選手への応援には到底ならない、他人を侮辱する音ですし。

Zimg_2856a

大前がシュートを放つもポストに当たった。

こぼれ球をテセがさらに撃つもオフサイド。

決めるところで決めていきたい。

石毛がシュートを放つも枠をとらえず。

テセはウタカ並みにドリブルでボールをとられない。

Zimg_2878a

右サイドの弦太を経由する攻撃が多い。

左サイドの松原が余り使われない。

ブーイングの指笛ならともかく

応援ソングに合わせて指笛を吹くのだから異常だ。

酔っ払いもいれば怒鳴り散らす者もいる客席なので

指笛も自由なのだろう。

Jリーグ独自の文化。

他の地域なら差別的な発言や侮辱と同等の指笛だからね。

Zimg_0322a

大前のコーナーキック。

北九州が外に出して、逆側からもう一度、大前のコーナーキック。

シュートまで行かず。

石毛とGKが一対一になるも、シュートを撃つため振りかぶってる間に

北九州ディフェンスがスライディングで入り、シュートは大きくぶれた。

Zimg_0344a

北九州のコーナーキック。

蹴るのは本山。

ニアに蹴ってきた。密集する選手達。

外へ掻き出したものの、北九州の攻撃が続く。

Zimg_0346a

大前のフリーキック。

犬飼がそのボールを受けてヘディングシュートを放つも、バーの上へ。

久しぶりに左の松原が起点となっての攻撃。

清水の攻撃が続き、北九州に弾かれるも、セカンドボールを清水が拾い続ける。

清水が波状攻撃となっているが、あと一歩ゴールに届かない。

Zimg_0347a

清水のシュートが決まってスタジアムが沸き

ゴールのコールがスピーカーから放たれるも

明らかにオフサイド。

苦笑いの竹内。

ますます黒くなっていく竹内。

Zimg_0381a

北九州、本山のコーナーキック。

北九州はユニフォームの胸スポンサーがTOTOだ。

本山はINAXたるLIXILの鹿島から、TOTOの北九州へ移籍したわけだ。

TOTOは北九州の企業なんだ。

絲山明子氏が勤めていたのはINAX。

本山もINAX/LIXILからTOTOへ移籍するとは、なかなかの芸者ぶりである。

Zimg_0387a

TOTOとINAXが便器の二強。

最近の洋式便器は、和式のような深い窪みがあります。

和と洋、両方の良い部分をとった結果なのでしょう。

最近の洋式便器は飛び跳ねも少ない設計といいますし、日進月歩。

ウォシュレットもまるで手で拭かれているような高性能なものに。

Zimg_0400a

右サイドの石毛がクロスを放ち

ペナルティエリア内にいた白崎がゴール前へヘディングで折り返す。

ゴール真正面には大前。

大前とGKの間には北九州選手もいてオフサイドにならず。

大前がシュートを放ち、ゴール!

清水先制。

清水1-0北九州。

Zimg_0436a

北九州は小松に代えて大島。

大島はマリノス時代が印象に濃い。

清水が最終ラインでボール回し。

北九州はまったく追いかけてこない。

そこで清水は延々とボール回し。

ここまで停滞するのも珍しい。

Zimg_0447a

胸スポンサーがTOTOだとトイレへ行きたくなってくる。

もちろん試合内容にのめりこんでいるが

サブリミナル効果的にTOTOが押し寄せてきてトイレへ誘う。

北九州の選手達も互いのユニフォームのTOTOを意識するだろう。

特にアウェイの白系ユニフォームだと、便器を連想する。

これを味方にできるか、それとも自分達ですら困惑していくのか。

良くも悪くもTOTO効果が押し寄せる。

Zimg_0456a

前半終了。

押せ押せだったわりに1-0。

フットボールは難しい。

両チームとも選手達はトイレへ直行だろう。

観客もトイレへ駆け込む様子が想像される。

北九州というよりTOTOと戦っている。

TOTOは北九州のメーカーだったんだ。

Zimg_0466a

後半キックオフ。

前半の終わりと同じで、清水が最終ラインでボール回し。

北九州は全然取りに来ない。

このまま1-0で終われるかというと悩ましい。

どこかで攻めたい。

北九州がボールを全然取りに来ない。

Zimg_0498a

J1昇格するには厳しいプレーオフを勝ち抜かなければならない。

プレーオフで勝つには、リーグ戦を連勝し続けて終え

そのままプレーオフも勝ち続ける。

これしかない。

これが2016年の清水の締めくくり方。

Zimg_1367a

松原がドリブルでゴール前に行くも

最後は北九州の選手にユニフォームを後ろから引っ張られ、突破できず。

主審の目の前だったので笛が吹かれるかと思いきや

主審は謎のアドバンテージをとり、手のひらを差し出し、プレーの続行を促す。

仕方なく、松原はプレーし続けるも実を結ばず。

主審の珍しい行動。

Zimg_1381a

本田が倒された。

少し間違えばカニバサミになりそうな当たりだったが

なんとか足を引き抜いて倒れた。

この試合はアドレナリン全開で乗り切るだろうが

今後に響かないか不安要素。

Zimg_1398a

このまま一点どまりだと怖い。

実況は鼓舞鼓舞とひたすら言う。

監督が選手を鼓舞しています。

鼓舞。

もはや鼓舞はサッカー用語と化した。

Zimg_1424a

北九州が引いているので下手に攻められないのもわかるが

清水も消極的になりすぎている。

ロングフィードを上げようが、これだけ守備的だと北九州がボールをとるだろう。

だがそれにしても、なかなか攻めない清水。

北九州も攻めない。

いかに攻めないかというゲームになってしまっている。

Zimg_1602a

残り25分。

北九州は本山を下げて内藤。

手詰まりな北九州であるが、差は一点。

何があるかわからない。

北九州はゴール前で福田が競り勝つシーンがたびたびある。

身長190センチ近い巨人。

Zimg_1605a

残り20分。

石毛を下げて村田。

さっそく村田が右サイドをドリブルで駆け上がる。

盛り上がるスタジアム。

この雰囲気を得点にまで繋げたい。

Zimg_1643a

大前が足の痛さをアピールしている。

このまま1-0でいけたらいいが。

村田がごりごりドリブルで攻めるシーンが増える。

あと一歩、ゴールを割りたい。

Zimg_1648a

北九州の黒人選手が本田に全速力でぶつかってきた。

真後ろから追突されたので

本田は倒れたまま、なかなか起き上がれない。

さすがにイエローカードが出された。

外国籍の選手が刃物のような戦意を見せる。

Zimg_1659a

清水の攻撃、ドリブルする選手を北九州が張り倒した。

間近で見ていたにもかかわらず、ノーファウルのジェスチャーを示す主審。

怒りのどよめきが起こるスタジアム。

この主審、何かジャッジ基準が根底からずれている気がする。

優柔不断なわけではなく、根柢のジャッジ基準が何か歪んでいる。

Zimg_1688a

残り10分、このまま逃げ切れるんだろうか。

渋い試合だ。

ここで大前を下げて金子が入った。

キャプテンマークは犬飼に。

小さな大前がさらに小さな金子に。

Zimg_1710a

金子がぶっ倒れてフリーキックを獲得。

ゴール前では北九州の大前がヘディングし、ラインを割ってコーナーキック。

だが実を結ばず。

渋いなあ。

血の気が多かった北九州の黒人選手、ここで下げられ多田が入った。

Zimg_1715a

残り5分、しんどい時間。

北九州のユニフォームの背中スポンサーは安川電機。

安川電機は工場で使うロボットを製造している。

これは清水の背中スポンサーIAIとライバルではないのか。

IAIと安川電機の戦いでもある。

Zimg_1745a

90分を過ぎてアディショナルタイム4分に突入。

かなわんです、この試合展開。

攻められるのに、ボールポゼッションは圧倒するのに

一点しか獲れていない現実。

こなったらもう時間稼ぎだ。

時間を潰すぞ。

Zimg_1759a

本田が倒されたまま復活できない。

ピッチに入ったスタッフは丸のサイン。

だが本田は足を引き摺りながらラインの外に出た。

清水は10人。

Zimg_1766a

だが10人の清水が攻められたあと、カウンター。

テセがボールを運び、最後は村田がシュート。

その村田のシュートを北九州がハンドでとめた。

当たってしまったというハンドではなく

バレーボールのレシーブのような止め方だった。

これはひどい。

Zimg_1784a

PKを蹴るのはテセ。

良い時間にPKがとれた。

これが決まるか決まらないかというより、時間が潰せて試合に勝てる。

本田の代わりに二見が入った。

やけに笑顔な二見。

Zimg_1800a

テセは落ち着いてPKのシュートを撃ち、ゴール!

清水2-0北九州。

あのハンドは珍しかった。

バレーボールの回転レシーブだな。

全身で飛び込んで腕を伸ばして掻き出していた。

人間はとっさにあんな行動をしてしまうのだろうか。

Zimg_1807a

試合終了。

終わってみれば2-0の勝利。

渋い試合だった。

北九州の選手達はJ3落ちの危機にもかかわらず、戦意が弱かった。

試合終了後も即笑顔でプレーを称え合っている。

そうしたチームのムードをどう変えていけるか。

去年の清水もまるで同じだった。

Zimg_1810a

ヒーローインタビューは大前。

そうっすね、そうっすね、と答える大前。

わりと社交辞令なことしか言わず去る大前。

もう少しユーモアも欲しいところ。

Zimg_1818a

松本と愛媛の試合は0-0のスコアレスで前半終了。

セレッソと山形は1-0でセレッソリードで前半終了。

この二試合の行方は気になる。

松本と愛媛の試合を見る。

相変わらずなアルウィンのピッチ。

穴ぼこだらけ。

Zimg_1822a

札幌の試合は土曜にあり、ホームでヴェルディに負けている。

今さら札幌が負けようが遠すぎる。

だが松本は札幌を越えて優勝を狙っているようで、次元が違う。

愛媛は選手達は白のアウェイユニだが

ゴール裏のサポーター達を見るに、赤に近いオレンジだ。

Zimg_1837a

松本×愛媛を見ているが、どっちもどっちな感じだ。

劣悪なピッチなのでドリブルが少なく

必然的にパスが多用され、ボールだけが動いていく。

省エネ的にも見えるが、このピッチで踏ん張るのも大変そう。

Zimg_1867a

やはりドリブルが効かないピッチだ。

どちらがドリブルで攻め入っても、守備が確実に間に合う。

このピッチでドリブルしながらのカウンターというのは困難。

愛媛は守備にかわったとき、陣形が少しあやふや。

そこを突きたい松本。

長くやっていくと、どこかで松本がそれを決めそう。

Zimg_1885a

松本がチャンスでかい。

このピッチに慣れている。

愛媛がちぐはぐになりがちなのは、ピッチの性質への戸惑いだ。

松本攻撃のあと愛媛のカウンターとなったが

やはりドリブルで攻め上がることができない。

守備が完璧に間に合う。

このピッチとどう付き合うか。

Zimg_1894a

ここでセレッソ×山形が動いた。

山形の大黒がゴールを決め、セレッソ1-1山形。

セレッソは玉田が決め、山形は大黒が決め、まるでジーコJAPAN。

かつてのスター達が今はJ2でプレー。

いいぞ、山形、このまま頑張れ。

Zimg_1909a

清水も北九州相手にきりきり舞い。

楽な試合などまったくない。

清水は京都、岡山との試合を残していて、プレーオフ圏同士のきつい試合となる。

この大きな山を越えなければならない。

Zimg_1949a

だがついに愛媛がゴールを決めた。

シュートボールはピッチにバウンドしながらコーナーポストに当たり、

ボールはゴールの内側に跳ねてくれて、吸い込まれていった。

愛媛先制!

松本0-1愛媛。

このまま頼むぜ、愛媛。

Zimg_1973a

と思ったら、愛媛がPKを献上。

なんだよ愛媛。

ゴール後にさっそくPK献上とは。

うーん、審判も厳しい。

松本がお好きですか。

甘くないな。

Zimg_1974a

そしてPKをしっかり決め、松本ゴール。

松本1-1愛媛。

なんとしても松本に勝たせたいか。

あれでPK判定は厳しい。

サッカー界では松本が好まれてるということなのだろう。

好感度抜群な松本。

かなり睨まれていそうな清水。

どうでもよく思われるな愛媛!

Zimg_1985a

そして同時刻にセレッソ×山形でもPKが行われたようだ。

山形の大黒がPKをしっかり決め、2ゴール目。

セレッソ1-2山形。

この試合展開は素晴らしい。

だが愛媛が、愛媛が、愛媛頑張れ。

松本が負けることが最も大事なんじゃ。

Zimg_2766a

どちらの試合も残り10分。

山形の頑張りは本当に嬉しい。

だが2位の松本を引きずり下さなくては何も始まらない。

あの程度のプレーでPKをとってもらえて

松本の好感度は凄まじいわ。

ゴールを奪われたあと、すぐにPKを貰えるという待遇だし。

Zimg_2790a

残り5分。

松本にこうした神風が吹き続けるとなると、3位以下のクラブにとっては厳しい。

ゴール前の多少の混雑でPKとは

しかも失点後にすぐPKとは

この主審だけの気持ちならいいが、Jリーグ全体としての気持ちだとしたら、きつい。

来年から予算が大幅に増えるだろうJ1リーグ。

リーグ側が望むのは松本なのか。やはりチャンスは松本に多く、シュートまで行く。

あと一歩で防いでいる愛媛。

そんな愛媛がシュートまで行くのは難しくなってきている。

頑張れ愛媛!

Zimg_2805a

90分を過ぎてアディショナルタイム3分に突入。

松本はGKと一対一になるも、愛媛のGKがシュートボールを弾いた。

もうこうなったら、なんとかドローで終わらせてくれ。

だが松本の波状攻撃。松本のフリーキック。

ボールを前へ移動させても何も言わない主審。

松本の勢いが強い。

松本のコーナーキック。

また松本のぶっ倒れ芸が炸裂するのか。

なんとか掻き出す愛媛。愛媛のカウンター。

それは実を結ばず1-1のドローで試合終了。

Zimg_2809a

愛媛は悔しかった。

あれでPKが貰えるとは、松本はなんでもありだな。

Jリーグに限ってジャッジの買収はない。

あくまで松本の好感度だろう。

そしてセレッソと山形の試合。

後半アディショナルタイム、最後の最後でセレッソがゴールを決めた。

セレッソ2-2山形で試合終了。

セレッソは前半も後半もアディショナルタイムでゴールを決めた。

どっちの試合も渋いですなあ。

Zimg_2922a

というわけで、清水エスパルスは今季最高の3位に浮上しました。

3位が現実的な目標だったので嬉しい。

残り5試合、清水は京都や岡山との試合を残していて、正直きつい。

だが残りを勝ち続ければ3位よりは落ちない。

そしてプレーオフを全試合日本平で開催できる。

3位という現実的な目標に辿り着いた。

初の3位。

2位の松本とは勝ち点差3。

松本には神風が吹いているし、あのアルウィンのピッチだしで

なかなかどうして松本は強い。

残り5試合。

勝ち点差3はなんとか手が届く距離だ。

勝ち点で並べば得失点差で清水が上回れる。

Zimg_2924a

2位 松本 72 (自動昇格圏)

3位 清水 69 (プレーオフ)

4位 大阪 68 (プレーオフ)

といった並び。

デッドヒートが続く。

次のアウェイ群馬は正田醤油陸上がひどいピッチであり、松本アルウィンのようなもの。

どうすりゃいいかなんてゴールを決めるだけ。頼む、勝ってくれ。

Zimg_2956a

3位でプレーオフに出れば、全試合ドロー勝ち抜けもできる。

2位の松本に吹いている神風、好感度抜群の松本が得ているアドバンテージを

リーグや協会がどう見るか。

それともJ2なんて見てないのか。

愛媛は悔しかったが本当に頑張ってくれた。

3位の清水エスパルス、残り5試合。戦い抜く。

テセと大前があと一枚のカード累積で出場停止となったとき

どれだけ踏ん張れるかも残り5試合の課題だ。

プレーオフはリーグ戦のカード累積が関係ない。無傷でそこまで辿り着けたら一番いい。

もし無傷なら、夢の2位フィニッシュもありえるが、現状、そこまで楽観的になれない。

GK植草は気づけば清水で10試合連続フル出場。

この補強ばっかりはクラブの力を尊敬する他ない。

|

« 洩矢諏訪子 夢の東方タッグ編  天津いちは  秋季例大祭2016 | トップページ | HoneyHoney Halloween Live 2016  原宿アストロホール »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洩矢諏訪子 夢の東方タッグ編  天津いちは  秋季例大祭2016 | トップページ | HoneyHoney Halloween Live 2016  原宿アストロホール »