« 2016年10月2日 - 2016年10月8日 | トップページ | 2016年10月16日 - 2016年10月22日 »

2016年10月9日 - 2016年10月15日

2016年10月14日 (金)

王立アフィリア・クロニクルS 秋葉原

Zp1080097

昔よく通っていたアフィリアが秋葉原にできたので行ってみた。

オープンして三ヶ月ぐらい。

ハニハニのかなたさんがいましたが、後輩のマント姿が似合ってました。

魔法写真を撮ったり。

帰りは、かんだ食堂でさんま焼を食べた。

クロニクルのビルのすぐ裏がかんだ食堂なので、このパターンが定番化するかも。

かんだ食堂は速いのがいいですね。

作り置きが多いけど、冷めてなければ問題なし。

| | コメント (0)

TFT  ストライクウィッチーズ  新名あき ちゅら ばむ

Zimg_1585a

ストライクウィッチーズ。

エイラ、宮藤芳佳、サーニャ。

今年は雨さん主催のイベントに行ったりしました。

川崎駅前で行われ、富士通スタジアムに梯子したりした。

Zimg_1572aa

J2リーグも残り7試合。

清水エスパルスは一桁順位の後半をうろうろしてきました。

これまでピークは三回あった。

10節での4位。

32節での4位。

35節での4位。

35試合を終え、今現在4位の清水エスパルス。

今シーズン3度目のピークを迎えている。

Zimg_1594a

10節で4位になったときは、その後10位まで落ちてしまったりして

なかなかどうして4位をキープするのは難しい。

J2リーグが始まって、合計3節、4位でいられた清水エスパルス。

これまでのように、また落ちるわけにはいかない。

今シーズン初の3位という順位を目指そうじゃないか。

Zimg_1592aa

だが3位になるのは難しい。

逆に次の金沢との試合に勝てないと、4位から転落する恐れが高い。

アウェイのゲームは楽じゃない。

金沢はこのところホームでやけに強い。

ですがここは三度目の4位を獲得した清水エスパルスが

自信を持って金沢の地に出向き、勝利をつかみとろう。

Zimg_1512a

2月の終わりからJ2リーグをやってきて

3回つかんだ4位。

今度が三度目の正直。

もう落ちない。

あとは上しかない。

Zimg_1514a

他の対戦カードを見ると、セレッソ大阪×ファジアーノ岡山という

プレーオフ圏同士の対戦もある。

岡山のセレッソ食いに期待。

そして松本はジェフとの対戦。

ジェフがたまには勝ってほしい。

松本もあれだけの強さを見せながら、ジェフにはうっかり負けてしまうような

そんな好かれる一面も必要じゃないか。

Zimg_1518a

2月から戦ってきたJ2リーグ。

三度目の4位となった清水エスパルス。

もう落ちない。

スーパーオレンジ魂が金沢で火を吹く。

| | コメント (0)

2016年10月12日 (水)

TFT  みずの

Zimg_3003aa

みずのさんはワンフェスのときに撮らせていただいた霞が素敵でした。

この日も艦これのコスを何着かされていて

最後だけチャイナドレスとなりました。

陽が暮れてからのTFTなので屋内も暗めですが

チャイナドレスの雰囲気に合っている気もします。

Zimg_3006aa

ゴトビ元監督との裁判が始まる。

静岡地裁には日本の憲法や法律を大事にすることはもちろんだが

ワールドスタンダードも考慮に入れてほしいものだ。

世界のトップリーグであろうと

監督や選手にギャラを払わないのは当たり前。

所属していても活躍しなければ振り込まれない。

Zimg_3008a

その点、Jリーグは確実にギャラを支払ってきた。

たとえベンチで過ごしても、ベンチ外だったとしても

基本給は支払っていく。

世界に他に例を見ない信用高きJリーグ。

裏を返せば馬鹿とも言われる。

Zimg_3010a

スペインやイタリア、フランスでギャラの未払い訴訟などしようが

裁判所から門前払いを食らうだけだ。

国民も国自体をまるで信用していないし

裁判所もその程度でしかない。

クラブ自体、借金を踏み倒して破産を繰り返す。

それでも存続し続ける無法な連中。

Zimg_3013aa

だが日本は違う。

それがゴトビ元監督の読みだろう。

契約を守るのは大事だが

サッカーはローカルスポーツではなく世界規模でやっていることなので

日本だけが厳格すぎるルールを適用すると

日本のクラブが死んでいってしまう。

Zimg_3017aa

アメスポは違うだろう。

アメフト、野球、バスケなど、選手とクラブの間の契約は徹底的に尊重される。

そのわりにアメリカのスポーツ選手は

引退後に事業や投資に失敗し、三分の二が破産する。

ワイルドだ。

マイクタイソンも破産後、非常に地味な暮らしをしている。

Zimg_3020a

ゴトビ監督はサッカーの監督なのだから

新たなクラブを監督することで生計を立ててほしい。

タイのクラブにしても複数年契約の契約書を交わしているのだが

クビにされた後、はなから無理だとあきらめている。

タイからは一円もとれない。だが日本は違う。

Zimg_3024aa

いま現在、ゴトビ監督は相当金に困っているのだろう。

韓国人の若い嫁も、金がないなら逃亡しようと思っている。

清水エスパルスから金をふんだくることに集中したゴトビ。

今後、日本で監督をするのを放棄した行為だし

今が相当やばいのだろう。

アメリカ人らしく投資等に失敗し、崖っぷちなのかもしれない。

Zimg_3028aa

ゴトビはその人間性はどうであれ、サッカーに関して有能だった。

それは結果がすべてだ。それを見ればわかる。

大榎はその人間性が高尚であれ、サッカーに関して無能だった。

果たしてどちらが良いのか。

人間性が高尚で、サッカーに関して有能な人がいいと言うかもしれないが

天は二物を与えず、無理な話だ。

Zimg_2992

憎らしい監督と共に、ナビスコカップのファイナルまで行ったり

J1リーグで中ぐらいの結果を収めているのがいいか。

それとも愛される監督と共に、J2落ちするのがいいか。

どちらも清水は体験した。

この先、求められるのは、ないものねだりではなく

サポーターも選手もクラブもスポンサーも、腹を括った戦いだ。

これだけ体験してきたのだから、そろそろ腹を括るべきとき。

Zimg_2999a

腹を括った上でアウェイの金沢戦となる。

金沢はこのところホームで強い。

アウェイで惨敗するくせに、ホームでやけに強い。

これはホームスタジアムのくせによるものだろう。

松本アルウィンとは別の形で、より困難なピッチが襲いかかってくる。

このところホームでやけに強い金沢相手に、清水は勝つ。

| | コメント (0)

2016年10月11日 (火)

W杯最終予選 オーストラリア 1-1 日本 ドックランズスタジアム

Zimg_2977aaa

得点 原口 マイル(PK)

試合の部分部分を考察すれば、色々と駄目出しはあるだろう。

だがもっと根本的な問題として、なぜ香川が選ばれ使われ続けるのか。

これまで一度として香川が日本代表にフィットしたことはない。

確かに香川はマンチェスターユナイテッドにかつて所属していたり、華のある選手だ。

それを理由に10番スタメンでいられるのも以前は良かった。

だが今の困難なW杯最終予選において、香川を招集する余裕はない。

ハリル監督にしても、アギーレ、ザッケローニにしても、香川に何を期待したのか。

| | コメント (0)

コスプレ博 in TFT  体育の日SP

Zimg_3057a

10月10日の祝日はお台場のTFTに行ってきました。

朝は眠くて眠くて行けるかどうかわからなかった。

いざ出発しても眠くて眠くてたまらない。

行きのゆりかもめは、フジテレビまでの混雑した車内は静かだった。

だがフジテレビ辺りで多くが降車して車内が空くと

乗っていた老人団体が子供のようにはしゃぎ出し、車内を動き回り、面倒なものだった。

Zimg_3066aaaa

TFTに着いたのは10時半、開場して一時間後だったが

まだレイヤーさんはほとんどいなかった。

大勢のカメコ達がベンチや椅子に腰かけ、茫然としている光景。

私もそこに混じってカメラを組み立てた。

TFT内は、自然光で明るいエントランスからして半分しか使えず

その奥のスペースは完全にクローズされていた。

そちらでは細貝圭さんのバースデーイベントが催されていた。

Zimg_3055a

最近のTFTはタレント絡みのイベント会場として賑わっている。

アイドルの物販特典会もよく開催される。

以前はコスプレイベントぐらいしか使い道がなかった施設だが

その価値が見直されてきているようだ。

お台場は都心から遠いのだが、マイナスイメージがない。

山手線の駅から同じ時間や運賃の分、郊外に出るとしたら相当マイナスだ。

Zimg_3045aa

TFTでの撮影に疲れてくると、ミニストップのソフトクリームを食べます。

ソフトクリームはアイスクリームより温度が高く

溶けそうで溶けない美学ですね。

朝から何も食べていなかったので、昼下がりにワンザでうな牛を食べたりした。

ワンザのテーブルや椅子がリニューアル。

吹き抜けの天井からはシャワーが降り注ぎ、滝となっていた。

意外と周りに水飛沫が撥ね飛ばない。

Zimg_3067aa

日陰のベランダでの撮影は、レイヤーさんが寒がるような季節となりました。

完全に屋外の公園に出てしまうと、直射日光があるためそこまで寒くない。

TFTは並んで待っている時間ばかりで、頭をどろんと鈍らせる。

だが順番が近づいてくると、このレイヤーさんはどんなポーズが王道で

特徴的なんだろうかと観察し始める。

Zimg_3038a

日が暮れたあとは空きまして、場所で困るレイヤーさんはいなかった。

19時45分の撮影終了まで、なんとなく居てしまった。

帰りのゆりかもめは最後尾の一人掛けに座ることが多い。

新橋駅のプラットホームからは、週刊プレイボーイのバニーガールの広告看板が見えた。

撮影を考える上で、週刊プレイボーイのグラビアは一番の先生です。

コスプレで評されるような、ぼやけまくりの画像とか全然好きじゃないし

アンドロイドのような加工も嫌い。

肉感的に迫る週刊プレイボーイこそ追い求めていきたい理想です。

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

東京ガスクリエイターズ 28-0 BULLS  富士通スタジアム川崎

Zimg_0971

二試合目は14時から。

雨がすっかり上がって何より。

秋の西日を浴びながらの試合となった。

強雨のあとの晴れは蒸し暑かった。

汗びっしょり。

Zimg_0976

この試合、一番の見せ場は第3クォーター、

60ヤードの長距離を走りきってのタッチダウンでした。

あれで試合の流れが決まってしまった。

逆にいえば、あれが起こるまでは、BULLSはしのいでいたし

得点が生じるぎりぎり手前で踏ん張り続けられた。

Zimg_0984

BULLS側の応援席にも行ったりしました。

あちら側からだと、得点ボードの電光表示が西日でまったく見えない。

あの欠陥は秋のリーグまでに解決されるかと思ったが、そのままだ。

なにかしら得点状況のわかるボードがないと、楽しめませんよね。

アメフトは細かな数字の情報が大事ですし。

新たなリーグ戦のシステムになったが

果たして11月以降のトーナメントに進むのはどんな顔ぶれになるのか。

Zimg_3729

スポーツ観戦時、長年使ってきた帽子がぼろぼろになり限界。

フレックスフィットという伸縮自在のキャップでして

つばが長く、柔らかな素材の特注キャップを、福岡の帽子屋さんが以前造っていた。

59センチまでの通常サイズはまだ取り扱っているが

64センチぐらいのLLサイズは、もう製造してないんだよね。

問い合わせたら、700ロットからしか元の素材を仕入れられないとのこと。

2500円の帽子を700個買えるかといえば、ちと難しい。

慣れ親しんだ帽子に別れを告げ、新たな帽子を注文した。

これはつばが前ほど長くはなく、生地も固め。

Zimg_3731

ちなみに翌日は、ウェルカムダンスショーが雨で中止になったそうで。

なんだかよくわからない企画でしたね。

色んなご意見、世の中にあり、正論、異論、反論、溢れ捲くり

大変でございますが

まあ、ほどほどにというスタンスを大事にしたいものです。

Zimg_9735a

東京ガスのチアリーダー。

帰るときにはポストカードの配布もありました。

ガスの青い炎。

FC東京はJ2降格するも、一年でJ1復帰して立派なものです。

清水も同じように一年での復帰をやり遂げたい。

Zimg_9280

BULLSのチアリーダー。

キン肉マンの曲を使っているのが印象的。

なんとか一回のタッチダウン、フィールドゴールがあれば良かったのですが完敗。

次の試合は福島県で行うそうです。

| | コメント (0)

明治安田PentaOceanパイレーツ 28-0 警視庁イーグルス 川崎

Zp1080070

今シーズンのXリーグは、最初に行ったアミノバイタル調布でシーズンシートを購入したものの

その後は雨だったり別件があったりと、なかなか行く機会がなかった。

ようやく二度目の観戦。

シーズンシートのもとは取れないっぽい。

天気予報はくもりだったのですが、まあ、そこそこ晴れてくれるだろうと期待して川崎へ。

ところが川崎駅から富士通スタジアムへ歩いて向かう途中で降ってきた。

Zp1080074

この日はウェルカムダンスがあるということで、それも期待してたのですが

いざスタジアムへ着いてみると驚きの状況が。

入口付近のウェルカムダンス場所は隙間なく高い柵で囲まれていて

一般見学者はその柵の近くに行って見ることができるのですが

そこから後ろに下がった場所に白線テープが張ってあり

撮影する人はそこより後ろにいなければいけないルールでした。

つまり多くの見学者の後方からしか撮ってはいけない。

高いステージ等はなく、路面でやるだけですので、これは後ろからだと見えない。

Zp1080076

幸か不幸か雨が強くなってきたため

来場者が元から少なく、わざわざ入口付近の野晒しなところへ観に来る客はいなかった。

柵から離れた場所に、傘を差したり合羽姿のカメコの人垣だけが存在する。

ウェルカムダンスが始まるときには、雨がちょうどやんでくれ、これは運が良かった。

カメコの前には一般来場者が存在せず。

だが柵まで距離があるため、柵の隙間からレンズを出して中を撮ることができない。

檻の中で開催されているダンスショーを、遠くから檻越しに撮るという格好になった。

カメラがオートだと手前の柵にピントが合ってしまうし

前後左右に動くチア達をマニュアルでピント合わせするのは困難。

一応、人垣の最前でシャッターは切ったのですが、後で見返したら何も撮れてませんでした。

残念。

内容自体は東京ドームのときと同じような、豪華なダンスショーでしたよ。

Zimg_1673

富士通スタジアム川崎は、試合中も最前列の前に通路があり、

その先に柵があるため、チアは撮れない。

これとまったく同じ状況をウェルカムダンス会場にも作ったという。

高い柵を用意して、通路ではなく一般観覧者スペースを作り、その後ろに撮影OKゾーン。

ステージの高さがあれば、これで全然OKで、みんな楽しいですが

いかんせんステージなどなく路面でのダンスショーですので、ただ見えないというね。

天候の悪さもあり、集まったのは白線より後方にるカメコ群だけでしたが

カメコ群も遠く高い柵のため、なんも撮れないという寂しい事態。

撮影する人は後ろからというのは、ありな発想だと思いますが

嵩上げステージなしで後ろだと見えないし、檻の中のダンスショーは見物するに厳しいですなあ。

でもまあ、これも今年の川崎での良い思い出になりました。

Zimg_1685

ウェルカムダンスが終わると同時にまた降ってきて

試合が始まる11時頃には強雨になってきた。

どこが曇り予報やねん。

富士通スタジアム川崎の客席には屋根がありません。

そして施工が悪く、通路や階段には水が溜まりまくり。

最前の通路は排水が追いつかず、池状態。

これって建てた業者が間違ってますよね。いい加減な造りにしすぎ。

客席裏の階段は雨を凌げたので、階段の踊り場でごろごろしながら

エントランスの雨模様を見渡したり。

雨は強くなるばかり。売店の方も泣きたくなります。

階段から真下を見下ろすと

キッズチア達がパネル座布団を大量に組みたて、靴を脱いで寝られるスペースを作っていたりした。

Zimg_1693

ですが、試合終了間際にようやく雨が上がりました。

まるで排水されない水溜まりの通路を進み、客席スタンドで観戦。

パイレーツチアのみなさんは頭からずぶ濡れの状況でした。

強雨のなか、二時間応援し続けていたとは驚きです。

試合はパイレーツの完勝。

まったくもって雨でした。強雨でした。

客席内の排水がこれだけひどいのを川崎市は訴えていいと思う。

排水溝に向かわずに逆側に水が溜まっていき池状態。

強雨のなか、選手やチアのみなさん、お疲れさまでした。

| | コメント (0)

ましろBD  ハニーハニー横浜

Zp1080092

土曜日はハニハニ横浜でましろバースデーがありました。

外で並んでいるときにセレモニーがあり

客席の間に侵入し、しゃがんで参加。

ゆあちゃんがセレモニーの進行をし、ましろさんはハニハニのメイドとなった経緯を話された。

今ではアキバ店所属となったふわりさんも、久しぶりにヘルプで横浜に復帰。

酔っぱらいの多いハニハニですが

階段に手すりがついたので、どれだけ酔っても帰りは大丈夫。

Zp1080066

そしていつかの日のめめ握り。

ハニハニライブまであと二週間ちょっと。

楽しみですね。

Zp1080095

まつり握り。

おにぎりは何なのかわかりませんが、名札が派手だ。

神奈川魂。

| | コメント (0)

ゆうかBD  ハニーハニー秋葉原

Zp1080062

ゆうかちゃんのバースデーがありました。

平日水曜日の昼間に開催ということで

わざわざ休暇をとってかけつけた常連も多かったようで。

やさぐれた雰囲気を持つゆうかちゃん。

垂れ目のゆうかちゃん。

華やかな水色のメイド服でした。

Zp1080059

そしていつかの日のなぎ握り。

ANAと書いてあるから飛行機に間違いない。

スカパー無料の期間が少し前にあって

ディスカバリーチャンネルで飛行機墜落事故の番組をよく見ていた。

ほとんどすべてが点検整備不足による人為的な事故なんですな。

事故は滅多に起きないものだが、確実に起きるもの。

点検整備の現場をいかに使命感に燃えさせるか、大変なものです。

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

清水エスパルス 2-0 町田ゼルビア  IAI日本平

Zimg_2820a

得点 大前 テセ

小雨降る日本平。

観客はポンチョ姿が目立つ。

Zimg_2849a

前半、町田がヘディングでGKへバックパス。

これを狙っていた大前がカット。

大前とGKが一対一。

大前は落ち着いたループシュートを決めてゴール。

清水先制。

清水1-0町田。

Zimg_2942a

大前はこの手のプレーが得意だ。

以前もGKの裏に忍びこみ、GKが足元でボールを転がしていたとき

ささっと奪ってゴールを決めてしまったことがある。

つねにつねに狙っているからこそ、ごくたまに決まる。

大前らしさ溢れるゴールだった。

Zimg_2944a

町田は谷澤が攻撃のキーとなっている。

ジェフのイメージが強い選手だ。

前半、シュートまで行くのだが、なかなか決まらない清水。

1-0でリードのまま前半終了。

Zimg_2981a

後半キックオフ。

雨がやんで強い西日が射す。

こうなると清水は逆光となり厳しい。

従来の清水はこのことに神経質になっていたが、小林監督は余り気にしない。

多くのスタジアムは西日をバックスタンドへ落ちるようにするが

土地のないところに建てたスタジアムは、どちらかの攻撃方向に西日が当たってしまう。

GK植草の踏ん張りどころ。

Zimg_3074a

残り25分、大前が下がって金子が入った。

ペナルティエリアの外側までは日陰になったが、まだ中は西日が強い。

GK植草は西日と戦う。

町田の中島のシュート。GK植草は膝で防ぎ、打ちあがったボールをキャッチ。

ぎりぎりの攻防。

Zimg_3075a

白崎の攻撃が潰されて、清水のフリーキック。

このプレーは実らず。

今度はテセが倒してしまい、町田のフリーキック。

だが町田のファウルでゴールキックに。

Zimg_3076a

残り10分、石毛が下がって村田が入った。

長居ではいまいちだった村田だが日本平でのピッチでは本領を発揮してくれるはず。

さっそく右サイドを貫く村田のドリブル。

バックスタンド最前の客たちは興奮するはず。

テセへのパスは繋がらなかったが、期待させるプレーだ。

Zimg_3078a

弦太のロングスローが続く。

当たり前にペナルティエリア内に入っていくスローイングボール。

またも右サイドの村田から中央のテセへクロスが入る。

だがなかなか触れないテセ。

Zimg_3080a

残り5分、果たしてこのまま1-0で逃げきれるか。

だがどこで決められるかわからない。

互いに疲労してきている。

この時期のデーゲームはきつい。

雨のあとの蒸し暑いなか、どの選手も尋常でない汗を掻き続ける。

Zimg_3091a

町田はリハンジェが下がり

戸島という191センチの巨人兵が入った。

これはわかりやすいプレーをしてくるだろう。

Zimg_3117a

左サイドから松原がクロスを上げた。

ペナルティエリア内で弾かれるも、こぼれ球を右サイドを走ってきた村田がゲット。

中へ折り返す。

ゴール前でボールを受けたチョンテセが、四人の町田ディフェンスに囲まれた。

町田ディフェンスの一人がテセを押し倒し、PKゲット。

良い時間でのPKだ。

Zimg_3129a

自らつかんだPK。

久しぶりのゴールを狙う。

入念に柔軟をするチョンテセ。

そしてテセの見事なゴール。

清水2-0町田。

Zimg_3130a

ゴールを決めたあとのなんとも安心したテセの顔。

だがまだ時間は残っている。

90分が終わり、アディショナルタイム3分に突入。

Zimg_3131a

ここでセンターサークルにいたテセが倒れた。

審判が試合をとめる。

町田の選手が全員集まってテセを急かす。町田のGKまでセンターサークルに駆けつけ、急かす。

テセはピッチの外へ。

北川が入った。

Zimg_3135a

北川はさっそくヘディングシュートを放つも枠をとらえず。

そのあと町田の猛攻。

町田のコーナーキックだ。

これが実らず、清水がボールを持ったところで試合終了。

Zimg_3136a

勝てて良かった。

いつだって僅かの差だ。

だがこの差が強いチームは必ず出せる。

GKへのバックスパスの甘さを狙って仕留めた大前。

ペナルティエリア内で四人に囲まれ、PKを獲得したテセ。

試合巧者だった。

力強く勝ち点3。

Zimg_3137a

試合後には清水にゆかりのある町田の選手たちが

清水の選手たちに握手を求めに来た。

町田ゼルビアとの和解。

引きずってはいけない。

また何か起こるのではと怖かった。

だがたとえ納得できなくても、理解できなくても、含んで前に進むことも大事だ。

Zimg_3187a

残り7試合。

当初の目標である4位という順位に辿り着いた。

当然ながら他の上位チームも勝ち続ける。デットヒートだ。

Zimg_3194a

2位の松本と勝ち点差5。

松本は残りの7試合、はっきり言って楽だ。楽な相手。

残り全勝してもこの勝ち点差5が縮まるかどうかはわからない。

これは直接対決で清水が負けたので仕方ない差だ。

Zimg_3225a

もし直接対決で清水が勝っていれば、清水に+3、松本に-3なので

清水が2位に浮上できていただろう。

だが現実的に松本に敗れたので、勝ち点5差。

直接負けた事実は大きい。そしてそこからよく立て直したものだ。

Zimg_3226a

2位の松本は強いが、3位のセレッソはまだわからない。

次節が岡山。岡山がセレッソを食ってくれることを願う。

セレッソとの勝ち点差3。

勝ち点が並べば清水に分がある。

プレーオフに3位出場すれば、この日本平ですべての試合を戦える。

日本平こそ清水。

Zimg_3229a

次はアウェイのツエーゲン金沢戦。

選手のポテンシャルで比べれば簡単に思われるが

金沢のピッチは容易くない。

アウェイでは惨敗する金沢だが、ホームでは渋く勝ち、渋くドロー。

アウェイのような惨敗がないのが特徴的。

Zimg_3281a

松本にどうしても届かない差があるのは苦しいが

プレーオフに3位で参加し、日本平と共に戦うという実現可能な目標。

これを得るため金沢にアウェイで勝つ。

Zimg_2818a

| | コメント (0)

« 2016年10月2日 - 2016年10月8日 | トップページ | 2016年10月16日 - 2016年10月22日 »