« 2016年3月27日 - 2016年4月2日 | トップページ | 2016年4月10日 - 2016年4月16日 »

2016年4月3日 - 2016年4月9日

2016年4月 9日 (土)

清水エスパルス 0-2 セレッソ大阪  IAI日本平

Zimg_4627a

得点 リカルドサントス 山村

J2で首位を走るセレッソ大阪。

J1時代に対戦したときは強敵なイメージがなかったが

今はとても大きく見える。

まだホームでの勝利がない清水エスパルス。

Zimg_4693a

キックオフ。

ゴール裏では駒込が歌われる。

この曲は勝利が決定的な試合終了間際に歌われることが多い。

それを最初から持ってきたのは

どう結果が出るか。

Zimg_4768a

ピッチが部分的に禿げ上がっている日本平。

ベストピッチ賞を毎年受賞してきたコンディションが崩壊している。

珍しい。

芝が何か病気にかかったか。

他のクラブのスタジアムに比べて劣悪ではないが

最高のコンディションが当たり前だっただけに

やや心配だ。

Zimg_4834a

今季、初のナイトゲーム。

なぜナイトゲームかといえば

J1が二試合ある週なので

J1の試合が日曜日開催。

土曜日のナイトゲームのスカパー放送枠を埋めるため

このカードが選ばれたのだろう。

Zimg_4838a

清水は六平と竹内のWボランチが攻守に渡って肝になる。

人間の体でいえば腰だ。

スタメンには村田が入った。

スタメンでなかなか結果が出せてない村田だが

この試合で新境地を見せてほしい。

Zimg_4874a

清水のゴール裏は、おーれーおーれーのグリコになった。

グリコはJ2降格に伴い、ユニフォームスポンサーを離れてしまった。

だがグリコの応援ソングは歌われ続ける。

やはり、おーれーおーれのグリコこそ

清水エスパルスの応援ソングの看板に思う。

Zimg_4880a

序盤は押している清水エスパルス。

ペナルティエリア内まで攻め込むものの

シュートまで行けてない。

バックスタンドに並ぶスポンサーボードの少なさはJ2を感じさせる。

J1に復帰して、スポンサーボードを埋めよう。

Zimg_4523a

メインスタンド寄りが特にピッチの禿げあがりが目立つ。

ライン際が禿げ上がるのがサッカーのピッチの特徴だが

これまでそんなことなかっただけに心配。

全試合の半分をプレーするホームのピッチコンディションが良いと

選手の怪我をぐっと減らせる。

従来、清水の選手が怪我をするのはほとんどアウェイだ。

ホームで絶対に怪我をさせたくない。

Zimg_5007a

相手チームにとっては

日本平での試合は普段の倍の力が発揮できると

自信を持たれるほどのピッチコンディション。

芝もJ2降格してしまってはいけない。

Zimg_4956a

頻繁に両チームのゴール裏が画面に映るが

いかんせん

最も端から撮っているため

現れるサポーターがどちらもぬるい。

ぬるいサポーターが最も端の席となるので必然。

Zimg_1336a

清水の応援はおーれーおーれーのグリコが続く。

清水の根幹であるこの歌。

清水エスパルスという名前を出すより

この合唱を聞くほうが清水エスパルスを感じさせる。

サンバの演奏がスタジアムを沸騰させる。

Zimg_1333a

右サイドの鎌田がシュートを放つも防がれる。

こぼれ球をボレーでクロスに持ち込む鎌田。

だが中央では清水がボールをとれず。

白ユニフォームのセレッソ大阪。

屈強な黒人、リカルドサントスがドリブルで襲ってくる。

リカルドサントスをがっちり抑えたい。

Zimg_1329a

リカルドサントスに比べ、細身な柿谷が攻撃時はいつも並走してくる。

キャプテンマークを巻く柿谷。

試合中も笑顔が絶えない彼がどう機能するか。

ワールドカップに出場したかと思えば今はJ2。

厳しいものだ。

Zimg_1409a

セレッソ大阪がコーナーキックとなったが

清水の選手達が猛抗議。

ゴール裏も激しいブーイング。

確かにセレッソの選手が最後に触ってボールは出た。

だが主審は悪意なく見られていない。

あまりやりすぎてカードを食らうと困る。

Zimg_1411a

すると主審はジャッジを改め、ゴールキックに変更。

これは逆に不安だ。

主審はそんな風に安易にジャッジを変えてはいけない。

清水にとって良かったわけだが

選手の抗議やサポーターのブーイングに主審が弱すぎるのは不安。

こうしたジャッジもまたJ2だ。

主審のこのメンタルからして、もう押せ押せで行くしかない。

引いたらセレッソ寄りのジャッジとなってしまう。

Zimg_1420a

柿谷がシュートを放った。

負傷の西部に代わってGKのスタメンをつかんだ杉山は

まったく反応できず。

シュートボールは枠の隅に突き刺さりそうになったが

竹内がヘディングでクリア。

杉山も実戦から遠ざかっていたが、なるべく早く調子を上げたい。

西部にGKを譲らないほどのプレーを。

Zimg_1425a

フォッサエスパルスが歌われる。

サンバのリズムが心地よい。

リカルドサントスとGK杉山が一対一となった。

ピンチ。

だが清水ディフェンスがその間に滑りこみボールをクリア。

Zimg_1433a

十年前のセレッソ大阪戦はゴールデンウィークのデイゲームだった。

1-0だが安定して勝てた良いゲームだった。

花粉が終わり、暑くなった日本平を覚えている。

前年にぎりぎりで15位残留し復興のシーズンとなった。

あれから十年。

前年にJ2降格し、今年はがむしゃらに昇格を狙うシーズンになった。

いまだホームでの勝利がない。

だがアウェイで安定した強さを発揮できている。

Zimg_1436a

セレッソは攻撃時、ボールのないところでの選手の動きが多い。

ペナルティエリア内での場所取り、やまない走り。

攻撃時にゴール前では余り動かない清水とは対照的だ。

どちらが正解かは安易に言えない。

動かずに足元でボールを受けるため待つのも一つの戦術だ。

だがセレッソの動きある攻撃の方が現代的か。

Zimg_1450a

サンバ力が強い曲が清水ゴール裏で続く。

歌う側の楽さに比べ、スタジアムを圧巻する破壊力がある。

耳障りな指笛やラッパの高音より

サンバの重低音こそ清水の力だ。

サンバの力で日本平のホーム力を取り戻す。

Zimg_1455a

セレッソ大阪のシュートをGK杉山が防いだところで前半終了。

スコアレス。

アディショナルタイムがほとんどなかったところからわかるように

互いにフェアプレーだった。

従来のJ2ゲームと違い、J1のような試合展開。

セレッソ側もそれを感じているだろう。

Zimg_1479a

後半キックオフ。

ロコロコに合わせてボールをキープする村田が右サイドを駆け抜ける。

シュートまで行けなかったがコーナーキックを獲得。

セットプレーで三浦の高さが迫る。

ウン・ドイシ・トレイス・クワトロがゴール裏で歌われる。

勢いある発声とサンバの重低音。

これが清水だ。

Zimg_1486a

シュート数も多く、悪くない試合展開だがゴールは生まれない。

むしろセレッソの方があと一歩というチャンスを生んでいる。

セレッソの攻撃を鎌田がカットしたが

スライディング着地時に足がぐにゃっとなり

膝を自爆して壊してしまった。

あの手の自爆ぶりは以前の日本平のピッチなら起こらなかったのでは。

Zimg_1488a

よく前列端のゴール裏が画面に映るが誰も応援してない。

椅子はすべて布が敷かれて場所取りされているが人は少ない。

前列の応援グループが場所取りするのは仕方ないとして

人が少ない場合は試合前に片づけて

他の来場者に場所を譲る精神も欲しいところ。

だが前列の闇は深い。

Zimg_1493a

私も10年以上、清水を見てきたが、あの前列の闇は変化させようのないものだ。

それが特異なものではなく日本の村社会の縮図であるだけに

付き合って生きていく度量も必要だ。

まあ私よりはマシな人達。

私は自らの堕落と陰険さを恥じるばかり。

Zimg_1566a

清水の攻撃時にセレッソの守備の戻りは早く

あっという間にディフェンスの人数が揃う。

かといって人数が揃う前に闇雲にシュートを撃っても決まらないし、難しいところ。

守備から攻撃への切り替えで

デュークのポストプレーが見られるようになった。

以前からこれが上手くいけば大分楽になると思っていた。

Zimg_1576a

当たり前にデュークがポストとして折り返し、走ってきた大前にボールが渡る。

この当たり前がこれまで全くできなかったし、今後は期待できる。

デュークと小林監督の相性が良かったのか

デュークの戦術理解が今年に入って桁外れの向上を見せている。

Zimg_1584a

残り20分、チョンテセが久しぶりにピッチへ登場。

その直後、セレッソ大阪のリカルドサントスのシュートがゴールに突き刺さり

セレッソ大阪先制。

清水0-1大阪。

ぎりぎりで防いでいたセレッソの攻撃だが

チョンテセ加入により、その防波堤が破れた。

Zimg_1594a

テセは攻撃の選手だが、全体のバランスが崩れてしまった。

それだけ試合自体、切迫していたのだろう。

テセの登場に伴う僅かの隙をセレッソに突かれた。

この失点は必然だった。残念。

去年、よく見たこのパターンを小林監督にはやってほしくない。

Zimg_1614a

セレッソの攻撃。

清水ディフェンスはセレッソのシュートを弾くも

上空ではなくグラウンダーに弾いたため

そのこぼれ球をセレッソの山村がシュート。

山村の前には二人の清水ディフェンダーがいたが

シュートボールはループを描いて彼らを潜り抜け

GK杉山もボールに追いつかず。

ゴール。

セレッソ二点目。

清水0-2大阪。

Zimg_1626a

テセが入って崩れる光景は去年の定番。

やはりテセは清水と合わないのか。

あれだけ一体感を見せていた清水が崩壊していく。

テセは攻撃のトップにいる選手だが

ここまで全員守備で頑張ってきたものが台無しになってしまった。

テセはウタカのように

もっと強いチームで機能する選手かもしれない。

清水はテセを負担できない。

Zimg_1663a

90分が過ぎ、後半アディショナルタイムに突入。

セレッソ大阪は玉田を入れて試合を締めにかかった。

試合終了。

清水0-2大阪。

敗北。

清水エスパルスは9位に後退。

セレッソに負けたこと自体、それほど心配はない。

だが昨年同様、機能しない、むしろ崩壊をもたらすテセをどう扱ったらいいのか。

小林監督はテセを清水に同化させられるのか。

テセ問題は今シーズンの難しさだ。

| | コメント (0)

Sgt. Daffunder's Lonely Hearts Club Band

Zimg_5194a

スカパーの映画チャンネルとd-lifeのアメリカドラマばかり見てますが

どちらもいまいちなときは

レコーダーに入ってる探偵物語かシティボーイズライブを見る。

探偵物語の昭和の空気はいいですやね。

昭和の東京を私はほとんど知らない。

世紀末の東京は異常に詳しい。

21世紀に入ってからは、ぱっとしませんわ。

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

NO DAFFUNDER , NO LIFE !

Zimg_0204aa

夏目漱石の三四郎、それから、門を続けて読みましたが

最後の最後で誤魔化して終わるあたり

小説は完璧じゃなくていいのだよと

諭される気分がしました。

Zimg_0140a

私もラブライブのコスプレイヤーさんを

たくさん撮らせていただいてきたので

最近の醜聞にはおろおろしております。

こんなときはおろおろするしかないね。

| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

DAFFUNDERS

Zimg_0735a

新たな小説を書き始めようか。

書いてないと潰れるから。

惰性とまんねりの罠。

一作も世に出てないのに、まんねりも何もあるか。

それはさておき。

| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

ロアッソ熊本 0-2 清水エスパルス  うまかな・よかな陸上競技場

Zimg_5887a

得点 大前 大前

久しぶりに風邪をひいた。

39度まで体温が上がった。

咳をするたびに背骨とあばらが痛い。

自分もまだ風邪をひけるんだという安心感もある。

体がなまりすぎるとウィルス感染しても免疫反応起こせなかったりするし。

とはいえ、寝ていても起きていてもしんどい。

そんな昨日だったが、今朝は熱が下がって楽になった。

平熱よりはまだ高いが、寝てると楽。体の痛みも消えた。

Zimg_5889a

大きな陸上競技場なので

スタジアムの埋まり具合がゆるいですね。

席に余裕がありすぎなので

ゴール裏ですら客と客が一席置きぐらいにしか立ってない。

Zimg_5890a

これが専スタだと

いくら動員が少なくても前寄りが混むものだ。

だが陸上競技場だと臨場感のある席が存在しないので

スタジアム全体に客が疎らに散ることになる。

Zimg_5891a

ロアッソサポーターですら、密度の薄い、ゆるいゴール裏。

清水のゴール裏には相変わらずの面々。

頭が下がる。

それだけ熱中できるものがあるのは素晴らしい。

私は所詮、そこまで好きでもない、ぐうたら。

Zimg_5892a

コンカフェもつまらなくなったし、なんも楽しくないわ。

早く花粉の季節が終わってほしい。

そしたらアクティブになれる気がするんだ、たぶん。

Zimg_5983a

清水のスタメンはいつも通り。

熊本は巻がスタメンから外れている。

巻は出身地であるこのクラブと一生付き合っていくのだろう。

父親も理事を務めるこのクラブ。

Zimg_5984a

キックオフ。

清水のビョンがさっそくファウル。

熊本が美味しい位置でフリーキック。

Zimg_5992a

ビョンのプレイスタイルは、ジャッジの基準が韓国というか世界基準に近くなっている。

あれだと日本の場合、特にJ2の場合

ファウルをとられすぎてしまう。

それ自体、日本サッカーの問題点であるのだが

やはり現実への対応も大事だ。

今のディフェンスのやり方だとファウルをとられすぎるかな。

熊本のフリーキックは不発に終わった。

Zimg_6006a

清水のスタメンに名を連ねた澤田は、元熊本。

それが良い面にも悪い面にも転がる恐れはある。

相手も澤田をよく知っている。

澤田も相手をよく知っている。

Zimg_6007a

それにしても綺麗なピッチ。

熊本は、はっきりしたカウンターを狙ってくる。

トップの清武を狙ったロングフィード一本。

これを繰り返すことで、いつか必ず決まるという自信が見える。

Zimg_6027a

現在ロアッソ熊本はJ2首位。

首位の自信が漲る。

清水は挑戦者として暴れたい。

Zimg_6039a

熊本の猛攻。

ペナルティエリア内の至近距離から雨あられのシュート。

だが清水も人数が足りているので防ぎ続けた。

これは大事なことであり

人数が足りていれば、ぎりぎりのところで失点を防げる。

なぜかという一つ一つの場面、難しいことについてはわからない。

だが人数が足りていれば防げる健全さが今の清水にはある。

Zimg_6052a

去年の清水は全然駄目だった。

ホームの柏レイソル戦とか、ひどかったものなあ。

よく持ち直したものだ。

監督とは大変な仕事である。

Zimg_6053a

部外者として解説をするなら、誰でも正論が言える。

だがそれを現実化するのは困難なものだ。

ピッチに立つ11人、控えも含めて三十人強。

それぞれの人生を一つにまとめて、同じ方向を向かせるのは

並大抵のことではない。

Zimg_6066a

試合を高見しながら、呑気に「これこれこうすりゃ、ええのにねえ」と

正論を吐くほど楽なことはない。

戦術を指示しようが、まるで言うことを聞かず、ちぐはぐなチーム状況。

この崩壊したチームがいかに復活しえるか。

Zimg_6110a

大榎氏にしろ田坂氏にしろ

なぜ自分の戦術を選手たちがやらないのか、という嘆きばかりだった。

個々の判断だった、と尊重する大榎氏。

個々の判断だった、と激怒する田坂氏。

どちらにしろ負け続けた結果があるだけだ。

Zimg_6124a

監督業とは良い戦術が、という問題ではない。

この組織をどうまとめていけるかという力がすべて。

去年の崩壊は二度と御免だ。

Zimg_6157a

前半は熊本の猛攻が続く。

これはチャンスが生まれる。

得意のアウェイとなる。

熊本はみんな元気だね。

どの選手もがっつり走る、がっつり撃つ。

Zimg_6179a

ジャッジは熊本有利というより、典型的な日本サッカーのジャッジとなっている。

悪く言えば、ころころピッチで転がる熊本。

いらだつ清水。

こうしたジャッジでは日本サッカーが、もっといえばJ2が駄目になる。

Zimg_6189a

とはいっても、この試合、勝たねばならない。

清水がクロスからの得点がJ2で最も低い部類だそうで。

制度の高いクロスも、それを決める選手もいないなら

他でゴールをこじ開ける。

Zimg_6216a

清水の攻撃。

熊本の選手は腕が胴体から90度開いた状態で

腕にボールを当ててシュートを防いだ。

これはハンドをとってもらいたいところ。

Zimg_6228a

45度ぐらいまでなら、仕方なく当たってしまったとノーファウルになる。

だがあのような90度開いた状態だと

たとえわざとでなかろうがファウルだ。

ゴール前で腕を90度開いて守備をしてはいけない。

Zimg_6229a

気をつける選手なら、わざと両手を後ろに組んで守備するぐらいだ。

それを堂々と腕を90度上げての熊本の守備。

馬鹿げたプレーだし、そのプレーを尊重する主審。

そのあたりのジャッジもJ2ならでは。

苦い。

Zimg_6230a

ゴール前であんな守備をしてたんじゃ、熊本も未来がない。

ゴール前で腕を開いて守備してはいけない。

でもそれが認められ、堂々とハンドをしてシュートをとめる熊本。

ノーファウル。

これがJ2だ。

良くも悪くもJ2に適応してるんだろうな、熊本は。

Zimg_6238a

六平からのビルドアップ。

不発に終わって熊本ボール。

前半はスコアレスで終了。

機動力のある熊本と比べ、まったりした清水。

だがまったりが悪いわけではない。

ハーフタイムへ。

Zimg_6246a

後半キックオフ。

後半からは巻がピッチに。

巻は高さと経験で清水に迫ってくるだろう。

熊本の応援はラッパと指笛がメインなので大したことはない。

清水のサンバで打ち砕こう。

Zimg_6249a

巻がドフリーでゴール前、ボールを受け取った。

巻のシュートは枠を外れた。

清水がボールを持つたび、熊本サポーターの指笛が激しい。

指笛文化の濃い土地だ。

最悪。

Zimg_6261a

こうした指笛は汚物でしかない。

この世の悍ましさ穢れが集まったもの、それが指笛だ。

やはりこれだけ指笛があふれているうちは

熊本のJ1昇格も難しくなる。

だがそれが熊本らしさだし、熊本といえば指笛の国だ。

他国の文化をどうこう言うのはおかしなものか。

Zimg_6270a

澤田を下げて村田が入った。

村田がシュートを放つもバー。

今度はデュークがシュートを放つもGKに弾かれた。

清水が六回目のコーナーキック。

ファーを狙ったが誰も触らず流れた。

Zimg_6281a

雨が降ってきたスタジアム。

ゴール裏には屋根がない。

清水サポーターのゴールコール。

決まらない。

Zimg_6351a

柏レイソル時代が記憶に濃い蔵川。

熊本の蔵川が守備で効いている。

パワフルなベテランだ。

Zimg_6420a

雨でボールが流れ出す。

収まりは悪くなり始める。

デュークのボールカット。

カウンターを仕掛ける清水。

ペナルティエリア内で村田がボールを受けるが

上手く収まらず。

惜しかった。

Zimg_6431a

デュークがヒールでボールを流し、受け取った村田が右サイドを駆け上がる。

そしてゴール前へクロス。

ゴール前には大前が駆け込み、スライディングでぎりぎり追いついた。

大前のシュートボールはゴールの上ネットに突き刺さり、清水の先制ゴールが決まった。

Zimg_0022a

熊本0-1清水。

ゴール裏のサポーターへ駆け寄る大前。

村田や他の選手も駆け寄り輪が作られる。

Zimg_0119a

続けてまたもや大前のゴール。

ペナルティエリア内、熊本の選手に二人もマークにつかれていた大前。

だがその熊本選手二人を振り切って、大前のシュート。

見事にゴールへ突き刺さった。

大前が覚醒している。

熊本0-2清水。

Zimg_0128a

GK西部がピッチに座りこんだ。

残り15分、まだ時間稼ぎをするときではない。

やはり西部が下がった。

怪我が深刻のようだ。

Zimg_0136a

GKはポジションを獲得するのが難しので

相当なことでないと自ら交代は訴えない。

その西部が自らNGサイン。

今後が心配である。

GKが杉山に交代。

西部は今後どうなるかわからない。

杉山でもやっていける清水でありたい。

Zimg_0140a

この二連続得点の躍動感が日本平ではなかなか出ない。

だがアウェイなら可能だ。

アウェイなら勝てる清水。

その共通認識を選手も監督もスタッフもサポーターも。

全員でもっていこう。

Zimg_0144a

デュークのパワフルなプレーが目立つ。

ここにきて、デュークが野性味を獲得したか。

かつては守備放棄で言うことをきかないイメージしかなかったデューク。

進化した。

エレガントさを捨てて、本当のフットボールへ。

Zimg_0147a

90分を回ったが、GK交代もありアディショナルタイムは6分。

まだまだ終わらない。

清水が延々とボールを回し続ける。

こんなにボールをキープし続ける光景を見るのは久しぶり。

Zimg_0154a

熊本は全員ばてばてで動けない。

清水はボールをぐるぐる回し続ける。

それを追いかけられない熊本。

Zimg_0155a

本田がハンドをとられ、熊本がフリーキック獲得。

最後の攻撃だ。

熊本はシュートまで行ったが、シュートボールは枠を外れた。

Zimg_0175a

試合終了。

清水エスパルス勝利。

アウェイ全勝。

アウェイだったら絶対勝てる。

引き分けもなしだ。

このアウェイの力強さ。

清水はいける。

Zimg_0204a

ゴール裏では大前の応援ソングが歌われる。

大前の個の実力で切り裂いた勝利でもある。

どうすればこれをホーム日本平でもできるのか。

日本平に対して負のイメージしか持てない現状、これを覆す。

Zimg_0221a

小林監督のインタビュー。

濡れたスーツ姿。

メンバー交代が上手くいき、村田が機能した試合となった。

Zimg_0341a

大前選手のインタビュー。

クラブとして二年ぶりの連勝。

受け答えはさばさばしたもので、何か色のついた言葉が欲しいものだ。

Zimg_0353a

村田の機動力が生かせたことは良かった。

西部がどうなるかはわからないが、杉山でも安定してやっていきたい。

次はホーム日本平でセレッソ大阪戦。

長いことホーム日本平で勝ってない。

昨年5月以来、11ヵ月も勝ってない。

強い相手だからこそ、勝利をこじ開けたい。

Zimg_0364a

清水エスパルスは6位に順位が上昇。

6位ならぎりぎりでプレーオフ圏内だ。

6位のプライドを胸に、首位に返り咲いたセレッソ大阪を、ホーム日本平に迎える。

二試合連続で首位との対決だ。

Zimg_0368a

J2リーグは6試合終わって全勝のチームはすでに無し。

逆に全敗も無し。

首位はセレッソ大阪。

2位は町田ゼルビア。ここまでが自動昇格圏。

3位熊本、4位岡山、5位岐阜、6位清水。この4チームがプレーオフ圏。

Zimg_0385a

いまプレーオフがあったら

勝ち抜けるんじゃないかと思える。

6位だからホームじゃないのもいい。

だがまだ6試合。

全42試合のJ2ロードは始まったばかり。

Zimg_0392a

岡崎は日本代表からレスターに帰って即スタメン。

チームは勝利。

残り7試合。

まあここから、まだまだわかりません。

選手もスタッフも未知なる領域に入っていく。

このままプレミアリーグ優勝なるか、折れるのはいとも簡単。

Zimg_0399a

| | コメント (0)

« 2016年3月27日 - 2016年4月2日 | トップページ | 2016年4月10日 - 2016年4月16日 »