« 鹿島アントラーズ  アフリカ王者マメロディに勝ちベスト4進出 | トップページ | 富士通フロンティアーズ  ジャパンXボウル優勝 »

2016年12月12日 (月)

競泳水着カフェ

Zimg_4991a

以前から気になっていた競泳水着カフェに行ってみました。

三田線の新板橋駅前で開催。

大通りに面したビルの一階。

4部あるうちの最後の部に参加したので日は暮れていた。

早い部に参加すれば、店内も明るかったろうし、もっと良い写真が撮れたかな。

申し込みがかなり前だったため、何か用事が入っても行けるように最後の部を選んだのだ。

そうした選択と判断は難しいとこですね。

もっとも4部すべてに参加したカメコが多かった模様。

 

店に入ってすぐ、自分の名前が書かれたテーブルを探す。

店内は壁際に二人掛けのテーブルが並び、中央に丸テーブルが幾つか。

私は丸テーブルに五人相席だった。

最初にドリンクのオーダーを聞かれ、次に個別撮影のチケット販売があった。

給仕するキャストは五人いて、五人全員の個別撮影券を購入。

個別撮影は店の隅の空間で、一分間自由に撮れる。

個別撮影で撮った画像を上げても、普通のコスプレイベントみたいになってしまう。

そこで給仕するキャストさんの画像を載せてみた。

 

1部が90分間のイベントですが

客は自分の椅子に座っているときは、給仕するキャストさんをエンドレスで撮影OK。

ですが椅子から腰を上げた時点で撮影禁止。

なかなか簡単には撮れない。

狭いスペースで窮屈だったので、たいてい他のお客さんが壁となる。

みんながみんな壁となり、自分も壁となるので、互いにクレームも出さず

キャストさんへのポーズ指定も出せない。

あとストロボが一切禁止なので、店内の明かりだけではどうしても暗め。

低い位置からの撮影も駄目。

その分、一分間の個別撮影のときは

ストロボを焚いてポーズ指定をして目線は全部貰えて煽りで撮れるのが快感だった。

キャストさんは給仕のとき競泳水着の上にパーカーなど羽織ってますが

個別撮影のときは脱いでもらって普通に水着撮影。

 

参加してる客層としては、普段のコスプレイベントで会うようなカメコが少なく

オートサロンなどコンパニオン系のイベントで見かける顔が多かった。

最後はテーブルを隅へ移動して、キャスト五人同時に客全員で囲み撮影となった。

これはストロボが焚けて、まずまずの画像が撮れた。

 

いま女性の競泳水着というとハーフスパッツのワンピースが多く

こうしたハイレグの競泳は絶滅しつつある。

アシックスのハイドロが、シーラカンスのように生き残っているぐらい。

そんな懐かしの競泳水着と共に、カフェタイム。

私が支払った料金は3500円(ドリンク代込)に、個別撮影券500円×5。

合計6000円也。

個別撮影券を買わずに、自分の椅子に90分間座ったまま

たまにスマホで撮影するだけの客もいました。

たまにはこんなイベントも面白い。

|

« 鹿島アントラーズ  アフリカ王者マメロディに勝ちベスト4進出 | トップページ | 富士通フロンティアーズ  ジャパンXボウル優勝 »

撮影会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鹿島アントラーズ  アフリカ王者マメロディに勝ちベスト4進出 | トップページ | 富士通フロンティアーズ  ジャパンXボウル優勝 »