« 王立アフィリア・クロニクルS 秋葉原 | トップページ | 富士通フロンティアーズ 34-0 エレコム神戸ファイニーズ  川崎 »

2016年10月16日 (日)

ヤマザキビスケットカンパニーYBCルヴァンカップ 浦和レッズ優勝

Zimg_1676a

ガンバ大阪1(4PK5)1浦和レッズ

得点 アデミウソン 李忠成

J1リーグのカップ戦ですので、J2の清水は関係ない世界。

延長戦でも決着つかず、最後にPKで決めるのは盛り上がるけど

負けた方はつらいよね。

長谷川健太のシルバーぶりが復活か。

浦和は埼玉スタジアムの激ゆる傾斜ぶりを誇りに

Jリーグの一番人気チームとして頑張ってください。

Zimg_1616a

GKの西川がPKを一本止めたそうで

これほどGKの価値が上がる場面も滅多にない。カップ戦ならでは。

西川は代表のスタメンにも定着して、人生のピークを迎える。

私が大分の練習場で会ったときの田舎サムライではない。

今や大都会さいたまの守護神。

Zimg_1709a

長年、ヤマザキナビスコカップという名称だったわけですが

ヤマザキとナビスコがコンビ解消して消滅。

これまではヤマザキパンがナビスコの商品をライセンス取得して、日本で製造販売してきた。

だがナビスコは別の業者と組み、新たな工場でオレオやリッツの製造を始めた。

Zimg_1653a

今のところコンビニではオレオやリッツが見かけられ、ナビスコは健在だ。

一方、ヤマザキビスケット株式会社が新たに立ち上がり

これまで同様の工場で作った、これまで同様のオレオやリッツを新たなネーミングで発売。

リッツの新たな名前がルヴァンだ。

Zimg_1686a

小売店を見るに、まだまだルヴァンは劣勢に思えるし

味の変わったナビスコのリッツもいまいちで

両者痛み分けといった現状。

ここらでJリーグが起爆剤となり、ルヴァンな世の中にしようとカップ戦のファイナル。

でもやっぱ沢口靖子がルヴァンパーティーを開かないと

新たなヤマザキビスケットカンパニーの時代は始まらない気がする。

一番大切なのはパーティーだ。

Zimg_1651a

|

« 王立アフィリア・クロニクルS 秋葉原 | トップページ | 富士通フロンティアーズ 34-0 エレコム神戸ファイニーズ  川崎 »

Jリーグ・海外・代表 フットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 王立アフィリア・クロニクルS 秋葉原 | トップページ | 富士通フロンティアーズ 34-0 エレコム神戸ファイニーズ  川崎 »