« 鹿島アントラーズ  世界2位  クラブワールドカップ準優勝 | トップページ | クレイジーモンキーズ2016 »

2016年12月19日 (月)

レアルマドリード  クラブワールドカップ優勝  鹿島敗北

Zimg_3595a

FIFA クラブワールドカップ 2016 ファイナル

レアルマドリード 4-2 鹿島アントラーズ  新横浜陸上

鹿島はあと一歩で勝利できるところだった。

だがPK判定をとられ、レアルに追いつかれた。

延長戦ではボコスカ決められてしまい、最終的な得点差は開いたが

あの疑惑の判定、レアルの選手の退場を主審がとりやめたシーンがなければ

どう展開していたかわからない。

ただ、それもすべて込みでフットボールだと思う。

正確さを求めるアメスポと違い、フットボールは世の中で起こることすべてを含む。

この試合、レアルは長年に渡って築いてきた貯金でもって勝利した。

これこそレアルマドリードだ。

逆にチャレンジャー側は、不利を承知の上で戦いに臨む。

恋愛、経済、戦争、学問、その他、この世のすべてのことは、これが当たり前。

鹿島は不利な立場を背負わされたが、後半途中ではリードし、健闘した。

そこで主審がレアルにPKをプレゼントしたのは

レアルマドリードが長年に渡り、戦い抜いたことで築いた貯金から発生したもの。

そして選手が退場させられなかったのも、長い歴史が生み出した神々しさと強大な圧力である。

これこそまさにレアルマドリード。

Zimg_3620a

これらを跳ね返し、優勝することも鹿島はできたはず。

だが及ばなかった。

Jリーグチャンピオンシップという非難轟々の制度で生まれた勝ち点の低い王者、鹿島。

だが今まさに絶好調のチームをクラブワールドカップへ送り出したことで

世界2位という日本の最高記録を生んだ。

トヨタ自動車が撤退したクラブワールドカップは二度と日本で開催されないだろうし

Jリーグチャンピオンシップは二度といらない。

ただこうした利益、結果を生んだ。

皮肉だが素晴らしい。

そうか、これを狙ってたんですね、と初めてJリーグチャンピオンシップに

納得したクラブワールドカップとなった。

レアルマドリードはレアルマドリードとしての歴史と貯金で優勝した。

この試合だけの強さでいえば、鹿島アントラーズが勝ったが

フットボールだけに勝敗はそこで決まらない。

鹿島アントラーズはレアルマドリードほどの歴史を築けたとき

初めて優勝できるはず。

その一歩となる準優勝、世界2位だった。

|

« 鹿島アントラーズ  世界2位  クラブワールドカップ準優勝 | トップページ | クレイジーモンキーズ2016 »

Jリーグ・海外・代表 フットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鹿島アントラーズ  世界2位  クラブワールドカップ準優勝 | トップページ | クレイジーモンキーズ2016 »