« 残り4試合  清水エスパルス  自動昇格圏への道 | トップページ | バーバリアン 43-14 オックス川崎  大井第二球技場 »

2016年11月 1日 (火)

Sony Solidstate 31-19 ラングラーズ  大井第二球技場

Zimg_8719a

土曜日は曇りな日でした。

晴れるかなと期待したが、なかなかどうして曇ったまま。

見上げても、空は白い雲がびっちりと覆っている。

青空はどこにもない。

夏の間は曇り予報でも晴れてくれることが多かったが

今の季節、曇ったままだ。寒いもんだ。

大井の公園内は他のスポーツイベントが余りやってなかった。珍しい。

陸上関係で公園内が占拠されてることが多いから。

Zimg_8721a

一試合目はソニーとラングラーズの試合。

X2リーグは優勝しても昇格を辞退するチームが多く、X2の戦場こそすべて。

1部のXリーグは金がかかる。

加盟に400万、チケットノルマが200万、合計600万円を協会に毎年支払うそうで

さらにプレーオフ進出すると倍額ほどが請求されるそうだ。

これがX2リーグだと140万円で済むそうで

部員で割り勘すればなんとかなる額。

実際は協会へ支払う参加費の他に、多くの運営費がかかるわけで楽ではない。

協会へ支払う金だけでギブアップしそうでは、運営が到底できない。

Zimg_8744a

X2の雄となるべくソニーが圧倒した。

本当ならもっと点差が開いていいはずだが

フィールドゴールなりタッチダウンなりが決まらねば得点に結びつかない。

前半はぎりぎりで凌いでいたラングラーズだが

最後は力尽きてしまった。

X2の試合だと、攻撃と守備で完全なる選手交代ができるか

それとも人数が足りなくて出ずっぱりなのか、という点が勝敗を決める大きなポイントとなる。

Zimg_8820a

大井第二で試合があるときは、どの交通手段を使うべきか。

これは意見が分かれる。

私はモノレールに乗りたいので、競馬場駅からひたすら歩く。めっちゃ歩く。

モノレールに乗ること自体が人生において価値がある。

線路の挟みこみで凸凹した車内は独特だし、窓から見える景色の空中浮遊感はプライスレスだ。

ちなみにこの日は帰りのモノレールでCA達が同じ車内に乗っていた。

自分まで飛行機に乗ってきたような気分になれるのも良い点だ。

歩きたくない派は、大森駅から京急のバスで隣の大田スタジアムまで来ることができる。

Zimg_5596a

ソニーのチアリーダー、ラナキラ。

X2はチアのいないチームが多数派なので、いると嬉しいです。

ここまで全勝で来て、11月に2試合。

スプリングボウルに続く優勝を狙います。

|

« 残り4試合  清水エスパルス  自動昇格圏への道 | トップページ | バーバリアン 43-14 オックス川崎  大井第二球技場 »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 残り4試合  清水エスパルス  自動昇格圏への道 | トップページ | バーバリアン 43-14 オックス川崎  大井第二球技場 »