« 名古屋グランパス  J2降格決定 | トップページ | 東京ヴェルティ 2-2 レノファ山口  味の素スタジアム »

2016年11月 5日 (土)

清水エスパルス 4-1 京都サンガ  IAI日本平

Zimg_3195a

得点 角田 テセ 白崎 大前 キロス

よく晴れている日本平スタジアム。

プレーオフ圏同士の上位対決。

正直相手は強い。アウェイでも負けてる。

でも勝つ。

勝つしかない。

Zimg_3197a

清水は石毛ではなく枝村をスタメン入りさせた。

これは序列からして順当だろう。

枝村の完全復帰な姿を見せてほしい。

Zimg_3199a

京都はGK菅野やFWエスクデロ、ベンチに元清水の矢島がいる。

得点の多い清水、失点の少ない京都。

違った個性を持つ2チームがぶつかる。

京都はユニフォームに任天堂の文字があり、あれが強そうに見えてしまう。

任天堂を打ち砕け。

ドンキーコングJr.を倒すぞ。

大事な試合を裁くのは西村主審。

この試合を請け負う責任。

Zimg_3202a

キックオフ。

いきなり京都のシュート。枠をとらえず。

陣地は変えなかったので、後半は西日が相当眩しいはずの清水。

前半に試合を決めてしまいたい。

またもや京都のロングシュート。

枠をとらえないが、猛攻をしかけてくる京都。

この勢いが陣地交換した後半も続くときつい。

今の京都は西日とも戦っている。

Zimg_3203a

コーナーキックからの攻撃が上手くいかず

一度最終ラインまでボールが戻るも、そこからロングフィード。

そのボールをテセがヘディングシュートに持ち込んだが、決まらず。

指笛が尋常じゃなく大きくなってきた。

清水のサンバ応援が完全に掻き消されている。

とてつもなく大きく指笛がエンドレスで吹かれ続ける。

サンバ応援をもっと聞かせてほしいものだ。

Zimg_3213a

大前がボールをカットし、そのままドリブルで攻めこんだ。

シュートを放ったが、枠をとらえず。惜しかった。

京都の波状攻撃。最後はエスクデロがシュートを放とうとするも、清水が掻き出した。

コーナーキックから京都の攻撃が続く。

最後はヘディングシュートを放つも、枠を外れた。

ひたすらエンドレスに吹かれ続ける指笛。

清水へのブーイングなのか、京都へのブーイングなのか、まるでわからない。

どちらのチームの応援とも関係なく、試合展開とも関係ない。

エンドレスな指笛が続く。

Zimg_3218a

白崎がボールを運んで、テセがシュートを放つも弾かれた。

清水のコーナーキック。

それを京都に奪われたあと、京都のカウンター。

京都の選手と植草が一対一になるも、植草が立ちふさがって胸板でボールを弾いた。

指笛は清水が攻めようが京都が攻めようが

延々と吹かれ続ける。

脈絡が余りにもなく、何を意図しているかわからない。エンドレス。

同時刻開催の札幌戦は、札幌がゴールを量産し圧倒している。

Zimg_3220a

西日にもかかわらず京都の攻めは激しい。

清水の倍のシュートを放っている。

恐ろしく指笛の嵐。

枝村がシュートを放つもポストに当たった。惜しい。

Zimg_3224a

前半アディショナルタイムに入り、コーナーキック。

眩しさなしのラストプレー。

大前が蹴ったボールを角田がヘディングシュート。

このボールはバーを叩いて少し前へ落下。

つめていた角田がそのボールをさらにヘディング。

ゴール!

清水1-0京都。

Zimg_3227a

一番いい時間帯にゴールを奪えた。

この時間帯での得点、実力を感じる。

そして前半終了。

後半は西日だ。

攻撃はペナルティエリア内なら、ゴール裏客席の影に隠れ、眩しさがなくなる。

だが守備はきつい。

GK植草は強烈な西日に向かってプレーし続ける。

Zimg_3232a

ハーフタイムが終わり、後半のため選手達が現れる。

ここでまさかの交代。

GKが植草に代わりに杉山。

衝撃だ。

これは植草に怪我があったとしか考えられない。

怪我を負っていてもポジションを奪われないため

無理をして出続けるのがサッカー選手のつねだし、GKのようなポジションなら尚更。

それが後半からは杉山。

今後も植草は無理かもしれない。

Zimg_3235a

札幌ドームでの失態から復活できていない杉山。

チャンスがめぐってきた。

植草はボールが強く頭に当たってから、延々と不具合が続いており

脳の異常ということで大事をとっての交代らしい。

Zimg_3236a

ボランチの本田が怪我をして、河井と交代した。

交代枠二人をすでに怪我人で使ってしまった。

ただ、交代するGKがすでにいないので、

三人目の交代をGKのために残しておく必要はない。

Zimg_3238a

京都のダニエルは特に接触プレーがないのだが、歩けなくなってしまった。

エスクデロがグラウンダーのシュートを撃った。

これをGK杉山が弾いた。ナイスセーブ。

ダニエルは足を引きずりながら外に出て、山瀬が入った。

京都の攻撃が続く。

清水は掻き出すだけで精一杯。

Zimg_3241a

やっと清水の攻撃。

左サイドの松原がクロスを上げた。

ゴール前に走りこむテセ。

テセは斜め後ろから放り込まれたボールをそのままボレーシュート。

ゴール!

清水2-0京都。

Zimg_3242a

いつもはゴールを決めても、こんなのは当たり前だとシビアな顔をするテセ。

だがこのゴールはさすがに嬉しかったようで

そのまま客席近くを走っていき、笑顔だ。

かつてのレアルマドリード、ジダンのシュートを思い出す。

ジダンが斜め後方からのクロスをそのままボレーシュートして決めるシーンは有名だ。

あれと同じことをテセがやり遂げた。

Zimg_3244a

だが試合は終わってない。

2-0という一番危険なスコア。

時間はたっぷり残っている。

京都は元清水の矢島が入った。

チョジェジンとマルキーニョスがツートップだった時代。

その次のチョイスは矢島であり

長谷川健太は矢島を推していた。

矢島が去ったとき、長谷川健太はショックの余り、飯が喉を通らなかったという。

Zimg_3245a

コーナーキック。

清水の攻撃。

京都ディフェンダーが取り損ねたボールをテセが奪った。

テセはそのままゴールを逸れてゴールライン沿いに持っていく。

そしてゴール前に走りこんできた白崎へバックパス。

白崎は超至近距離からシュート、ゴール!

清水3-0京都。

Zimg_3246a

こうなると、アベックゴールということで、大前に期待がかかる。

左サイドの松原がペナルティエリア内へ低めの速いクロス。

ゴール前にいた大前は体を倒しながら、それをボレーシュート。ゴール!

清水4-0京都。

大前とテセが抱き着く。

本当にアベックゴールがまたこの試合でも生まれた。

Zimg_3247a

残り10分。

枝村が下がって村田が入った。

枝村は最後のフィニッシュだけが惜しかった。

残り10分で怖いのは、やはりイエローカードだ。

大前とテセはあと一枚で出場停止。

彼らを次の試合失うかもしれない、そのリスクを抱え続ける清水である。

Zimg_3248a

ラフプレーが増えてきた京都。

大前が激しく潰される。

今日の村田はいまいち馬力がない。

なんかプレーも消極的だな。

ボールが出てないのに、こっちボールだとかアピールしてるし。

Zimg_3257a

90分を過ぎてアディショナルタイム4分に入った。

京都サンガが良い位置でフリーキック。

だがシュートは枠をとらえず。

だが今のプレーでGK杉山が足を負傷。

ゴールキックを蹴ることができず、フィールドプレーヤーが代わりに蹴った。

Zimg_3264a

ラストプレー、京都がコーナーキック。

これを京都のキロスが決めてゴール。

清水4-1京都。

小林監督の苦い顔が映される。

良い気分で終われなかった。

最後の最後で決められた。

残念。

Zimg_3268a

だが勝利。

札幌と松本も勝ったため、差は変わらず。

これだけ好調なのに悔しいが、プレーオフを戦うのが現実的になってくる。

残り3試合、2位松本と勝ち点差3。

どうしてもこの差が縮まらない。

Zimg_3269a

だが4位のセレッソ大阪とは勝ち点差6となり

プレーオフを3位出場するという現実目標をクリアしつつある。

ドロー勝ち抜けでき、すべての試合を日本平でやれる。

これも素晴らしいことだ。

Zimg_3273a

プレーオフは運もあり、つらく厳しい。

ジュビロ磐田がホームのヤマハで開催しながら

最後、オーバーラップした山形のGKにゴールされて敗退する姿。

だとしても、戦うしかないプレーオフ。

とにかく最後までわからない、最終節までわからないので

残り3試合、勝ち続けるだけ。

Zimg_3280a

プレーオフならカードもリセットされ、そのまま二試合、勝ち続ければいい。

次は中二日でのアウェイ讃岐戦。

中二日という強行日程、これが讃岐にとって有利となるか

それとも清水のポテンシャルを発揮できるか。

Zimg_3281a

残り3試合。

松本が負けないならしょうがない。

清水は勝ち続けよう、残り3試合。

そしてプレーオフも勝ち続けてJ1へ必ず行こう。

Zimg_3282a

|

« 名古屋グランパス  J2降格決定 | トップページ | 東京ヴェルティ 2-2 レノファ山口  味の素スタジアム »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古屋グランパス  J2降格決定 | トップページ | 東京ヴェルティ 2-2 レノファ山口  味の素スタジアム »