« 2016年7月31日 - 2016年8月6日 | トップページ | 2016年8月14日 - 2016年8月20日 »

2016年8月7日 - 2016年8月13日

2016年8月11日 (木)

清水エスパルス 2-0 V・ファーレン長崎  IAI日本平

Zimg_0044a

得点 北川 テセ

リオオリンピックで日本がグループリーグ敗退した本日、

静岡市清水区ではIAI日本平スタジアムで、清水×長崎の一戦。

清水のスタメンGKは植草。

昨年、J2でベンチにも入れないGKを加入させて、清水でスタメン起用すると言っても

誰も信じなかったろう。

だが植草。

Zimg_0055a

これまでの十数年に及ぶ植草のプロ生活を振り返る。

J1でもJ2でも、どんなチームに移籍してもほとんど試合に出ていない。

出場経験のないままベテランとなったGKだ。

そんな植草がついにベールを脱ぐのか。

あとは久しぶりに六平がスタメン。

主審は48歳で白髪の前田氏。

超ベテランだ。

Zimg_0087a

コイントスで陣地を通常と逆にした。

太陽の位置を考えても通常の位置が良いように思えるし謎だ。

風向きなどだろうか。

長崎ゴール裏はドラが鳴っている。

長崎のコーナーキックでは植草コールが発される。

Zimg_0108a

清水は攻撃がそこそこ上手くいくのだが

あと一歩のところでパスが繋がらない。

芝で滑っている選手が多い。

スコアレスで前半終了。

Zimg_0115a

後半が始まったが、やはりパスがあと一歩で繋がらず上手くいかない。

長崎はロングシュートをよく撃つがまったく枠をとらえていない。

長崎の声援は聞こえないが、ドラだけはよく鳴っている。

清水のサンバに長崎のドラが混ざる。

Zimg_0151a

残り30分、石毛を下げて北川。

枝村が上げたクロスに白崎がヘディングシュート。

ボールはGKに弾かれるも、こぼれ球を後ろから走りこんできた北川がシュート。

ゴール!

清水1-0長崎。

枝村や北川のようなユース出身が活躍すると

サポーターもまとまりやすくてありがたい。

面倒な問題がすべて回避できる。

Zimg_0180a

残り15分、枝村を下げて村田。

ボムヨンはパワフルさだけでなく、気の利いたボール捌きができている。

小林監督との対話も日本語だ。

清水のコーナーキック。

河井の蹴ったボールをテセがヘディングシュート、ゴール!

こんなの当たり前だと余裕を感じさせるテセのゴール。

清水2-0長崎。

Zimg_3800a

村田がカウンターを一人で仕掛け、GKと一対一になるも

大きく外れたシュートを撃った。

このあたり技術というよりメンタルか。

いつ撃っても良かったが、GKとの駆け引きをしないまま至近距離になった。

そして至近距離から仕方なくシュートを撃つも

コースを消されたため途方もなく外した。

Zimg_3814a

残り数分、テセを下げて長谷川。

90分を過ぎた。アディショナルタイムは3分。

最後は村田のシュートが跳ね返されて試合終了。

きっちりと勝てた試合だった。

悩ましい試合展開になっても粘っていればポテンシャルの高さで持っていける。

GK植草に関してはボールに触る機会が少なかったのでよくわからない。

Zimg_3815a

清水エスパルスは5位に浮上。

自動昇格圏まで勝ち点差6。

上位はなかなか負けないので、こちらが勝っても差が縮まらないし

負ければ差は広がる一方。

次の試合は中二日でのホームゲーム。

このアドバンテージを生かし、超ドSシリーズの最終戦、山口に勝つ。

| | コメント (0)

サッカー日本代表  リオオリンピック グループリーグ敗退

Zp1070959

日本 1-0 スウェーデン  サルバドル・フォンチノバ・アリーナ

得点 矢島

三試合連続でハニーハニー秋葉原のパブリックビューイングに参加。

オリジナルカクテル、サムライブルーを飲んだり。

フィッシュ&チップスを食べたり。

惨敗でのグループリーグ敗退ではなく、1勝1分1敗での敗退。

非常に惜しかった。

今回のオリンピックの敗因を挙げれば、手倉森監督の選手起用に尽きる。

Jリーグで活躍しているU23の選手を使わず

アジア予選突破に貢献した功労者を最終的に選んだこと。

その一番の極みが初戦のGKに櫛引を使ったことだ。

Zp1070963a

過酷だったアジア最終予選。

当時J1の清水エスパルスでスタメンだったGK櫛引は

オリンピック代表として大きく貢献した。

だがその年、清水エスパルスはJ2に降格し、櫛引はJ1チームへの移籍を決断。

今年は鹿島でベンチ生活を送っていた。

他のポジションならともかく、GKは試合勘が最も必要。

実戦から遠ざかっている櫛引をオリンピック本番初戦で使ったのは

手倉森監督の信頼と感謝が詰まった判断だった。

そして大量失点。

2試合目からはJ1柏でスタメンを務めるGK中村を起用したが、時すでに遅し。

Zp1070966

過酷なアジアを共に戦った盟友達をオリンピックに連れていきたい。

誰もが理解できる感情だ。

だがやはり、そのとき最高のクウォリティとはいわないけど

せめて所属クラブでコンスタントに試合に出場している選手を起用しないと難しい。

他のポジションならともかく、GKだけは実戦から遠ざかっている櫛引を避けるべきだった。

だがそこで櫛引を使う手倉森監督の人柄だし

オリンピックは出場することに意味があるんだという価値観だったと思う。

これを反省として今後の日本代表に役立てるか。

それとも手倉森監督の価値観、功労者に箔をつけるためのオリンピック出場とすべきか。

GKだけは所属クラブでベンチを温めている選手を使うべきではなかった。

それがすべてだな。

惜しかった。

もったいない。

| | コメント (0)

2016年8月10日 (水)

楓BD  ハニーハニー秋葉原

Zp1070944

ハニーハニーのレジェンド、楓さんのバースデーがありました。

あっさりした楓カクテル。

楓さんがいるだけで嬉しい気持ちになれるハニーハニー。

楓さんと共にあり続けたハニーハニー。

チェキを撮りましたが、もらえるのが二年後らしいので

それまで無事に生き残らなくてはいけない。

Zp1070949

楓カクテル薄め。

オリンピックが毎日やっとりますね。

競泳の男子800メートルリレーは見ていたのですが

最後の四人目で抜かれて3位後退。

惜しかったなと思ってましたが、この種目でメダルが取れたこと自体、半世紀ぶりだったそうで。

日本人はクロールは駄目だという概念を打ち破って銅メダル。

Zp1070950

帰りに最近できたというアフィリアの秋葉原店に近づいてみた。

入らなかったけどビルの一階をうろついた。

昔はしこたまアフィリアに通ったもんです。

もう少しでシルバーカードかなと思ってたら、システムが変更されて

同時に池袋の学院カフェも潰れてしまい

それから自然と行かなくなった。

ハニハニのかなたさんが魔法使い見習いになって給仕しているそうなので

一度行ってみようかと思いつつ、今は混んでるみたいなので涼しくなってからでいいか。

この上の9階が相席屋なのですが、一度も行ったことないけど高いやね。

男性は一時間の食べ放題セルフで6000円ぐらい。

そして女性は無料。

これって女性だったら毎日でも通ってしまうように思えてならないです。

自炊して食費を切り詰めるより、無料で提供してくれる店があるわけですから。

男だと逆に一時間で6000円なら、下の階のアフィリアで女の子にドリンクやフードを

奢って自分の前に囲ったところで、6000円はかからないし、

だったらアフィリアでいいかという気がしてしまいます。

チャージのないメイド喫茶にドリンク一杯で何時間でも粘ってる人にとっては

どちらも高額に違いない。

| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

ユニコーン ゆ13-14 購入

ユニコーンのニューアルバムを購入。

今回はシンプルな印象。

CDを買うこと自体、アーティスト活動を存続させるためのお布施的意味合いが強い昨今。

ユニコーンがまだまだ続きますように。

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

リオオリンピック 日本 2-2 コロンビア  アマゾニア

得点 グティエレス OWN 浅野 中島

競泳を見てたりして池江選手は惜しかったなと思いつつ、前半の途中からハニハニのPVに参加。

今回のPVは合計9人の客となり

前回のナイジェリア戦より増えました。

そんなハニーハニー秋葉原の熱意に押されたのか

なかなか良い試合となった。

ロシアの主審がJリーグ並にか弱くファウルをとっていくので

国際試合としては異例の厳密さとなり、カードが多く出た。

手倉森監督が勇気をもってGKを変えたのは評価できる。

失敗を全部クッシーのせいにして大会を終えることもできた。

でもクッシーに変えて柏のスタメンGKを起用。

初戦の過ちを自分で認めた格好になり、面子重視の人間なら絶対できないこと。

勇気ある手倉森監督のGK交代。

良い大人ができないことです。

立派だよ。

試合展開は勝つこともできる内容だった。

三試合目は裏のカードでナイジェリアが勝ってくれたら、日本にとって非常に楽。

でもナイジェリアが負けると日本は終わる。

決勝トーナメント進出の可能性は充分あるので、思いきり全力で臨んでもらいたい。

クッシーを代えたことで、このチームは面子じゃなく実力勝負なんだって全員が感じられたはず。

ハニハニでは、ゆうか&めいとチェキを撮ったりした。

ゆうかちゃんは試合後もオウンゴールの選手を非常に責めていましたが

確かにあそこまで自軍のゴールにシュートをはっきり撃ちこむようなオウンは滅多にないね。

三試合目で勝つぞ。

| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

北海道コンサドーレ札幌 3-2 清水エスパルス  札幌ドーム

Zimg_1616a

得点 内村 ヘイス 北川 テセ 都倉

全国的に高温注意報が出されている真夏の猛暑日。

だが試合は14時からのデーゲーム。

冷房の効いた札幌ドームでの試合。

でも入場待ちはしんどそう。

Zimg_1613a

清水のスタメンは変わらず、金子ではなく新加入の長谷川悠がベンチに入ってきた。

札幌は元磐田の菊地や名古屋の黄金時代を築いた増川が守る。

増川といえばハニロウカーの所有者である。

FWは芸能一家の都倉。

ベンチにはベテランの河合や日韓W杯で活躍した元清水の小野伸二がいる。

札幌がリードできたら試合を締めるのが上手そうだ。

Zimg_1598sa

札幌市内は今年最高気温だそうで。

さすがにゴール裏は人口密度が少な目ですが

頑張れエスパルスサポーター。

首位札幌と戦う。

ホームでは負けた。

アウェイの札幌ドームで勝つ。

Zimg_1600a

自分が出身の沼津のチームも徐々に上がってきてしまい

実家に帰ると近所に沼津のチームの旗が掲げられていたり。

エスパルスを応援し続けてきたが

沼津との兼ね合いをどうするかと思ったりもするが

まあ清水エスパルスだけですよ、私には。

Zimg_1602s

札幌は失点が最も少なく、清水は最も得点が多いチーム。

エスパルスサポーターがカメラでアップに映される。

日本全国どこでも駆けつける勇者たち。

私は堕落したサポーターですが

冷房の効いた自宅で清水エスパルスを応援。

Zimg_1603aa

札幌ゴール裏は赤と黒の風船が大量に舞っている。

ハニロウカーの増川は娘さんを連れて選手入場。

沼津出身の小野伸二はベンチ入り。

札幌ゴール裏は風船を各サポーターがゲットし、振っている。

Zimg_1605sa

キックオフ。

エスパルスのサンバの打楽器演奏が札幌ドームに木霊する。

円形の空間に長方形のピッチを置いているので

ゴール裏はぴったりくっつくが、メインとバックスタンドは陸上競技場に近い。

メインスタンドの中央カメラからのアングルは

万博陸上に近いものがある。

画面が上下にぎゅっと圧縮されて、上から撮ってるわりに選手がピッチレベルな感じ。

Zimg_1607a

増川とテセの距離が近いね。

とてもテセを意識しているのがわかる。

名古屋グランパスをリーグ優勝に導いた増川。

ハニロウとは縁がある。

Zimg_1627aa

前半4分、さっそく札幌が先制ゴール。

札幌1-0清水。

GK杉山のポジショニングが悩ましい。

なんだかディフェンス陣が全然いなかったね。

札幌は内村の飛び蹴りシュートで先制ゴール。

Zimg_1629a

都倉がシュート。

GK杉山、ぎりぎりでとめた。

中盤であっさりパスカットされるシーンが多い。

エアコンスタジアムなのに体力温存しすぎなエスパルスか。

札幌の走りっぷりはエアコンスタジアムなのを理解している。

Zimg_1630aa

石毛がワントップのように張るシーンが多い。

ただ単に守備に替わっても攻撃をあきらめないだけか。

テセと白崎がその背後に存在。

枝村は引き気味になることが多い。

石毛、テセ、白崎の3トップ体制に見える。

Zimg_1644a

サンバのリズムが札幌ドームに響くのが心地いい。

低く太い太鼓の音色。

バスが効いている。

このカメラアングルだと中盤は見やすいが

ゴール前は選手が混雑しすぎてわかり辛い。

札幌ドームは、やはり陸上競技場アングルだな。

専スタだとゴール前がテレビでも見やすい。

Zimg_1525aa

札幌はすべての選手が生き生きとしてるなあ。

この元気良さはどこから来るか。

エアコンスタジアムだから外の倍のペースでプレーしても大丈夫といったところか。

清水は試合が終わったあと、あんまり疲れてないなと零すようではつらい。

Zimg_1528aa

札幌のゴール裏はラッパが吹かれている。

ラッパのチームには負けたくない。

札幌の唯一の弱点はラッパにあり。

ラッパの存在は厳しいフットボールの世界では汚点となる。

Zimg_1541a

激ゆる傾斜のバックスタンド前列が映る。

列の前と後ろの高低差がほとんどないという平らに近い可動内野席。

まるで見えないという点において日本一の激ゆる傾斜だ。

可動内野席部分はサッカーの試合で使わなくていいと思う。

誰もが一度だけ行って懲りるだろ。

Zimg_1544aa

選手の表情を見るにはいいアングルだが

ゴール前はごちゃごちゃでわかりませんなあ。

そういえばでかい旗を突き立てて持っている習慣がないのは

エスパルスゴール裏ぐらいだね。

旗を振るのは振っただけ周りとの融合を果たさないといけない。

Zimg_3405a

清水エスパルス二失点目。

これはひどい。

GK杉山が保持しているボールをキック。

これを札幌選手がそのまま受け取ってシュート。そしてゴール。

さすがにこれはないよ。

札幌まで遠征している清水サポーターを前に、このプレーはがっかりすぎる。

つらい。

GKが保持してるボールをそのまま札幌に渡して、そのままゴールを決められた。

いくらなんでもあんまりだよ。

こんなプレーをプロのGKがしちゃいけない。

オリンピックの日本代表よりひどい。

Zimg_3410a

でもまあ、まだまだ前半。

ここから盛り返していきましょう。

失点の多さはいつものこと。

それよりさらに得点を決めよう。

時間はたっぷり一時間残ってる。

Zimg_3398a

カメラでアップする村田をとらえたが

アップする選手が試合を観られないのは札幌ドームの難点だ。

ピッチより低い、可動式ピッチの土台部分の高さでアップをしているので

ピッチが頭上より高くて見えないのだ。

Zimg_3426a

どちらのチームも忙しく動き回り、ボールが動く。

エアコン効果。

中盤でそこそこボールがとれるが、最後まで行かない。

守備が固い札幌。

Zimg_3427a

前半終了。

札幌2-0清水と二点ビハインド。

やはりこのGKではどうにもならない。

とはいえ他に良いGKがいるわけでもない。

失点のすべてをGKの責任にするつもりはないが

どうにもGKのアホらしいミスすぎる。

Zimg_3451a

後半キックオフ。

ここは一つ、GK杉山を応援してやってほしいものです。

杉山がまともに戻らなきゃ清水に勝ち点は来ない。

札幌のラッパに勝つぞ。

清水の太鼓で。

Zimg_3466a

ボールを持った枝村が札幌選手三人に突き飛ばされてファウルを得た。

リスタートのボールを枝村が受けて

ワンツーから枝村がさらに右サイドへ突き進む。

ボールは外に出てコーナーキック。

枝村が低めにボールを蹴ったがゴールには繋がらず。

Zimg_3482a

残り30分。

石毛を下げて北川。

札幌と清水の選手が合体して倒れこむシーンが多い。

ピッチコンディションの良さがこれを生んでいるのだろうか。

Zimg_2212a

テセがのってない。

札幌ドームの屋内環境に適応できずか。

厚別の方が良かったか。

なんとかテセをのせたい。

Zimg_2274a

ボムヨンに対して札幌が足の裏を見せて突っこんで来た。

札幌選手にイエローカード。

二点差はひっくり返る可能性が高い。

最後まであきらめず。

だが頼みのテセは何度もシュートをふかしている。

今日のテセはシュートが決まらない。

全部宇宙開発。

本人も苦い顔。

Zimg_2276

残り20分、枝村を下げて村田。

17576人の動員。

J2としては異例なほど多い客数だが

札幌ドームがでかすぎて空き気味に見えてしまう。

Zimg_2270

テセがゴールまで二メートルぐらいの超至近距離からシュート。

これがポストを叩く。

今日のテセはどうしてもシュートの精度が悪い。

のらないテセ。

スーパーシュートを連発できるポテンシャルは復活できるか。

Zimg_2302a

テセのヘディングシュート。

札幌に防がれるが、零れ球を北川がシュート、ゴール。

札幌2-1清水。

一点返せた。

残り15分。

ここから盛り返すぞ。

Zimg_2314a

残り10分。

竹内が下がって新加入の長谷川悠が初めてピッチに立った。

守備的な選手を減らして攻撃を増やした。

勢いをぶつけるぞ。

Zimg_2332a

右サイド、ボムヨンと村田の区別がつきにくい。

どっちも金髪。

ゴールデンな右サイド。

村田はどうしてもボールを受けてから蹴るまでに時間がかかる。

Zimg_2341a

右サイド、村田からクロス。

テセがヘディングで決めてゴール。

札幌2-2清水。

ついに同点に追いついた。

まだまだ行くぞ、清水エスパルス。

Zimg_2347a

今日はキックの精度が駄目なテセだけど

空中の高さと安定感は消えていなかった。

空中では抜群の強さを持つテセ。

決めてくれた。

Zimg_2356

残り5分。

札幌も勝ちに来る。

ならば清水にも攻撃のチャンスが来る。

ダイナミックな残り5分だ。

Zimg_2359

双方交代枠を使い切って、札幌は小野伸二が結局ピッチに立たず。

90分を過ぎてアディショナルタイム5分。

勝ちたい。

勝ちたい。

勝ちたい。

Zimg_2363a

そして最後の最後、またGK杉山がやらかした。

都倉がゴール。

札幌3-2清水。

どうしてこんなにも駄目なんだ。

Zimg_2366a

強烈なシュートを決められた記憶がなく

どれもふんわりしたやつだ。

GKがまともに判断していれば防げている。

つらい。

Zimg_2370

清水の戦士が全員こんなに必死に走って頑張ってるのに

GK一人のために

こんなにつらい思いをしなきゃならないのか。

GK杉山力裕。

プロとして技術がなさすぎる。

おかしい。

こんなプレーはプロとしておかしい。

Zimg_2371

杉山はペナルティエリアを飛び出してボールを蹴るわけにはいかなかったのか。

ペナルティエリアに留まって

あっさりループシュートを決められる不幸。

わからない。

本当にわからない。

Zimg_2372a

序盤から相手選手にボールをパスするGK杉山。

最後はなぜか飛び出さずにループを決められるGK杉山。

このGKに関して理解できない。

すべて判断の問題だ。

もっとも基本的な。

Zimg_2376

極端にプロレベルでない精神というべきか。

GK杉山。

崩壊している。

判断がまるでできないほど精神崩壊している。

ここまで頭が壊れた選手はもう使えない。

杉山力裕を見限る試合となった。

大量失点しても、さらに得点することで見逃されてきた。

だがここで終わりだ。

とはいえ他に誰がGKを務められる?

Zimg_2383a

こんな清水のディフェンスだが

このままできないなりに必死にやり続ければ

シーズン後にプレーオフに参加できると思う。

そこでこのような試合をやらかしそうだ。

今年昇格を逃せば来年はテセがいなくなるんじゃないか。

ここまでお粗末なディフェンス陣。

GKの決定的な欠落。

崩壊して終わってる。

こんなんじゃプレーオフに出られたとしても勝ち抜けない。

Zimg_2391

今回の札幌は調子がよくなかったにもかかわらず

個々の選手のポテンシャルがJ1レベルだったと思う。

J1レベルのプレーを見せられたとき、全部失点した。

他のJ2チームであのような攻撃は見られないだろう。あるとすればセレッソぐらいか。

それにあっさりやられる。

ディフェンス陣全体がおかしかったとはいえ、GK一人の能力がJ1レベルだったなら

失点は全部防げた。

GK杉山力裕はそうした判断ができないのが身の程だと露呈された。

一失点ならともかく三失点ともそうだ。

Zimg_2394

唯一フォローできるなら、札幌ドームの芝がボールをとめやすく、ロングボールの際、

もっとこちらに転がってくるだろうとGKが思うのに反して、ボールが来ないという点がある。

札幌選手はそれを知り抜いていて、あえてそうした曖昧な位置にボールを送り

ボールが芝にとめられるのを利用して、相手の予想を覆し、ゴールに結びつける。

だとしても三回もそれを繰り返してしまうのは痛い。

オフェンス陣のミスも札幌ドームの芝がボールをとめやすいという点に

慣れてなかった結果、生じているのも事実だ。

でもそれでも、やはりGK杉山力裕の判断はプロではなかった。

Zimg_2400

他のJ2チームで札幌のような個の能力の高さは存在しない。

だがJ1に上がったらこれが当たり前で、フルボッコされて一年でJ2へ出戻りだ。

少しクウォリティの高いプレーを見せられると、ここまで潰れるんだと失望した。

順位はプレーオフ圏ぎりぎりの6位にとどまれた。

いまプレーオフが行われたら、やはりトップには立てない。

GKをどうしたらいいだろう。

あれは練習やコミュニケーションでどうこうなるものでなく、個の能力の限界を示している。

またこの一戦をもって、シーズン前に掲げたJ2優勝という目標をクラブは撤回。

早々と札幌のJ1昇格が決まった場合、その後の札幌は気が抜けるだろうし

対戦するチームは有利となる。

それもまた清水エスパルスにとってはハンデだ。

| | コメント (0)

« 2016年7月31日 - 2016年8月6日 | トップページ | 2016年8月14日 - 2016年8月20日 »