« 2016年8月14日 - 2016年8月20日 | トップページ | 2016年8月28日 - 2016年9月3日 »

2016年8月21日 - 2016年8月27日

2016年8月27日 (土)

天皇杯1回戦 清水エスパルス 2-1 関西大学  IAI日本平

Zimg_1827

点 金子 竹下 長谷川

J2なので天皇杯は一回戦から参戦です。

メンバーはベンチ外というよりはベンチが一気にスタメンに名を連ねた模様。

関西大学の監督はJ1リーグ10000ゴール男の前田雅文。

ヤコヴィッチと弦太が久しぶりにピッチに立ったわけだが

最後まで戦い抜いて、二人が守る最終ラインはどうだっただろう。

一週間後の二回戦は水戸ホーリーホックをIAI日本平に向かえる。

これに勝つと三回戦以降は平日開催の過密日程になってくる。

リーグ戦同様のガチメンバーを水戸戦に持っていくのか。

それとも一回戦程度の面々で戦い、その後は運に任せるのか。

指針がはっきり合った方がいい。

曖昧なままでは選手も下手な怪我で離脱しがち。

| | コメント (0)

C90 マロパピ Z1 レーベレヒト・マース 艦これ その6 終わり

Zimg_2094aq

小説が完成したし投稿できた。

この事実だけに満足すれば、後はもういいのではないか。

今は荒れ狂っている。

苦しい。

地獄だ。

理由はわかってる。

推敲作業で圧し掛かったストレスが自分を潰し、混乱が訪れている。

Zimg_2094ar

これ以上暴れるとどこにも居られなくなるので

なんとか落ち着いて気を鎮めたい。

また次の小説を書きたいから。

Zimg_2181a

やりたいことや願望が色々あったとしても

それを断念して生き続けるのも大事な選択だ。

小説が書けた。

それだけでいい。

あとは全部、自分の無能さと自堕落さで潰れたとしても

それでいい。

Zimg_2095a

自分は小説を完成させることができた

投稿できたんだと自信を持って

そのあと自暴自棄になっている自分に納得する。

こうしたい、ああしたい、はつねにある。

予定もあった。

それができない。

薬に溺れて休む。それでいいはず。

Zimg_2128a

日々怖くて仕方なく

人々を脅しては安堵するわけですが

これでは駄目だと苦悩し

うつうつとなる。

Zimg_2151a

終わりある日々。

神田で生きる。

この街を追い出されたらもう行くところがない。

Zimg_2168a

大名屋敷があったこの土地は

関東大震災で生き残るも、アメリカ合衆国に空襲されて焼け野原となった。

これだけ散々やられておいた挙句

戦後にアメリカ合衆国を受け入れる大歓迎な姿勢が凄いですな。

日本の大きな特徴だ。

Zimg_2298a

日々不安定。

自分の中に自分を脅かす猛獣がいて

そいつが背中から湧き出てくる。

必死に消そうとするも

振りきれずに抱えて生きる。

Zimg_2311a

マロパピさんのレーベはこれで終わり。

C90の艦これ。

| | コメント (0)

C90 マロパピ Z1 レーベレヒト・マース 艦これ その5

Zimg_1891a

そろそろまた睡眠薬に頼って飛ぶしかないかという体調。

メンタルが沈没してる。

どうでもいいことで、今は関係ないことで落ち込みすぎている。

誰からも理解されないし、誰に頼ることもできない。

依存できる対象があるうちは、友人なり家族なり

泣いたりして晴れ晴れするのかもしれない。

そんな相手が一人もいないと自立せざるを得ない。

自立の先にあるのは潰れていく精神だけか。

Zimg_1902a

世の中うまいことやっていけたらいいが

到底無理だ。

幼い頃から無理だったし、いまだに無理。

無口でよくキレる凶暴な嫌われ者。

そんな自分が社会とどうかかわっていくか。

Zimg_1911a

終わりにしたいときは多い。

これ以上はもう嫌だ。

どこまで踏ん張れるだろう。

Zimg_1928a

自分が生きる原動力は小説だけだ。

いまだ一作も採用されない。

書き続けて15年目だ。

若くもないし何もない。

俺の小説が面白いはずだと信じて疑わない妄想が生きる気力。

Zimg_1931a

怒りが体に充満し、溢れ出す。

溢れ出す部分で

周りから白い目で見られる。

Zimg_1957a

このまま終わってたまるかという戦意はある。

自分の小説は面白いと思うけどなと自負する反面

投稿する誰もがそう思っているのだろうという事実。

最後まで残らない。

そんな15年目。

Zimg_1987a

部屋でダウンしてるとき

テレビでシティボーイズライブを観ていたりする。

マンドラゴラの降る沼が最も繰り返し観ている作品だ。

寺の境内で催されたテント公演。

演者が客演も含めて全員上手いので観ていて楽だ。

偏った特定の演技を天然でするだけの役者も味があるが

引き出しが多い万能な役者は観るに楽。

Zimg_2350a

その次には鍵のないトイレが多い。

画家の展覧会コントは現在の自分と重なるものがあり癒される。

NOT FOUNDや真空報告官Pも好きだが

メンタルが潰れているときに見られる類ではない。

Zimg_2353a

シティボーイズライブは昨年終わった。

実際観に行ったことはほとんどない。

天王洲アイルで観劇したこともあったが

圧倒的な情報量に対し、生で反応できる部分はあまりに少なく

自分は劇場で理解できないとあきらめた。

Zimg_2379a

自信がない。

甘栗さんの列に並び続けるのをあきらめて

隣のマロパピさんの囲みに参加したが

マロパピさんは可愛らしく素敵だった。

レーベのもつポテンシャルを生かせている。

Zimg_2391a

この石畳にあとどれだけ通い続けられるか。

ルールも人もつねに変化していき

自分が通い始めた10年前の面影はない。

孤独な人ほどこうしたイベントに参加したがるものだから

延々と付き合っていけたら。

| | コメント (0)

2016年8月26日 (金)

C90 マロパピ Z1 レーベレヒト・マース 艦これ その4

Zimg_2408a

囲みが少なくなってきたコミケのコスプレエリアですが

囲みでやってくれるのはありがたいものです。

露出系のコスでなければ過剰な人垣もできず

レイヤーさんと距離もしっかりとって撮影ができ、誰もが満足。

Zimg_2416a

囲みが超至近距離になっていく昨今の状況はどうにかならないものか。

カメラじゃなくてムービーを握ってる人ばかりだものな。

そうでなければ列撮影。

その中間にあるべき、適正な距離をとってカメラで撮影、これが消滅してきてる。

炎天下で列に並ぶのは無理ですわ、年齢的に。

Zimg_2422a

昭和の頃の夏と違って今の夏は暑いですから。

日本も世界も気候が変わってきた。

地球の温暖化は原発の処理と比べたら優先順位が低いですな。

Zimg_2256a

秋葉原の深夜はねずみが多い。

街路樹の根元にはねずみだらけ。

なぜここまでねずみが繁殖したかというと

猫の放し飼いを禁止したため、ねずみを獲る猫がいないためである。

Zimg_2028a

猫をある程度外へ出していかないと

ねずみは増殖する一方だ。

江戸の町は猫の町であった。

猫が衛生面の治安を守る神だった。

今はそれをなくしたため、ねずみの急増殖に対応できずにいる。

Zimg_2014a

でんぱ組.incは来年はじめのワンマンライブを発表した。

幕張メッセで三日間、神戸で二日間だそうな。

幕張メッセは9~11ホールを用いた大規模コンサートではなく

イベントホールを使うようだ。

イベントホールは仮設客席を多めに作っても5000席ぐらいだろうか。

Zimg_2046a

今年は沼津市民文化会館の公演を見ただけなのだけど

でんぱ組は様々なバンドやグループと対バンをこなしていったそうで。

ご苦労さまです。

えいたそもすくすくビッグになっていきます。

Zimg_1855a

ハニハニやくれぷすきゅーるでメイドをやっていたペコシカが

アイドルデビューするそうで。

アイスクリームスーサイドというグループ。

6人組の赤担当。

Zimg_1872a

山田ゆとりという名前になったそうで。

きゃりーぱみゅぱみゅになると豪語していたペコシカですが

一歩近づいたかもしれない。

| | コメント (0)

C90 マロパピ Z1 レーベレヒト・マース 艦これ その3

Zimg_2072a

蔵前橋通りの高架下は浮浪者の寝床になっている。

いや、24時間居続けているので寝床というか家である。

広めの歩道は浮浪者達の生活場所である。

彼らは暑い夏、上半身裸でいる。

みな日焼けしているというよりは煤けた黒さがある。

互いに話していたり、一人で演説していたりする。

Zimg_1837a

演説というのは通行人に向けてではなく

その場にいない架空の誰かと会話をしているような調子だ。

これは一般人にもたまに見かける。

携帯電話に怒るふりをして、一人で怒鳴り散らしている人は多い。

中高年の婦人によく見かける。

Zimg_1814a

浮浪者の特徴として挙げられるのは

年老いて見えるが実際は若いのだろうということ。

私より若いような浮浪者が

蔵前橋通りの高架下には多い。

みな荷物が多い。

集めた缶の山。酒。

Zimg_2073a

浮浪者の多い千代田区ですが

物乞いは見かけない。

最も人通りの多い駅前に余りいない。

ネカフェ難民の類が寝転んでいる程度だ。

山手線の駅と駅の中間ぐらいの大通り、その高架下に密集している。

| | コメント (0)

C90 マロパピ Z1 レーベレヒト・マース 艦これ その2

Zimg_1667a

暑かったC90。

そういえばこの場所に来たとき、最初は甘栗さんの列に並んでいたのだった。

甘栗さんは日陰にいたが、列のできていた場所は直射日光が降り注ぐ場所。

隅で折り返して20人以上並んでいた。

一人三分だとしても、お喋りが長い人もいるし、ううう……

10分ぐらい並んだあと、体力的にもう駄目だ、死にそうだと列を離れ

近くで撮影をしていたマロパピさんの囲みに参加したのだった。

こちらは日陰で楽だった。

Zimg_1660a

甘栗さんを一枚も撮らないコミケとなった。

こんなのは何年ぶりだろう。

屋上で囲みもやったらしいのですが出会えず。

スマホがないと情報を得られずに厳しい面もある。

スマホを買うべきか。

でもスマホを買ったら延々と依存し続ける生活になるんだろう。

それは怖い。

Zimg_1669a

携帯電話には電話機能しかつけていない。

メール機能もない。

それで生きている。

どこでもネットができるとなると、どっぷりそこに依存した人生になるんだろう。

ただコミケのときなど

気になるレイヤーさんの動向を知るのに便利だろう。

Zimg_1685a

甘栗さんがすっかり遠くの存在になってしまったなあ。

小説を書き終わったあと、推敲作業の苦行が原因で精神が崩壊している現在。

とてもつらい。

小説が完成したのだし、解放されて遊べばいいようなものだが

推敲で擦り減らされ、ぼこぼこに潰れた頭はなかなか治らない。

| | コメント (0)

C90 マロパピ Z1 レーベレヒト・マース 艦隊これくしょん

Zimg_1731a

夏だけど秋バージョンのレーベです。

Z3は夏バージョンが出てます。

コミケのコスプレエリアでは島風がいまだ強い人気。

他の艦これコスプレは一時期の勢いは薄れてきた。

でも延々と続いていきそうな艦これ世界。

ゲーム終了してもコスプレエリアには居続けそう。

たとえ何年、何十年経っても。

Zimg_1781a

庭園は日影が多少あるのでいいですね。

この場所もスカイウォークの真下ですが

レイヤーさんも撮ってる側も安らげる。

晴れてる日の日陰って一番良いライティング。

Zimg_1708a

ドイツです。

ブンデスレプブリーク・ドイチュラントという国名だそうで。

普通はドイチュラントと呼ぶ。

ドイチュとせずドイツとたのは、戦前の日本語には小さい表記がなかった影響かな。

昔からある会社はいまだにキヤノンとかオンキヨウとか表記しますし。

ドイチュっていうと可愛くなります。

バイエルンミュンヘンもバイアンミンヒンと言うとか言わないとか。

Zimg_1767a

小さい文字表記を普及させたのも日本の柔軟な対応ですね。

小説家でも音読みの漢語にこだわる人もいれば

大和言葉のしなやかさを生かす人もいる。

大和言葉は幼くなりがちだが、文字輸入前の日本人の会話形態だ。

中国的にいえば日本をにほんと呼ばず、ジッポンと言ってしまい、いつかジパングになり

いまやジャパンと世界中から呼ばれる始末。

| | コメント (0)

C90 企業ブース 最終章 ~企業の夏は西ホール~

Zimg_6406a

小説が完成した。

そのあとは調子が余りよくない。

書いてるときは充実感があるが

推敲作業は神経衰弱の世界。

それが終わったあとは解放されて楽しい日々かといえば違い

ぼろぼろになった精神が揺らぎ暴れ絶望になる。

Zimg_6415a

それを乗り切るには炎天下の撮影が一番かな。

太陽は偉大。

体で日光を浴びていれば精神も回復してくる。

撮影はスポーツだ。

運動してますかと聞かれたとき、撮影はスポーツなのでイエス!

Zimg_6432a

コミケの混雑したなかや、大人数撮影会の人垣を体験すると

普段のTFTのまったりした空気が癒しになる。

個撮だけなので、1時間でも2時間でも一人のレイヤーさんのために並び続ける。

その並んでる時間も無の境地でいいものだ。

要領の良さはなく身内もおらず、野良って彷徨う。

Zimg_6476a

コンカフェで仲良くしてくれるメイドさんがレイヤーとしていると

無視されて目も合わせてもらえず粗暴な言葉で敬遠してくる人もいるし

向こうから声をかけてきて撮ってくれと頼まれることもある。

いろいろ。

Zimg_6480a

コンカフェに行ったときですら

相手をしてくれるメイド、無視してくるメイドと分かれるわけだが

コスイベでは

相手をしてくれるメイドですら、無視してくることも多い。

店外では特定の常連客とだけ付き合うメイドに以前は嫉妬したりもしたが

最近はそれでいいのだと納得できてきた。

自分は求めすぎていたな。

Zimg_6484a

求めても届かないところより

届くところに良さを見つけて充実したくもある。

とはいえ

雑念がやまぬものです。

コンカフェで笑顔のあの娘に

コスイベでは冷たい顔でぶっきら棒にあっち行けと追い払われる。

でもそれもまた味かもしれません。

Zimg_6493a

5DmarkⅣが来月発売。

ボディだけで43万、レンズをつけて61万。

一気に価格帯が上がった。

6Dの存在があるから、そことの差別化もあるかも。

5DmarkⅢがⅣの半額強の価格なので

それで充分じゃないかという気もする。

型落ちがさらに安くなるようなら、markⅢの新品需要も高まりそう。

Zimg_6499a

そして6DmarkⅡはいつ出るのか。

6Dが出たのが四年前だし、ずいぶん年月が開いてる。

6Dにはもっともっとジャンクな良さを発揮してほしい。

軽さにはこだわらず、値段にこだわれ。

APS-C機のようなバリアングル液晶もつけてほしいし

シャッター音に味を求めたい。

Zimg_6503a

カメラをどこで買うべきか。

家電量販店の長期保証を見ると、ビックカメラが他を圧倒している。

先日もストロボを修理に出したが、無料修理で戻ってきた。

パーフェクトだ。

難があるといえば秋葉原に店舗がないこと。

有楽町まで行ったりした。面倒。

ビックカメラはソフマップと提携しているのだが、ソフマップでの修理受付はしていない。

Zimg_6506

ヤマダ電機も保証は結構いいが

ビックカメラがどんな商品にも保証適用なのに対し

ヤマダはカメラの場合、ボディのみの保証であり、レンズやその他付属パーツに

保証がつけられない。

とはいえ、ヤマダはアキバにも店舗があるし歩いていけて楽だ。

Zimg_6507

私が最も利用しているのはヨドバシカメラ。

細々したものは全部ヨドバシカメラで買ってる。

歩いてすぐだし。

でも高額なものは買えない。

なぜなら長期保証の内容がシビアすぎて、全然保証されないからだ。

ビックカメラやヤマダが五年の間は基本無料修理なのに対し

ヨドバシカメラの保証は全然ですな。

修理代を多少、援助しますよといった程度。

Zimg_6513a

キャノンのサービスセンターが東銀座にあり

センサー掃除などで通っていた。

だがサービスセンターがついにセンサー掃除をやめてしまった。

今ではセンサー掃除もこみでカメラの様々な部分を掃除点検してくれるサービスが

3000円ほどで始まっている。

うーん、割高。

Zimg_6528a

自分でセンサー掃除もしようかという話になってくる。

従来の掃除は、ミラーアップしてブロワーで吹いてやる程度。

これをやるだけでも全然違う。

だがどうしてもその掃除では取れないゴミが増えてきて

サービスセンターに持っていったわけだ。

そのサービスセンターの作業、直接センサーを拭いてゴミをとるのを自分でできるか。

Zimg_6539a

ペンタ棒というのがこの世界には存在し

判子を押すようにペタペタとこれでセンサーを掃除する。

これを自宅でやってる人も多い。

でも怖い。

センサーを壊したらカメラは終わりだから。

ちょっと高くてもサービスセンターに持っていきたいのが人情。

Zimg_6546a

カメラは面白い。

スマホのカメラで充分じゃんと言われてしまうが

それはもう道楽の世界でして

自分の好きなように好きな絵が撮れてくると面白くて仕方なくなる。

Zimg_6551a

企業ブースは暗くて

ストロボ頼みのポン焚きなわけですが

それもまた味がある。

Zimg_6566a

コスプレのホームページは長いこと更新しておらず

昔のエントリーで撮った雑な写真ばかり掲載されている。

下手な写真だなと思うけど

じゃあそれを消すかといえば違う。

下手なものは下手ななりに味がある。

逆に上手くなったと思っていても、単に自己満足で

世間一般の人が見たら魅力ない写真になっている場合もある。

Zimg_6588a

コスイベに行くと、複数のストロボを同調させ

必死に影を消したがる人がいたりするが

影があってもいいかもね。

人間は影があるものだ。

Zimg_6590a

カメアシがいてレフ板の光を被写体の顔に当ててくれたら楽かな。

撮影はライティングが9割がたかもしれない。

残りの1割がレンズとボディの性能。

カメラマンと被写体の能力はまた別ですが。

Zimg_6595a

ライティングさえ上手くいけば写真は綺麗に撮れる。

薄暗いところで大量の照明を用いて

高額のカメラで撮ったところで

ぼけぼけのつまらない絵しか撮れない。

Zimg_6618a

と思っている昨今だが

何が良いかはわからない。

考えていることはつねに変わっていく。

Zimg_6634a

6DmarkⅡがミラーレスになったりしたら

まるで意味ないので

5Dの型落ちでも狙いたくなってくる。

型落ちの新品がどんどん値が下がればの話だが。

望遠レンズをつけたスポーツ写真は7DのようなAPSーCの方が有利でいいんでしょうね。

Zimg_6641a

私の中では初代らんらんが叶恵まそらちゃん。

二代目が高原しぐれちゃん。

らしんばんの一日店長をやられたレイヤーさんはみんならんらんコスなので

その印象も最近では強い。

しぐれちゃんも辞められて、らんらんも新たな状況に。

らんらん目当てでブースを訪れていた2008年のコミケで

ディアステのライブも初めて見たのだなあ。

Zimg_6662a

そして本日は8月26日。

ハニロウの日です。

毎年何もないことが多いハニロウの日。

今年やいかに。

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

横浜FC 0-2 清水エスパルス  ニッパツ三ツ沢球技場

Zimg_6149a

得点 金子 白崎

四連勝中の横浜FC。

四連勝もできるとは大したものだ。

清水はそれができない。

横浜FCのゴールを守るのは伝説的なGK南。

自軍のゴールにボールを投げ入れたシーンは、彼のキャリアについて回る。

キングカズはベンチにも入っていない。

Zimg_6151a

清水のスタメンはサイドバック、ボムヨンを下げて六平。

石毛がどうしたのかベンチにもおらず、スタメンは久しぶりにミニマムな金子。

ニッパツ三ツ沢球技場はアウェイゴール裏が満席。

オレンジとブラックに区画分けされた旗振りはドSユニフォームのデザインのようだ。

ピッチの選手達はアウェイ用の白ユニフォームだが。

比べて横浜FCゴール裏は空いている。

Zimg_6163a

ビョンがゴール前でさっそくファウル。

ファウルを犯したあと、審判に激高する姿はつまらない。

ビョンは毎試合必ずこうだ。

すぐキレるのは精神的な弱さなのだろう。

Zimg_6166a

オリンピックのサッカー決勝戦、途中まで見て寝てしまった。

最後はPK合戦でブラジルが勝ったんだね。

オリンピック代表の浅野はアーセナルと契約したものの労働許可が下りず。

別の国のチームへレンタルされるようだ。

Zimg_6169a

試合を見ていてエスパルスの応援しか聞こえない。

テセがゴールを決めたかに見えたがオフサイド判定。

金子は小さな体ばかりにその特徴がいくが

ボールのトラップに関してヨーロッパのトッププレイヤー並に上手い気がする。

いわゆるボールが足にはりつくトラップ。弾かない。

Zimg_6175a

エスパルスゴール裏がたまにアップになるが、密集具合がすさまじい。

空き席がまるでなく、詰め込みすぎ。

互いに攻撃がフィニッシュまで行く展開。だがゴールは生まれない。

試合が停滞せず、展開が激しい。

攻撃に対する意識がどちらも強い。

前半最後、金子がゴール前まで一人でボールを運ぶも最後はDFに崩されてシュートを撃てず。

前半終了。スコアレス。

Zimg_6190a

後半キックオフ。

オレンジとブラックの旗がゴール裏に縞々に振られるなか、金子がまた飛び出せた。

だがまたもやシュートまで行けず。

清水の攻撃が続く。

Zimg_6195a

竹内が左サイドからボールを上げ、河井がゴール前のテセへ繋げる。

テセは自分でシュートを撃たず、ヘディングで金子にボールを送る。

金子はカンフーキックのような具合でボールをシュート、ゴール!

後半キックオフしたばかりだが、金子のゴールで清水がリード。

横浜0-1清水。

Zimg_6222a

左サイドをドリブルで駆け上がる松原。

横浜DFにシャツを引っ張られながらも、強引にドリブルする松原。

コーナーフラッグ付近から中央へクロス。

それを白崎がダイレクトにヘディングシュート、ゴール!

横浜0-2清水。

Zimg_6255a

このスコアからが毎試合大変な清水なので、頑張っていきたい。

この試合が終わるとJ2は中断期間に入り、天皇杯となる。

全勢力を惜しみなくぶつけたい。

Zimg_6272a

残り30分、金子が下がって北川。

清水のカウンター。

北川がドリブルで攻め上がり、決定的なチャンスだったが横浜選手にファウルで倒された。

一発レッドかと思ったが、ただのイエローカードどまり。

松原の足が攣ってしまい、GK植草が伸ばしに駆けつける。

松原は足を引きずりながらラインの外へ。

そして松原に交代してボムヨンが入った。

専スタだとテレビでもゴール前が見やすくてええわ。

Zimg_6281a

残り15分、枝村を下げて村田が入った。

この時間帯で交代カードをすべて切ったのは少し不安。

松原のアクシデントもあるが、村田はどうしてもこの時間から必要な選手という判断だろう。

攻撃なくして二点差は守れない。

二点差は最もひっくり返されやすい。

村田がドリブルで駆け上がると三人掛かりで囲まれる。

Zimg_6334a

90分を過ぎてアディショナルタイム4分。

北川が横浜選手に顔面強打されて、なかなか起き上がれず。

試合終了。

横浜0-2清水。

Zimg_6347a

こうして上手くいく試合と上手くいかない試合の差はどこに問題があるのか。

難しいものだ。

清水エスパルスは現在5位。

自動昇格圏とは勝ち点6差。

ここで三週間、J2リーグは中断に入る。

Zimg_6352a

だが試合はあり、IAI日本平での開催で天皇杯となる。

一週間後の初戦に勝てば、二週間後の次の試合もIAI日本平での開催だ。

天皇杯は正直なところ、やっている場合ではなく

控えメンバー、ベンチ入りもできていないメンバーで戦うべきであり

それで負けても仕方ない。

Zimg_6382a

二週間後の試合も勝ちぬくと、さらに次は山梨での開催となる。

これはJ2リーグの開催中に過密日程を引き起こすので、やりたくない。

今のぎりぎりなチーム状況において、勝ち抜きたくないなと思う。

もしやるなら、中途半端にメンバーを落とさずに全員ベンチ外を揃えてほしい。

Zimg_6385a

ベストメンバー規定は天皇杯にも適用されるが罰則はリーグ戦と違って存在しない。

そもそもベストメンバー規定というもの自体がナンセンスだ。

選手生命を破壊する過密日程を組んでおいて

カップ戦のスポンサーに申し訳ないから、リーグ戦と同じ選手で戦えと協会は言う。

立場の弱い側を搾取することだけ一人前だ。

必死に戦っているクラブ、選手、サポーター、すべてを侮辱するベストメンバー規定。

この馬鹿げた制度の撤廃を願う。

Zimg_6393a

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

C90 企業ブース

Zimg_6447s

東京オリンピック開催に伴う改修で

企業ブースは初日と二日目だけになった。三日目は無し。

そして従来の屋上隣のホールではなく

西ホールでの開催となった。

二日目の終了時刻は撤収のため、外のコスプレエリアと同じ。

そのため企業ブースへ行けたのは初日だけだった。

Zimg_6456ss

コミケの最後の一時間は企業ブース。

そんなここ10年の当たり前が消滅。

初めてディアステージのライブを味わったのも

2008年の企業ブース、最後の一時間だった。

その出会いがなくなってしまうのは残念。

だったら企業ブースに早くいけばいいと思うかもしれないが

早い時間だと買物客で混んでいて撮影はできないのだよ。

Zimg_6461ss

震災後、ビッグサイトの館内は冷房を抑え気味にしました。

だから館内に戻ってもそこそこ暑い。

昔のビッグサイトだと企業ブースに入りさえすれば

たまらなく涼しかったものだ。

コンパニオンさん達の化粧も落ちてしまう暑さ。

Zimg_6463s

西ホールに移ったぶん、企業ブースは広くなりました。

端から歩いていって、これでもう終わりかなと思っていると

まだ先が延々と続いていたり。

広いので一時間では回りきれないのだが、初日しか見る余裕がない。

企業ブース好きなカメコだと、状況は厳しくなったかも。

早く行って混んでる状況だと撮影が無理なのでね。

Zimg_6466s

競女のブース。

コンパニオンさん達も競泳水着。

昔のオリンピックは女性の競泳陣が華だったが

いまやみんなダイビングスーツみたいな全身を覆い隠す水着ばかり。

華がすっかりなくなった。

以前のハイレグ水着に戻すとタイムが落ちて世界新が出ないだろうし

競泳の世界は自ら首を絞めてしまったかも。

Zimg_6471s

ビキニよりもハイレグの競泳水着が

もっとも女性を美しく見せる。

そんな価値観の人も多いだけに、競泳界の陥落は残念。

だがアニメの世界はまだ昔の競泳水着が頑張ってます。

競女で昔の良さを味わおう。

| | コメント (0)

« 2016年8月14日 - 2016年8月20日 | トップページ | 2016年8月28日 - 2016年9月3日 »