« JXBオールスター  試合前のダンス | トップページ | 170名チアのハーフタイムショー JXB2016~30th Anniversary~ »

2016年12月14日 (水)

富士通9-0オービックで前半終了  JXB2016

Z4z3a3133a

第1クォーターでは、富士通のタッチダウンが決まったと応援席は大喜び。

私も富士通側で観戦していたので、高揚感に包まれた。

だがその後、富士通の反則でタッチダウンが認められず

逆にプレー開始地点が後退させられてしまった。

まあ、この手のことはよくありますので。

アメフトは厳密なほど厳密に、時間をかけて検証して、反則か否かを見極める。

とはいえ、ライスボウルでは片方のチームが一人多かったり、肝心な部分でずぼら。

Z4z3a3141a

まあでも、まめにフィールドゴールを決め、富士通がじわじわリードしていく。

ポテンシャルでは圧倒する富士通だが、ころっと相手に打ち負かされることも多い。

春のパールボウルでは、リクシルに敗退している。

あの試合、私は川崎駅前のストライクウィッチーズのイベントに参加し

富士通スタジアム川崎ではハーフタイムから観戦したが

富士通のキックがリクシルにブロックされるシーンはいまだ記憶に濃い。

Z4z3a3226a

前半終わって、富士通が3回もフィールドゴールを決め、9-0でリード。

こういう展開だと、オービックがこの差をあっさりと

タッチダウンでひっくり返しそう。

走ってボールを運ぶ富士通だが

オービックはこれまで何度もロングパスを通し、逆転劇を見せている。

一瞬の隙、これは必ずある。

Z4z3a3232

今回のJXBでは、ドームの外野中央にある大型モニターで

リプレーを余り流さなかった。

代わりに客席を映し、映った観客にキスをさせたり

応援のパフォーマンスをさせたりと、エンターテインメント性を重視していた。

リプレーが少なすぎるという不満の声も周りからは多く聞かれた。

だが東京ドームに集まったうち、アメフトを理解しているのは5000人ぐらいで

残りの2万人はお祭り騒ぎをしに来ただけだろうし

どちらに対してサービスを重視するかは考えどころ。

|

« JXBオールスター  試合前のダンス | トップページ | 170名チアのハーフタイムショー JXB2016~30th Anniversary~ »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JXBオールスター  試合前のダンス | トップページ | 170名チアのハーフタイムショー JXB2016~30th Anniversary~ »