« 2016年11月6日 - 2016年11月12日 | トップページ | 2016年11月20日 - 2016年11月26日 »

2016年11月13日 - 2016年11月19日

2016年11月19日 (土)

E2甲クリア  本土沖  艦隊これくしょん 秋イベント2016

Zkoisercyvuybibiu

E2も甲でやってみました。

最初のうちは上手くいかずにボスマスへも到達できず困った。

だが史実編成にしたらスムーズに。

この面子だと1スタートできて、ボスに最短到着。

道中で潜水艦に直撃食らったり、空襲で大破したりと撤退は多かった。

潜水艦と空襲に対して支援艦隊は意味ないので、道中支援は出さず。

決戦支援は出した。

Zinuygrexrex

最後の分かれ道で、一度だけ進路が逸れた。

それ以外はすべてボスに向かった。

なぜ一度だけ逸れたのかはよくわからず。

潜水艦と空襲にやられずにボスまで辿り着けば、あとはどうにかなった。

Zonbutesrxtc

基地航空隊はこれまでなら守る意味がなかった。

だが今回のイベントはきちんと守らないと攻撃ができなくなる。

第一を防空に回して、第二を出撃させた。

防空しとかないと、出撃がしょぼくなってしまう。

Ziuhuyfrdyu

ボスでは山風がドロップするようだが

いまだ現れず。

E5までクリアし終わったら掘るのかな。

E5までに出てきてくれたらいいですけど。

Zoihrdtrfyubibiu

装備はオーソドックスやね。

重巡には主砲×2、観測機、照明灯など。

軽巡も主砲×2、観測機。

駆逐艦は二隻とも対空カットイン。

軽空母は艦戦多めで一枠だけ艦攻を。

Zoictrxuyhb

E3以降、甲でやるべきか、どうなのか。

情報があんまり出てないので

一旦ストップしようかな。

明日は清水の試合もあるし。

| | コメント (0)

艦これ秋イベント2016  発令!「艦隊作戦第三法」  E1甲クリア

Zojnstrcygvu

艦隊これくしょんの秋イベントが始まりました。

E1はのっけから輸送作戦。

最後の一目盛りまでは楽にいけた。

だがそこから急に敵が強くなって苦戦。

最後は大発を一つのせただけで、後はフル装備。

支援艦隊も道中と決戦の両方出した。

Zijhugtfrdrd

編成は駆逐艦4軽巡洋艦1軽空母1。

軽空母は艦攻ばかりのせて、あとの艦娘は対潜装備を。

どれだけドラム缶と大発に割くかで、クリアまでの試行回数が決まる。

進路は上ルート最短で一度も逸れなかった。

二マス目が潜水艦マスなのですが、ここはキラ付けしても直撃食らって大破する。

だからE1は最後までキラ付けをしなかった。

二マス目は支援艦隊も意味ないので、最後を除いて支援も出さず。

潜水艦マスは運です。

Zttrvuniyguytyf

ボスが潜水艦です。

最後まで倒せなかった。

大破までは行くのだが、そこから厳しい。全然やられない。

最後までA勝利どまりだった。

甲でやりましたが、B勝利は作戦失敗となった。

いまだにA勝利、B勝利、C敗戦の判定基準がわからない。

ほとんど倒せたはずなのにB勝利で作戦失敗したり

全然駄目だったとあきらめたらA勝利がとれてたり。

Zdbinikg7t

最後の一目盛りとなってからはドラム缶と大発を一つずつにし

それでも上手くいかなくて、最後は大発一つだけにした。

最後だけは手ごわかった。

二マス目の潜水艦マスでぼこぼこに大破させられたり。

キラ付けも意味ないからしなかったし、支援艦隊も関係ないし、二マス目が面倒。

最後の最後は支援艦隊を出した。

ごっそり資源がなくなり萎える。

それまでの第一艦隊で使ったトータル量と同じぐらい飛んだ。

Zmkonuctxrx

甲クリアにどれだけこだわるべきか。

最終面を甲クリアして甲勲章を貰うのは無理だと思う。

果たして何面まで甲で攻めるか。

先のことはわからず。

札を考えると、同じ艦娘を複数所有しているのが良いのだろう。

今までどうしたダブりは無し。

でも特定の艦娘を異常に高いレベルにしていくよりは

ダブりを育てるべきかもしれない。

まだ持ってないけど。

Zmiotrdtryub

三越でお買い物。

雨上がりの土曜日。

明日はJ2最終節。

徳島、ああ徳島。

| | コメント (0)

J2最終節を明日に控えて  J1昇格は1チームも決まらず

Zimg_6719a

2月から始まり長かったJ2リーグも、いよいよ明日が最終節。

42試合目となるが、いまだにJ1昇格チームが一つも決まっていない。

大混戦だ。

あとになり結果論はいくらでも言えるだろう。

だが今の時点でどのチームにとっても困難だ。

清水は村田がここのところ機能していない。

本人は表立って言わないが、故障を抱えているのかもしれない。

岡山戦で終盤あれほど押し込まれたことを考えると、村田は避けたい。

順調に進んでいた試合が、最後に交代で出た村田によって狂う可能性もある。

そうなったときは、プレーオフでの選手起用に関して小林監督に考えてもらいたいところ。

この最終節で村田がマイナス要素となったら、さくっと切る決断がほしい。

Zimg_6710a

チームは生き物だ。

安易に選手起用を変えることで監督への信頼が失われ、チームが崩壊していくのは最もマイナスだ。

だから村田を徳島戦でも使うのは仕方ない。

ただ徳島戦で村田が大きな負担となり、悔しい結果となったなら

プレーオフで村田をベンチ外とする判断をお願いしたい。

村田のこれまでの貢献を考えると、最後の大一番でのベンチ外は仁義に反する。

だがそこを打ち破ってでもJ1昇格したい。

最終節の徳島戦は、J1昇格のための最後のトーナメントの初戦と位置づけられる。

もちろんプレーオフがなければいい。

だが客観的に対戦成績や戦力、今のチーム状況を見て

徳島に勝つ確率は五分五分だろう。

もちろん勝ってほしい。

だがここで勝てなかったとしても、今の清水をもってすれば必ずプレーオフを勝ち抜ける。

唯一気がかりな村田に関してどうあるべきか。

息切れした枝村を最後まで使うよりは良いことなのか。それとも枝村で通すべきか。

それとも新たな選手起用をこの土壇場でしてくるのか。

やはり難しい。

最終節のキーを握る、村田のコンディションだ。

| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

運命の徳島戦  鳴門海峡大塚製薬ポカリスエット陸上競技場

Zimg_3602a

どんな結果になろうとも、どん底から這い上がってきたクラブに対する尊敬は変わりない。

突き抜けろ。

| | コメント (0)

J2リーグ最終節  11/20(日)14:00  全試合同時キックオフ

Zimg_2753a

今の清水のムードは危険だ。

2008年のナビスコカップ決勝戦を控えた状況に似ている。

準決勝を勝ち抜いてからの二ヶ月間、誰もが優勝を信じて疑わなかった。

日本平のホームゲームで繰り広げられるお祭りムード。

決勝戦当日、まだ薄暗い早朝から国立競技場向かいの公園で過ごした。

あの清水サポーター達の活気は記憶に濃い。

そして試合中のことは余り覚えていない。

清水が敗れ、西日を浴びる大分トリニータサポーター達が歓喜に沸く姿。

試合が終わって時間が経ち、閑散とした日陰の清水ゴール裏。

Zimg_4625aa

いま清水はなぜか徳島に勝てるつもりでいる。

大分に勝てると思っていたときと同じように。

徳島は一桁順位だし、ここ五試合を四勝一分で戦い抜いている。

首位の札幌も倒して三連勝中。

どう考えても難敵だが、なぜか清水は勝てるつもりでいる。

上手くいかなかったとき、プレーオフに向けてチーム状況がおかしくならなきゃいいが。

今の徳島とアウェイで戦って、勝敗は五分五分だろう。

徳島の地で、清水の勝利を願う。

| | コメント (0)

ロシアW杯最終予選  日本 2-1 サウジアラビア  埼玉スタ

得点 清武 原口 オスマン

こんな試合があったことを全く知らなかった。

本田、香川、岡崎がスタメンを外れ、世代交代な日本代表だったようで。

北京オリンピック世代からバトンタッチ。

北京世代を率いた反町氏はJ2の松本で奮闘中。

清水は松本を抑えてJ1昇格するぞ。

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

オービックシーガルズ 35-0 エレコム神戸ファイニーズ 横浜スタ

Zimg_3517

この日は朝早くから横浜スタジアムへ行った。

快晴のもと暖かな気候。

申し分ない環境だった。

激しく戦う選手達、踊り跳ねるチア、彼らから溢れ出す生命力が客席を覆う。

| | コメント (0)

J2リーグ最終節が迫る  J1昇格するのは札幌、清水、松本?

Zimg_2948a

J2リーグ最終節。

11月20日(日)14時に全試合同時キックオフ。

泣いても笑ってもこれが今年のJ2最後の試合。

2位以上で自動昇格するチームが決まり、

3~6位はプレーオフを戦う。来年からは廃止されるシステムなので最後のプレーオフ。

Zimg_2914a

首位のコンサドーレ札幌は札幌ドームに、最下位のツエーゲン金沢を迎える。

ホームだし、厚別陸上よりアウェイチームが苦手とする独特なドームだし

さらに相手は22チーム中、最下位の金沢。

札幌はドロー以上で優勝が決まる。

もし負けて、その上で清水と松本が勝ったとしても

松本との得失点差、総得点差からしてJ1昇格が決まる場合もある。

もっとも有利だし、J1昇格の可能性が一番大きなチームだ。

Zimg_2964a

ただ金沢は最下位ということで、現在J3自動降格圏にいる。

金沢はこの最終節に勝つと、入替戦どころかJ2残留を決められる可能性がある。

自力ではなく他チーム次第だが、ボトム順位のチーム達はなかなか勝たないので

チャンスは大きい。

最後の最後、札幌に勝って逆転でJ2残留を決めようと、金沢は奮起している。

とはいえ、どのチームも苦手とする札幌ドームの独特な屋内環境と芝。

最終節、札幌ドームは完売ペースでチケットが売れているそうだ。

他のJ2チームではありえない動員を記録しそう。

やはり札幌は金沢に大差で勝ち、J2優勝するのが可能性大だ。

Zimg_2965a

2位の清水エスパルスはアウェイ徳島で徳島ヴォルティスと対戦する。

徳島は小林監督が指揮していたチームであり

小林メソッドを知り尽くしている。

実際、IAI日本平での試合では、小林監督を完全攻略し、徳島が勝利している。

徳島はJ2でも一桁順位につけ、現在3連勝中。

3連勝のうち札幌にも勝っている。

非常に調子がいい。

Zimg_2966a

清水は岡山戦でも試合終了間際、ありえないレベルで攻撃され続けた。

あれと同じことがまた起こってしまうようでは怖い。

村田にかつての輝きがなく、枝村が90分持ちそうにない、

となるとどんな選択肢がありえるのか。

リーグが終盤に入り、村田が効いてこないという実感は大きい。

鳴門海峡が清水に迫って来る。

たとえどんなに相手に攻略されていようとも、相手が絶好調だったにせよ

清水がゴールを決めて、相手のゴールを防いで勝つ。

これがあるだけだ。

Zimg_2972a

3位の松本山雅は、ホームのアルウィンに横浜FCを迎える。

プレーオフ参戦を目指していた横浜FCだが、届かないことが決定した。

この落胆のあと、選手達はどんなモチベーションでアルウィンに向かうのだろう。

勝ってもプレーオフには参加できない。

松本山雅は現在3位だが、勝利すればJ1昇格を決める望みがある。

苗を埋める前の畑のように耕したアルウィンのピッチ。

横浜のキングカズは途中出場するかもしれない。

キングカズが登場し、動揺がスタジアムの客達に起こったとき

横浜FCは松本山雅を食いにいける。

とはいえ、なかなかどうして松本山雅が勝つこと濃厚である。

Zimg_3015a

札幌と松本がホームである以上、

清水エスパルスは徳島戦に勝たないとJ1昇格できないだろう。

3チームとも負けて、今の順位のまま最終順位が決定です、とはならない。

札幌は札幌ドームに四万人の観客をつめこみ

最下位のチームをぼこぼこにして、J2リーグ優勝の歓喜に沸くだろう。

松本は畑のようなピッチで、都会派な横浜の選手達を困らせ

カズを相手にしてもハードなラフプレーで傷めつけ、勝利するだろう。

Zimg_3018a

清水エスパルスは徳島で勝たなきゃいけない。

鳴門海峡・大塚製薬スポーツパーク・ポカリスエット陸上競技場。

外装が黄緑な大塚製薬の工場が続く辺り一帯。

あの土地一帯は本州にない地域性がある。

本州をあちこち旅行してみても、大体どこも同じだねとなる。

だが四国はそうじゃない。

香川は岡山県みたいなもので、四国らしさが薄い。

そんな徳島はある種の弱点がある。

スタジアムに流れる音楽がオリジナルではなく、日本代表と同じなのだ。

それを耳にしたとき、この人達は地方すぎると痛感するだろう。

Zimg_3042a

| | コメント (0)

« 2016年11月6日 - 2016年11月12日 | トップページ | 2016年11月20日 - 2016年11月26日 »