« Sony Solidstate 31-19 ラングラーズ  大井第二球技場 | トップページ | 富士ゼロックスミネルヴァ 39-21 クレーンズ  大井第二球技場 »

2016年11月 1日 (火)

バーバリアン 43-14 オックス川崎  大井第二球技場

Zimg_6385a

二試合目はバーバリアンとオックス川崎の試合。

バーバリアンの試合を見るのは久しぶり。

相変わらずの曇り空。

晴れるかなと期待しつつも、曇ったままだった。

見上げても青い空はまるで見えず。

寒いもんです。

Zimg_6390a

バーバリアンが圧倒する試合展開。

X2の試合はXリーグとは違い

怪我をしないように抑え気味にプレーする印象があるのですが

バーバリアンは激しかった。

容赦なくぶつかり合う。

Zimg_6399a

オックス川崎は重量級な選手が少なく

どうしても体格の差で押し切られてしまうシーンが多かった。

戦術的にはディフェンスできているのに

一対一では振り切られるし、一対二と数で勝ってもまだ振り切られる。

三人、四人と被さってようやく

バーバリアンオフェンスをとめられる具合だった。

Zimg_6408a

オックス川崎の攻撃は

長い距離のパスで攻めようとしていた前半はいまいちだった。

後半は単純に、クォーターバックから近くの選手にボールを渡し

その選手が走って攻めるという戦術に変わった。

それがわりと上手くいき、タッチダウンまで持ちこめた。

体格差を考えてパス攻撃を選んだのだろうが

やはりランプレーがマシだったという。

走ることにかけては、捕まらなければ軽量級でもぐいぐい進めますしね。

Zimg_4820a

バーバリアンのチアリーダー、バービーズ。

キャプテンが不在で少し残念でしたが

明るく試合を盛り上げてくれました。

|

« Sony Solidstate 31-19 ラングラーズ  大井第二球技場 | トップページ | 富士ゼロックスミネルヴァ 39-21 クレーンズ  大井第二球技場 »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Sony Solidstate 31-19 ラングラーズ  大井第二球技場 | トップページ | 富士ゼロックスミネルヴァ 39-21 クレーンズ  大井第二球技場 »