« 2016年7月10日 - 2016年7月16日 | トップページ | 2016年7月24日 - 2016年7月30日 »

2016年7月17日 - 2016年7月23日

2016年7月21日 (木)

清華  ミス湘南 水着大撮影会 横浜プールセンター

Zimg_2505aa

楽しく気持ち良さそうに撮影に臨まれていた清華さん。

プールではしゃぐ姿は化粧品会社のCMのような美しさでした。

じっと静かなモデルさんもいいですが

明るく雰囲気を盛り上げてくるモデルさんは

撮っている側も気持ちが晴れてきて嬉しいです。

Zimg_2537aa

清水エスパルスが打ち出した超ドSシリーズ。

夏場は黒色の3rdユニフォームを着用し

超ドSに闘い抜くというもの。

だが初戦のヴェルティ戦から敗北で終わった。

こうしたとき、いかに踏ん張れるかで真価が問われる。

スムーズにいかないとき、凌いで踏ん張って頭を使い、戦う。

鹿島アントラーズに根付くようなマリーシアを他クラブが獲得するのは難しい。

最高の選手を獲得し続ける浦和レッズですら優勝できない。

J2の清水エスパルスがいかにマリーシアを考えられるか。

Zimg_2541aa

ヴェルディの試合の締め方は見事だった。

90分過ぎて高木善がピッチに倒れこむ。GKは一向にボールを蹴らない。

この主審ならいけるという判断もあったはず。

実力は弱くても、サッカーというゲームをよく知る者達の戦いぶりだ。

清水エスパルスはホームなのにバテバテだった。

無駄走りの結果だろう。

Zimg_2581aa

昨年J2降格した一番の要因は本職サイドバックの不在だ。

中盤のプレイヤーがサイドバックを担うものの

本職ならではのタフさや屈強さに欠けた。

夏の移籍期間となり、ボムヨンや二見といった本職のサイドバックを

J1チームより獲得できた。

こうしてJ1プレイヤーを獲得できるのは清水がJ2クラブだからで

広島や仙台の敵にならないおかげだ。

Zimg_2618aa

愛媛戦はともかく、ヴェルディ戦のボムヨンは徐々に後半形になってきた。

前半はタイミングが合わず、まるでボムヨンにボールが届かなかったが

後半は幾つか良い形が見えた。

またタフさにおいて従来のサイドバックとまるで違い、桁外れの強さがある。

パワーと持久力こそサイドバック。

器用にボールを捌き試合を読む中盤選手がサイドバックをやると、こうはいかない。

同じような本職ならではの強さを二見にも期待したい。

Zimg_2621aa

ボムヨンと二見を面倒抜きでスタートからジェフ戦では見たい。

いくらトレーニングを積んでも意味はない。

本番の試合でしか連携も磨かれない。

フクアリでサイドバックの新顔に力を発揮してほしい。

前半はすべて空回るぐらいで構わない。

一巡目で勝てなかった相手に、また勝てないという事態。

これを防ぐには本職サイドバックの強さが必要だ。

クレバーで曲芸師な中盤がへろへろ走っていいサイドではない。

サイドとはブルドーザーが芝を捲り上げて突進するものなのだ。

Zimg_2784aa

破壊力あるサイドバックが走り続け、ぶつかり続け、爆発し続け

攻め上がり守り下がり、清水の外壁となる。

その上で繊細な中盤が試合をコントロールすればいいし

FWはゴール目掛けて突進する。

ヴェルディ戦ではボムヨンからテセへの攻撃の流れが良かったが

あれをもっと繰り返し生み出してほしい。

後半の途中からようやくそれが見えだしたのは遅かった。

ジェフ戦では始めから。

Zimg_2795aa

本来の中盤の選手をサイドバック起用すると

ぱっと見の流れは良くなるが、失点に繋がるミスも生まれ、ゴールを生まない流れになる。

強く、強く、ひたすら強く、サイドを駆け抜け、衝突し続ける。

そんなサイドバックが清水エスパルスに生まれることを願う。

必ずだ。

ジェフ戦、フクアリでのパワフルな試合を期待する。

| | コメント (0)

2016年7月20日 (水)

清水エスパルス 0-1 東京ヴェルディ  IAI日本平

Zimg_0994aa

得点 高木善

夏限定の黒ユニフォームで登場した清水エスパルス。

アウェイの味スタは私も参戦したが、悔しい敗戦となった。

ホームでのヴェルディ戦は必ず勝ってプラマイゼロに戻したい。

キックオフ。黒くて選手の位置が見やすい。

Zimg_1034a

予想通り、過密日程の入替で弦太やボムヨン、六平がスタメン起用されてきた。

勝ちを逃した前節終盤のボムヨン起用は小林監督の強欲だった。

この試合から謙虚な姿勢を戻せるか。

昨年は本職のサイドバックがおらず、その補強をした結果であるボムヨン。

Zimg_2100aa

清水が超ロングシュートを放ったが、惜しくもゴールならず。

狙いは良かった。

汗びっしょりになっても白崎のふんわりした髪型は変わらないな。

サッカー選手の髪型は汗びっしょりで乱れたとき、いかに様になるかだ。

Zimg_2130aa

ボムヨンに全然ボールがいかないな。

ボムヨンが行き過ぎているのか、いまいちタイミングが合わない左サイド。

ヴェルディのGKが蹴りたがらずに渋っていたら前半終了の笛。

スコアレスでハーフタイムへ。

Zimg_2132aa

後半からヴェルディは二川が入った。

長年ガンバ大阪の10番を背負ってきた選手。

清水は金子が下がって北川が入った。

Zimg_2143aa

残り30分、枝村が下がって村田。

右サイド、村田と川口のコミュニケーションが上手くいかず、敵を倒した川口にイエローカード。

ボムヨンからチョンテセにボールが繋がりシュートを撃つもGKがキャッチ。

Zimg_2147aa

芥川賞は村田さんが獲ったそうで。

もうすでに獲っているものだとばかり勘違いしていた。

他社のそうした賞を幾つも獲っていたからか。

何年も前の情報を今さら聞いたような感じだった。

群像新人賞で森健氏の火薬の愛の星はインパクトの強い作品だったが

そのときの優秀作が村田さんだった。

単行本化もされたし、優秀作まで手厚い群像である。

Zimg_2150a

清水が攻めていたと思ったら、ヴェルディがあっさりゴール。

高木善は味スタに続いて日本平でも清水を叩き潰すのか。

清水0-1ヴェルディ。

Zimg_2155aa

残り10分、六平が下がって石毛。

90分過ぎて、なかなか攻められない清水、鉄壁な守りのヴェルディ。

ここでヴェルディの高木善がピッチに倒れて時間稼ぎ。

最後はヴェルディのGKがなかなか蹴らずに時間稼ぎ。

Zimg_2222aa

そして試合終了。

ヴェルディがベテランらしい勝負強さ、試合の持って行き方で勝利したゲームだった。

若い清水は振り回されて終わった。

黒ユニフォームをまとった超ドSシリーズ、最初の試合から敗北。

Zimg_2232aa

ヴェルディにホーム&アウェイで負けてしまったわけだが

ヴェルディのようなベテランが中盤を支配してるチームに

清水エスパルスは弱いのかもしれない。

惜しくなかったな。

Zimg_2306aa

愛媛に勝てなかったのは非常に惜しかったが、この敗戦は惜しくない。

だがヴェルディとの相性が悪いというだけで、これから先、必要以上に悲観すべきではない。

とはいえ順位も町田に抜かれ、プレーオフ圏外へ突き落とされた。

町田はあの戦意が続いているのだろう。

Zimg_2316aa

ヴェルディに対しては無理なチームなんだろうな。二川の試合をフィニッシュさせる力。

比べて前節の愛媛戦はもったいなかった。

ボムヨンは圧倒的にフィジカルで勝てるので今後が楽しみだ。

ヴェルディ相手にホーム&アウェイでやられて、100回戦っても現状では勝てないのだろう。

Zimg_2800aa

ただ、勝てる相手に勝ちたい。

愛媛戦では選手も監督も情けなかった。

あの愛媛戦での惨めさを弾き飛ばせる試合を、今後に期待したい。

ヴェルディのようなベテランが中盤を締めるチームはどうにもならんね。

| | コメント (0)

パルちゃん by めめてん  ハニーハニー横浜

Zp1070876

めめてんがパルちゃんを握ってくれました。

うん、そっくりだ

めでたし、めでたし。

| | コメント (0)

« 2016年7月10日 - 2016年7月16日 | トップページ | 2016年7月24日 - 2016年7月30日 »