« 2016年1月10日 - 2016年1月16日 | トップページ | 2016年1月24日 - 2016年1月30日 »

2016年1月17日 - 2016年1月23日

2016年1月23日 (土)

アジア最終予選  日本 準決勝進出 オリンピック出場まであと一勝

Zimg_5474r

リオデジャネイロオリンピック アジア最終予選 準々決勝

日本 3-0 イラン  ドーハ

得点 豊川 中島 中島

アジア最終予選もノックアウトステージに突入。

準々決勝の相手はイラン。

ここで負けるとオリンピックには出場できなくなる。

絶対に勝たなければならないセントラル方式の難所。

スタジアムに空席が多いのは

開催国の試合でないことやカテゴリーのこともあるけど

一番の理由は人口の無さでは。

カタール国籍が20万人ほどで、外国人労働者が200万人ぐらいでしょうか。

ここでロシアの次のワールドカップが開催されるそうで。大丈夫かいな。

ロビー活動に莫大な資金を使って開催権を獲得するが

そのあと何一つ実行しない。

Zimg_5469aa

試合開始。

青い日本、真っ赤なイラン。

じっくり日本が攻めてシュートまで行ったあと

イランはGKから速攻カウンターを仕掛け、一気に日本ゴール前まで辿り着く。

まさに予想された通りの攻防。

シュートまで行くけどゴールが生まれない日本。

カウンターで日本のペナルティエリア内までボールを運ぶも、シュートができないイラン。

イランがカウンター時にさらに人数をかければシュートまでいくだろうし

それを失敗したとき、日本は大きなチャンスを得る。

だがそこまではいかず、イランもカウンター戦術ながら慎重に守備をする。

Zimg_5471aa

日本はドーハまで応援しに行ったサポーターが多い。

わざわざドーハまで行った人に苦言するのも申し訳ないが

指笛はいい加減やめてほしいわ。

指笛応援なんて世界中どこを探してもない。

Jリーグですらない。

とはいっても、思い通りにならないのが世の中。

嫌なら自分が見るのをやめればいいだけ。

指笛のない普段の試合がどれだけありがたいことか。

そのために指笛の試練がある。

Zimg_5477a

清水サポーターにはお馴染みの櫛引が日本ゴールを守る。

櫛引はすでに移籍してしまったが、清水で失点し続けた汚名を代表で挽回だ。

前半最後、日本ゴール前でイランのフリーキック。

GK櫛引の見せ所。

櫛引のパンチングでナイスセーブ。

パンチングしたボールも一気にペナルティエリア外に飛んで良かった。

さらなるシュートをイランが撃つも枠外。

ここで前半終了。

スコアレス。

後半は選手交代の可能性が高まるが

同点の場合は延長戦となるで、そこまで考えての選手交代となる。

Zimg_5480aa

後半キックオフ。

どっちも慎重さがある準々決勝。

でもイランのほうが積極的かな。

イランのヘディングシュートがバーを叩いた。

もうぎりぎりです。

櫛引も届かなかった。

最終ラインでのボール回し。

危うく奪われそうになる。

渋い試合だなあ。

Zimg_5484aa

後半も残り時間が少なくなってきた。

久保が下がって浅野。

広島では途中交代の切り札としてリーグ優勝に貢献した。

代表でも途中からなのだ。

ウタカは広島へ行ったが、得点王とかとられちゃうと清水の立場ないな。

矢島が下がって豊川。

後半アディショナルタイムへ突入。

後半はイランがシュートまで行けているのに対し

日本はシュートまで行けずに終わっている。

スコアレスで90分終了。

延長戦へ。

Zimg_5582aa

延長戦の前半キックオフ。

日本もイランも負けっぱなしの90分で

指笛だけがスタジアムを征していた。

不愉快でストレスな指笛がヒートアップ。

ここまで害がある存在も珍しい。

ひどいもんだ。

Zimg_5511aa

サイドからのクロスを豊川がヘディングゴール。

日本先制。

ついに長い時間続いた均衡を破った。

重苦しかった90分。

やっとゴールが生まれた。

90分終了間際に交代出場となった豊川は体力がある。

重くなりがちな周りに引きずられず、突破口を切り開いた。

1-0で日本リード。

Zimg_5503aa

イラン10番とGK櫛引の一対一。

櫛引がしっかり押さえた。

再びイラン選手とGK櫛引が一対一。

低いシュートボールを櫛引が左足で弾いてクリア。

冴えている櫛引。

シュートを撃たれる回数が増えるほどGKが冴えてくるのは

人間能力的に必然であるが、良いプレーだ。

延長前半終了。

Zimg_5522aa

延長後半キックオフ。

指笛の男がアップで映った。

かなわんなあ。

ペナルティエリア外のサイドから中島のシュートが決まりゴール。

日本二点目。

ドリブルで攻め込んだ中島のシュートが決まりゴール。

日本三点目。

日本が3-0でリード。

一気に日本の大量リード。

イランの緊張の糸が切れた。

Zimg_5526aa

遠藤が下がって大島が入った。

もはやPK戦はないと確信した手倉森監督。

イラン選手とGK櫛引が一対一。

強烈なシュートに櫛引は届かないがボールはバーに弾かれた。

延長後半アディショナルタイムに突入。

あと少し。

そして試合終了。

3-0の勝利。

3-0というスコアに似合わない苦労した試合だった。

Zimg_5594

いよいよあと一勝。

準決勝に勝利してオリンピック出場を決め、決勝戦を戦いたい。

3位決定戦でオリンピック出場権を争うのは過酷だ。

いざ準決勝へ。

| | コメント (0)

2016年1月20日 (水)

オリンピック最終予選  日本 2-1 サウジアラビア  ドーハ

Zimg_4162a

得点 大島 マドゥー 井手口

すでにグループリーグ首位通過を決めていた日本。

消化試合となる三戦目はターンオーバーで控えの選手達の出番となった。

グループリーグ全勝で決勝トーナメントへ。

準々決勝の相手はイランだ。

イランが強いとか弱いとか中東だとか、そんなことはすべて吹き飛ぶぐらい一発勝負だ。

ここで負けるとオリンピック出場は消滅する。

悪魔のセントラル方式。

実力国が出場権を逃す可能性は高く、そうでない国にチャンスが芽生える。

Zimg_4169aa

グループリーグで苦労せず、ストレートに来てしまったのことはメンタル的に危うい。

だが三戦目でターンオーバーできたのは体力的に有利だ。

イラン、それはペルシア、ペルシャ猫だにゃあ。

毛深くずんぐりしたペルシャ猫に対し

日本猫は外来種との混血ばかりとなり、絶滅寸前である。

ここが一番の踏ん張りどころ。

イランに勝ってオリンピックに近づこう。

| | コメント (0)

2016年1月19日 (火)

AURISⅡ CHAR AZNABLE'S CUSTOM MS-185H-CA02

Zimg_3023aaa

車のシャア専用といえばオーリス。

鉄道では南海電車のネオ・ジオン仕様特急ラピートも人気だった。

連邦軍のガンダムは実物大が造られている。

比べてジオン軍は車や鉄道とのコラボ。より身近。

アムロの発展途上な幼さより、シャアの屈折して自立した精神があこがれになる。

Zimg_2888a

清水エスパルスに関わるすべての人達が

J2リーグ初戦の愛媛戦のことで頭が一杯だろう。

初戦がホームということは最終節はアウェイになりそう。

昨年、磐田が最終節でぎりぎり昇格を決めたことを思うと色々。

だが昇格するためにはJ2で圧倒しなきゃならない。

すべての相手が格下にならないとJ1昇格はできない。

Zimg_3088aaa

セレッソ大阪は柿谷が復帰し、J2でMVP級のプレーをすることが予想される。

横浜FCの試合では、キングカズが日本平のピッチに立つことになる。

かつての因縁がJ2の舞台で再燃とは、互いに苦々しい。

昨年J1時代にホームとアウェイの両方で負けた相手、松本山雅。

すべてのJ2チームが松本山雅級の戦意と若さをもって挑んでくるなら

清水エスパルスは困難を強いられる。

Zimg_3112wqaa

金はありそうなのに昇格する気配のない京都サンガ。

かつて清水でプレーし、岡崎よりも監督評価が高かった矢島。

今季は矢島が京都サンガ入りした。

GKは柏時代に栄華を築いた菅野が加入。

昨年の結果はぱっとしないが、今年は京都がいきそうな気配を感じる。

だが清水にとって一番の敵はJ2のピッチだ。

万年ベストピッチの日本平と比べ、アウェイの凸凹陸上は雨が降れば水田化。

清水のJ2ロードが一年で終わることを願う。

Zimg_3135a

ついにシャア本人も登場。

思ってたのと違う!という反応もあるが、これが現実。

実はコンパニオンはアルテイシアだったことも判明。

連邦軍のセイラがまさかジオン軍に寝返りとは。

Zimg_3204aa

アルテイシアに狙い撃ちされる。

オーリスは車輪が見ての通りのホイール勝ちでタイヤ薄。

高速走行には安定して最適ですが、低速走行だと路面の凸凹をかなり拾いそう。

ってことはスポーツカーに分類されそうですが、カローラの派生形ですし。

そのどっちつかずな感じが、シャア専用ザクの立ち位置にそっくりではないか。

このあとブースではシャアとの撮影タイムもありました。

| | コメント (0)

ZEONICTOYOTA AURISⅡ TOKYO AUTO SALON 2016

Zimg_2642aa

ジオニックトヨタはしばらく撮っているとコンパニオンが交代した。

ジオンクイーン・キャシーのコスは、ひと昔前に流行ったものです。

東方の時代があり、艦これに移り、いまはラブライブ!。

男装系は、おそ松さん。

Zimg_2603a

幕張メッセへ行くのには京葉線を使う。

ここでリア充と非リア充の対面が車内で起こる。

舞浜で降りてディズニーランド&シーを堪能するリア充。

海浜幕張まで行き、大勢いる割には孤独率の高いイベントに参加する非リア充。

東京駅から舞浜駅まではディズニー気分が強い。

行きはどちらも同じぐらいのテンション。

Zimg_2698aas

でも帰りははっきり違うね。

ディズニー帰りの人達は夢の国の気分が抜けず

車内でミッキーのカチューシャしてようが気にせず、お土産のグッズもたくさん。

一方、幕張メッセ帰りは

物販にしても宅配業者に頼む制度が普及してるせいか荷物が余りない。

テンションもただ疲れたといった感じ。

オートサロンはリア充なヤンキーが多く訪れていたが

彼らは改造した自家用車で来ているので京葉線を使わないのだ。

Zimg_2648

書いてる小説は80枚ほどまで来た。

書けるべくしか書ける内容であり文章。

淡々と積み重ねていく。

15年目の小説書き。

役者でも芸人でもミュージシャンでも15年目で売れてない人って結構いるけど

私も15年目でそろそろ最初の一作を採用してもらえないかと願いつつ

何一つ進展ない日々。

Zimg_2764aa

SMAPの謝罪会見がスマスマでありました。

光GENJIのバックで踊ってた頃から数えると

三十年近くジャニーズ事務所にいるわけで長いです。

SMAP自体、メジャーデビュー二十五周年ということで

いま三十歳ぐらいまでの日本人からしたら

生まれたときからずっと居る存在なのだろう。

Zimg_2772aa

私は世代的にもろにSMAPと同じです。

小学生の頃は近藤真彦と田原俊彦が大人気でしたわ。

バラエティでのボケぶりとやんちゃな態度、ドラ声の歌唱が人気だったマッチ。

キザで格好つけ、華麗なダンスで歌い、ドラマ主演が多かったトシちゃん。

シブがき隊はいまいち人気がなくて

当時のベストテン番組には出られなかったが、バラエティのゲストでよく見かけた。

スシ食いねェ!は当時もヒットしなかったのだが、回転寿司屋でいまだに流れている。

Zimg_2651

少年隊は洒落っけがなくて、ダンスパフォーマンスが異常にレベル高かった。

あの振り付けを真似できる人はなかなかいない。

そして光GENJIの爆発的な人気、芸能界史上最大の瞬間風速が訪れる。

あの時代を生きた人でないと

光GENJIがありとあらゆる分野でどれほど爆発人気だったか想像つかないだろう。

昭和では最後となった紅白歌合戦、

レコード大賞を受賞した直後、NHKホールに駆け付ける光GENJI。

視聴率も50%越え、昭和の芸能界で頂点の輝きだった。

Zimg_2652

男闘呼組は長い下積みのわりにデビューしてから人気収束するまであっという間。

忍者は長い下積みのわりに全くヒットせず、大失敗となった。

ここでジャニーズ事務所も終わりだという雰囲気となる。

そんな中でデビューしたSMAP。

忍者同様、消滅するというのが大方の見方だったろう。

そこをどう立て直したかは多くが知っているところ。

Zimg_2835

インターネットやHDDの普及により

著作権ビジネスが困難な世の中になった。

だが誰もがメジャー同様のパッケージを作り、全国に販売できる世の中にもなった。

情報は無料となり、誰もがネットでテレビ局を持てる。

可能性多き世界。

| | コメント (0)

2016年1月18日 (月)

ジオニックトヨタブース  シャア専用オーリスII  オートサロン2016

Zimg_2516

車に乗らない生活を送っているのにオートサロンに来た。

都心で暮らすのに車はいらないもの。

網の目のように地下鉄路線が走り、バスに乗る必要すらない。

だが自分の力で運転できる魅力が車にはある。

シャア専用オーリスⅡが展示されたオートサロン。

試乗する来場者も多かった。

試乗といっても運転席へ乗るだけで、走らせることはできないが。

Zimg_2378aaa

トヨタ自動車のブースは別のホールにあり、最大級のスペースを使っていた。

それは別のホールにこじんまりとあったジオニックトヨタブース。

いつか自分もシャア専用オーリスⅡに乗り、ジオン軍に入りたい。

いや、シャアは最後にジオンのトップを殺し、ジオン軍を破滅させ

アムロとの決着はつけず、逃げ延びて生き続ける選択をした。

ガンダムはシャアの物語であり、キャスバル坊やの苦難な人生が綴られる。

Zimg_2386aaa

赤いライトが前から後ろから当たりまくり、髪が燃えているかのよう。

顔も赤く火照る。

昨年は初日の一般特別公開に行ったせいか、入場待ちがかなりの列だった。

今年は最終日に行って、入場待ちもなく、それほど混んでもいなかった。

立ち強制が多くて、まともなアングルで撮影できないのが残念。

普通に全身を撮ろうとすれば、カメラの高さは胴体の真ん中になきゃいけない。

それより高ければハイアングル(俯瞰)となり、低ければローアングル(煽り)となる。

ハイアングル限定の撮影はつまらない。

Zimg_2390aa

屋外ではD1グランプリも開催されていた。

ドリフト走行の美しさを競う大会だ。

白煙を上げながら、ひたすら横滑りし続ける車達。

車は前と後ろだけでなく、真横にも動けるのだという発想。

滑ることを意図的に。

フィギュアスケートに近いかもしれん。

Zimg_2404aa

荷物は駅前のコインロッカーに預けてしまい

首からカメラを提げただけで会場入りする。

幕張メッセは以前、盗人にやられましたので。

コミケもTFTに荷物を預けてしまってカメラだけで乗りこんでいる。

その方がフットワークも軽く楽だ。

自宅からその姿で行って帰ってくるのもいいかなと思えてきた。

荷物を背負わない人生がいい。

いらないものはどんどん捨てて、簡素な住まいで暮らす。

Zimg_2407aa

東京はこの冬、初めて雪が積もった。

朝出かけたとき、自分の足跡が道に延々とついてしまい

白銀の世界に申し訳なかった。

昼頃にはすっかり除雪されて、道の端に雪が溜まっていた。

私鉄沿線は運行がろくにできず

駅に外まで人が溢れて、長蛇の列だったとか。

烏山は昔住んでたけど、過剰な人口に街が追いついておらず

駅前を歩くだけで人混みに四苦八苦だった。

Zimg_2409aa

最も過剰な人口を背負っているのは東急田園都市線か。

渋谷駅では乗り換えなしでダイレクトに半蔵門線へ入るのが魅力な路線。

こいつはいいわと大勢が移住し過ぎた。

田園都市線が順調に運行されていても、乗り切れなくて溢れがち。

本数が少し減っただけでもパニックなので、雪が降れば終わり。

925万人が暮らす東京23区。

世田谷区民90万人は通勤が大変だ。

思い切って神田に住むと、色んなことが楽。

| | コメント (0)

2016年1月17日 (日)

東京オートサロン2016  幕張メッセ

Zimg_2100

行かなくていいかなと思いつつ、初日を見送り、二日目を見送り、最終日。

やっぱ行こうと思い立ち、幕張メッセへ。

理屈じゃないね、そわそわする。

昨年は初日だけ行ったのだが、今回は最終日だけの参加となった。

10時過ぎに入って17時の終了までいた。

そんなに混み合うわけじゃなかったけど

コンパニオンさんが華やかなショーを見せるところは

開始前からカメコの人垣が作られていた。

Zimg_2108aa

当日券売り場で購入したので、間近だった北の9~11ホールへ入った。

今回は露出系のコンパニオンがいる業者を

北の9~11ホールへ全部集めてしまった印象。

年々自粛傾向のオートサロン。

ローアンは論外だが、座って撮ることすら許されないブースも多い。

囲み撮影が基本だが、最前が座らないから後ろが撮れない。

コミケで最前は座りというルールに慣れている人は戸惑うかも。

Zimg_2112aa

人垣の後ろから腕を伸ばしてカメラを頭上へ掲げ

バリアングルを見ながら撮ったりもした。

ローテーションも起きないし、それで撮れた分がすべて。

おかしな撮り方する業者が、おかしなDVDを販売しなきゃ規制もおきないのにな。

昔のオートサロンの画像を見ると、ハイレグのレースクイーンが一杯だ。

私はいまだに見たことないです。

そういうレースクイーン。今はみんなパンツスタイル。

Zimg_2158aa

北をひと通り回ったあとは、いよいよ幕張メッセの本丸へ。

東の8、7ホールから入った。

あとは6,5,4ホールの中へ行き、最後に3,2,1ホールの西で終了。

時間配分を計画的にしたので、17時終了のとき1ホールを最後まで見終えた。

後半、正直疲れた。

階段を上がって通路に出て、二回も休憩をとった。

暖房で乾燥して、喉が干上がってくる。

自動販売機のジュースは売り切れがなくて良かった。

こんなときはポカリスエット。

Zimg_2180

ショーのあるブースを撮るのは、余り上手くいかなかったかも。

最前も立ち強要なので、二列目の時点で全然撮れないから。

コミケだと最前座り、二列目座りか膝立ち、三列目以降立ちで

三列目なら普通に撮れるものね。

オートサロンは最前しか視界が確保されないのでむつかしい。

ただ、来場者参加型のブースも多く

コンパニオンさん達と一緒に写真を撮ってもらったりして面白かった。

Zimg_2182aa

オートサロンは客層的にカメコも多いけどヤンキーがさらに多い。

男は刈り上げてるのに後ろだけ微妙に伸ばすような髪型が溢れる。

あの髪型はひと目でそっち系の人だとわかる。

今はスマホのカメラを誰でも持っているので

ヤンキーは仲間でやってきては

あちこちのコンパニオンと集合撮影をするのを楽しんでいた。

その際の誘い文句や冗談が、かなりきついシモネタだったりして、ここには書けない。

Zimg_2186aa

全ホール回ったけど、まとめサイトを見ると撮りそびれが多い。

まあ仕方ないこと。

自分が訪れた時刻にタイミング良くすべてのコンパニオンがいるわけじゃない。

レーサーの方がイベントのゲストとして出演しているブースがちらほら。

レーサーの男性はみんなぴっちりした白ズボンとぴっちりしたシャツを着がち。

レーサーがレース場以外の公式な場に出るときは、それが正装なのだろう。

Zimg_2189aa

今回一番良かったのはジオニックトヨタのシャア専用オーリスブース。

もし有り余る金があるなら、私はこの車が欲しい。

死ぬまでに一度ぐらい自家用車を所有するなら、この車だと決めている。

普通に腰を下ろして撮ることもできたので、コンパニオンさんの全身が映える。

赤の照明が明滅していたので、コンパニオンさんの顔や髪が赤に染まりがち。

東京オートサロン2016、最終日にお邪魔しました。

| | コメント (0)

リオオリンピック最終予選  日本 4-0 タイ   استاد حمد الكبير‎

Zimg_0125a

得点 鈴木 矢島 久保 久保

弱い相手にしっかり勝つのも、フットボールでは大変なこと。

この勝利で決勝トーナメント進出が決まった。

決勝トーナメントの初戦がこのセントラル方式の肝だ。

その一戦を落とすともう終わり。オリンピック出場ならず。恐ろしい。

だがまずはグループリーグの三戦目が残っている。

すでに1位通過が決まった日本なので、思い切ったターンオーバーを期待。

Zimg_0112a

オリンピックのアジア最終予選で最も際立っている選手。

鈴木武蔵だろう。

どこからどう見ても黒人なのに、鈴木武蔵という名前。

父がジャマイカ人で母が日本人のようだ。

ダイナマイトな爆発力を。

櫛引も毎試合頑張ってるもんじゃ。

| | コメント (0)

« 2016年1月10日 - 2016年1月16日 | トップページ | 2016年1月24日 - 2016年1月30日 »