« 富士通フロンティアーズ 34-0 エレコム神戸ファイニーズ  川崎 | トップページ | オール三菱ライオンズ 44-17 東京ガスクリエイターズ  川崎 »

2016年10月16日 (日)

ツエーゲン金沢 0-3 清水エスパルス  石川西部緑地陸上

Zimg_3252a

得点 テセ 大前 テセ

金沢でのアウェイゲーム。

日本海側、北陸での試合。

どの地方の県庁所在地にもありそうな、だだっ広い陸上競技場。

客席はガラガラ。

そんなありがちなJ2の光景。

Zimg_3249a

昇格争いのライバルであるセレッソ大阪とファジアーノ岡山の対決は

ひと足先に終わってドロー。

岡山に勝ってほしかったが、まずまず。

セレッソにこれ以上引き離されないためにも、必ず勝ちたい金沢戦。

Zimg_2859a

清水のスタメンは前節同様。

犬飼や三浦、石毛というメンツが金沢戦でもスタメン入りしている。

相手の金沢は、元清水の辻尾がいる。

懐かしの辻尾JAPAN。

親が佐川急便の親会社の佐川ホールディングの社長ということで

関連会社の人たちが数千人規模で応援しに来たものだった。

そして廣井もいる。

Zimg_2869a

キックオフ。

ピッチコンディションは禿げ上がりが見られるものの

砂土ごと捲れるということはない。

パス回しの流れも悪くない。

Zimg_2879a

清水は幾らかチャンスが巡ってくるが、決めきれない。

金沢の決定機は、あと一手という段階で、清水ディフェンスがクリアできている。

加熱せずにセーブ気味に試合が流れていく。

この停滞は良くないものだ。

金沢ペースともいえる。

Zimg_3024a

まったりペースのなか、金沢が徐々に押してくる。

このペースだと、相手のポテンシャルを落とせるという金沢の意図にも思える。

清水はもう少しテンポアップして攻撃したい。

Zimg_3071a

右サイドの三浦が高い位置に上がっている。

三浦がパスされたボールをヘディングでペナルティエリア内へ押しこんだ。

そのボールを石毛が必死にキープ。

再び三浦に返す。

三浦はそのままゴール前にクロスを上げた。

ゴール前に上がった高いボールをチョンテセがヘディングシュート、ゴール!

清水先制。

金沢0-1清水。

Zimg_3072a

テセは金沢ディフェンスに挟まれていたが

センターバックの彼らより高い位置まで飛び上がり、

強烈なヘディングで押しこんだ。

同じようなシーンは金沢も作っていたのだが、ものにできずにいる。

清水は個々の選手のポテンシャルの高さでものにした。

これもフットボール。

Zimg_3086a

清水が怒涛の攻撃で押せ押せだが、最後まで決まらない。

こうしたチャンスの連続で一度も決まらないと、後々厳しくなるものだ。

これだけの押せ押せペースなら、ゴールがほしい。

金沢がゴール前で耐えきっている。

たとえボール回しが上手くいっても、演技や芸術点が入る競技ではないので意味はない。

これだけ攻めていてゴールが生まれないのはつらい。

Zimg_3092a

そのまま前半終了。

ほとんど清水がボール保持し続けた。

それでいて一点だけとは、渋い展開が予想され、うーん苦い。

フットボールはこの手の状態だと厳しくなる。

Zimg_3094a

大前は廣井と談笑しながらピッチに入ってきた。

後半キックオフ。

清水は相手ボールのカットがわりとできる。

パスをカットするだけでなく、一対一でドリブル中もカットする。

これだけできてまだ一点。

Zimg_3098a

なんとも渋い予感。

どこかで一発決められたら終わりだ。

勝ち点3が絶対ほしい。

Zimg_3100a

金沢に対して楽にいけてるのは、金沢がラフプレーをまるでしてこないおかげもある。

町田のような無法集団でない。

そのため金沢は現在の順位かもしれない。

J2下位に沈みながら徹底した紳士ぶりだ。

これが良いのか悪いのか、答えは出せない。

Zimg_3107a

ボールを持った大前がGKと一対一。

だがシュートを撃つ前に金沢ディフェンス四人に囲まれてチャンスは消えた。

らしくない。

こうしたことの繰り返しでは厳しい。

どうした清水。

Zimg_3112a

金沢0-1清水のまま終われたらいいが、簡単なことではない。

白崎は二回連続でクロスにジャストフィットできず。

ちとピントが合わない。

Zimg_3122a

そういえば陸上競技場にしては結構見やすいカメラアングル。

メインスタンドのかなり高い位置にカメラ台を置けているのだろう。

ピッチが前後にくしゃっと潰れず、ゴール前もわりと見やすい。

これは石川の良い点だ。

Zimg_3125a

清水のゴール裏が映されるたび、いつもの面々が応援していて頭が下がる。

日本全国どこでも行くなあ。全試合。

これがオレンジ魂。

Zimg_3140a

後半が始まって10分、石毛が下がって村田が入った。

これだけの波状攻撃を続けていて、石毛は機能していた。

だがこんなに攻め続けているのに一点だけなのかという不安はあった。

そこを打破してほしい村田。

Zimg_3141a

試合全体を優位に進めすぎている清水だが

幾ら優雅なボール回しやカウンターを演出しても

ゴールに結びつかねばつらい。

Zimg_3143a

前線に上がったボールをテセが受け取った。

共に前線へ走りこんでいた大前にパス。

大前はGKとの一対一を征してシュート、ゴール!

金沢0-2清水。

Zimg_3150a

猛烈な攻撃が続き、やっとこさ二点目。

苦労した。

フットボールはたとえ実力差があっても得点差に結びつかず、難しい。

やっとこじ開けることができた。

この試合、清水10本目のシュートがようやく二点目のゴールに結びついた。

Zimg_3156a

村田の活躍。

ボールを得た村田は俊足を生かして、金沢の選手達をおいてけぼりにして

ぐいぐいドリブルでボールを持ち上げる。

そして最後は並走してきたテセにパス。

テセが確実なシュート、ゴール!

清水三点目。

金沢0-3清水。

Zimg_3163a

もっともっと行こう。オレンジダイナマイト!

残り20分、大前を下げて金子が入った。

金沢もそこそこ攻めてくるが、いかんせん、最後の部分でポテンシャルの低さが目立つ。

清水はテセや大前のポテンシャルの高さがゴールに繋がっている。

金沢の赤いユニフォームは名古屋グランパスを思わせる。

Zimg_3164a

残り15分、竹内が下がって杉山浩太が入った。

いやあ、オレンジレジスタ、ついにピッチへ。

ゴトビ時代のゾーンディフェンスは平岡や浩太がはまりましたね。

ユースを全力で応援する層はゴトビが嫌いだったかもしれないけど

浩太を最大に生かせたのはゴトビだったと思う。

そして最後は関係が破綻した。

Zimg_3166a

平岡や浩太はゴトビ時代、監督からもつらく当たられ、サポーターとの関係もこじれた。

だがプロ生活全般を通じて、ゴトビ時代が最も活躍していた。

この手のギャップというか、ちぐはぐな結果は人生において多くみられる。

あんなに最悪だった時期に最高の結果を残し続けるという。

逆に環境が最高になったら最悪の結果続きでJ2落ちしたり。

これが人生つねですね。

Zimg_3169a

その大波を掻い潜って、清水エスパルスという集団が

選手だけでなくサポーターやスポンサーも含めこの大世帯が

大人になってさらに進化していく。

Zimg_3177a

金沢は本当にあと一歩が決まらないな。

あと一歩が埋まらないのは金沢の戦意が劣っているからではなく

選手個々のポテンシャルの差だ。

Zimg_3178a

この陸上競技場だが、手前のサイドライン際がアップになると

選手達をかなり頭上から映すことになる。

メインスタンドのカメラ位置が相当高いか

もしくは余りピッチと離れていないことが予想される。

メインスタンドだけは画面に映らないので、どうなっているかはわからない。

Zimg_3181a

90分が過ぎてアディショナルタイム3分に突入。

最後は特にロングスローは行わなかった三浦の普通のスローインが投げられたところで

試合終了。

Zimg_3182a

きっちり勝てました。

弱いチームにアウェイできっちり勝つのも大変なものだ。

ゴールできるときは、いつだってぎりぎり。

失点を防ぐときも、いつだってぎりぎり。

辻尾と廣井が清水ゴール裏に挨拶に来た。

Zimg_3201a

残り6試合。

清水エスパルスは4位。

3位のセレッソが分けてくれたため、3位とは勝ち点差1まで迫った。

3位になるという目標が現実的に近づいてくる。

プレーオフをすべてIAI日本平でやれる権利。

これが近づいてくる。

Zimg_3206a

憎いのは勝ち続ける2位の松本。

2位の松本との勝ち点差5は縮まらず。

松本の残り6試合は相手が下位ばかり。

Zimg_3207a

この勝ち点差5は、松本アルウィンの直接対決で清水が勝っていれば

順位が逆に入れ替わるものだったわけで

直接負けてなんとも言えない清水でもある。

Zimg_3208a

あのアルウィンは大きな山場であり、完敗した清水だったが

そこから立て直せたのが素晴らしい。

まだまだ生き続ける清水。

Zimg_3215a

セレッソにはヤンマー陸上で勝ったし、勝ち点差1をひっくり返し

絶対に3位に上がろう。

残り6試合で松本が2試合も負けるというのは現実的ではない。

このつらさと悔しさはつきまとう。

だが絶対勝つ。

勝ってやる。

勝利がある。

Zimg_3219a

残り6試合、猛烈な戦いを見せる。

最強の状態でプレーオフへ入る。

Zimg_3221a

もし昇格を逃せば、主力選手が去っていき

来年はまた一からチームを組み立てることになる。

このチームがまた来年もJ2でいくことは良くも悪くもない。

来年もこのチームがあり続けるならJ1だけだ。

その切なさも抱えつつ、残り6試合、全力で。

Zimg_3231a

プレーオフのファイナルがIAI日本平になるか、ヤンマー長居になるかわからないが

セレッソ大阪と対決して勝たないとJ1へ行けないのだろうという予感は強い。

セレッソの残りの対戦カードは楽だ。

2位から4位までが全チーム残り全勝していく予感もある。

昇格の枠は狭い。

Zimg_3232a

このチームを来年も見たい。

その欲が高まっている。

最高のチームだ。

また来年J2だと、多くの主力は去る。

J1なら、またこのチームが見られる。

また来年もこのチームを見るために、次の北九州戦も勝つ。

Zimg_3233a

|

« 富士通フロンティアーズ 34-0 エレコム神戸ファイニーズ  川崎 | トップページ | オール三菱ライオンズ 44-17 東京ガスクリエイターズ  川崎 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士通フロンティアーズ 34-0 エレコム神戸ファイニーズ  川崎 | トップページ | オール三菱ライオンズ 44-17 東京ガスクリエイターズ  川崎 »