« 2016年12月11日 - 2016年12月17日 | トップページ | 2016年12月25日 - 2016年12月31日 »

2016年12月18日 - 2016年12月24日

2016年12月23日 (金)

コスプレ博 in TFT  クリスマスSP

Zimg_0344a

このあいだの日曜日はお台場のTFTでコスプレ博でした。

同じ日に幕張メッセでジャンプフェスタが開催していた影響か

人は少なめだった。

TFTは相変わらずの半分使用だったが、場所には困らなかった。

朝、目覚ましをかけておいたが起きられず、目が覚めたら正午を過ぎていた。

アキバをぶらついて食事などしつつ、14時頃にTFT到着。

それから6時間撮影した。

Zimg_0414a

15時にはケーキが配られた。

いろんな種類があり、意外と好評でしたね。

私も甘いものは大好きなんですが、無制限に食べまくると体に堪えるので

この日は遠慮しておいた。

本当に食べたいときは一度きりの人生なのだから

甘いものをたらふく食べたり、浴びるほど酒を飲んでいいと思う。

でも節制がきく周期だと、無理には食べない。

Zimg_0527a

絞りを開いて背景をぼかすのがポートレートの主流かもしれないが

逆に絞って青空を写してみた。

到着が遅かったので、明るいうちに屋外で撮影しようと思い

入場するやそのまま外へ出た。

公園からTFTへ帰ってくるレイヤーさん達がいて、声をかけて撮らせてもらった。

冬コミも近づいてきました。

| | コメント (0)

清水エスパルスに夢や希望は持てるか  2017年の展望

Zimg_3500a

十数年、清水エスパルスを間近で追い続けてきましたが

なかなかどうして良い結果は出ない。

それどころかJ2降格という最悪の形が生じた。

そこを一年でJ1復帰したのは立派だった。

果たして2017年、清水エスパルスはJ1でどれだけ戦えるのか。

悲願のタイトル獲得は可能か?

この十数年、タイトルまであと一歩はゴール裏で何度も見てきたが

やはりあと一歩足りない。

Zimg_3470a

J2で獲得した戦意、勝つ力。

これをいかにJ1で発揮するか。

あの厳しいJ2を抜け出したのだから、J1だって戦えるはず。

最後まであきらめない、そして決めきる力が

J2リーグの終盤戦では獲得できた。

その力強さでJ1リーグ2017を戦っていきたい。

| | コメント (0)

祝J1昇格! 清水エスパルス2017 IAI日本平全勝宣言

Zimg_3445a

開幕の頃には花粉が猛威を奮うだろう。

丸二ヶ月間、花粉にやられます。

杉を完璧に処置して春の花粉症をなくします、という政党があれば

あっさり政権がとれるだろう。

耳鼻科と薬局は儲かるだろうけど、その何百倍も損失があるだろう春のスギ花粉。

いつまで日本はこの停滞を受け入れ続けるのか。

| | コメント (0)

2016年12月22日 (木)

鄭大世、村田和哉、枝村匠馬、金子翔太、白崎凌兵 契約更新

Zimg_3406a

来シーズンのラインナップが整ってきた。

今年はJ2リーグで圧倒的な大量得点を稼ぎ出した清水エスパルス。

来年J1リーグでも高い得点力を誇りたい。

今日は生ぬるい風が吹き荒れ、暑いぐらい。

雨と強風が窓ガラスを叩きつける。

| | コメント (0)

Jリーグアウォーズ2016  MVPは中村憲剛

Zimg_3374a

中村憲剛というと、代表での活躍は

南アフリカW杯での決勝トーナメント、パラグアイ戦。

後半の途中出場ながら延長戦に入ったため、プレー時間は長かった。

最後PK戦で駒野が外して敗れた試合だが

延長戦の中村憲剛はとても効いていて、夢のベスト8まであと一歩だった。

清水のチョンテセも縦関係でコンビを組むベストプレイヤーとして中村を挙げている。

川崎は麻生の雰囲気がいいですね。なだらかな丘。

| | コメント (0)

2016年12月21日 (水)

清水エスパルス2017  J1リーグをこう戦え

Zimg_0849a

ゴールを決めろ、がっつり守れ。

以上。

| | コメント (0)

球磨とクリスマス

Zmgangoangoea

生まれも育ちも葛飾区というメイドさんがいますが

葛飾区の自慢はコンビニだと言っていた。

自宅のすぐそばにあるし、そこら中にある。

なるほど。

| | コメント (0)

白崎凌兵 ベストゴール賞、鄭大世 J2得点王、J2フェアプレー賞

ヤンマー長居でのセレッソ大阪戦。

後半アディショナルタイム、白崎のロングシュートが

J2リーグ2016ベストゴールに決定した。

清水エスパルスをJ1へ押し上げる出発地点となったゴールだった。

あのゴールのあと、清水は勝利だけ続けてJ1へ上がった。

シュートだけ見ても素晴らしいが、今シーズンの分岐点となるゴールだった。

パソコンのマウスの反応がまた悪くなってきた。

静音マウスを使っているが、静音マウスは寿命が短いな。

メジャーなメーカーが静音マウスを出さないのは

接触不良が起こりやすいからだろう。

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

THE MANZAI 2016

Zimg_2148aa

クラブワールドカップと放送時刻が被ったザマンザイ。

録画を見たが、今年はきゃいーんが良かった。

去年は全然な内容だが

今年は全盛期のヒットネタ、小学六年生の買い方を彷彿させるような勢いだった。

小学六年生自体がもう廃刊してるし時代だ。

テレビや車を持たない若者という漫才だった。

あの馬鹿らしいボケはウドさんでこそ生きる。

千鳥の粘っこいやり取りは生で見たいもの。

爆笑問題は芸能ネタすぎて、ついていけなかった。

政治ネタならまだついていけるが、最近の芸能人は詳しくない。

上手いのに残念だな。

Zimg_2142a

タイムマシーン3号はM1にキャリアオーバーで出られないそうで。

デブと食い物で攻めていく。

またM1の敗者復活でもあと一歩だったミキ。大阪ならではのしゃべくり。

小劇場で見たらどんな迫力だろうと気になるコンビ。

銀シャリのような節度ある漫才が売れたあとは

ミキのような刺激が欲しくなる。

| | コメント (0)

クレイジーモンキーズ2016

もう今年も終わりだってさ。

冬休みになると十代のみなさんがメイド喫茶へ押し寄せてくるので

特に地方から集団で来てる人達は過剰に盛り上がるので

あんまり居場所もなくなってきますやね。

イエモンは紅白でJAMを歌うそうで。

乗客に日本人がいなかったと報じるあの一節は

これまで莫大な数のお笑い芸人によって、コントや漫才でいじられてきた。

あれ、うちの父ちゃん乗ってたんだ、と切り返された舞台。

| | コメント (0)

2016年12月19日 (月)

レアルマドリード  クラブワールドカップ優勝  鹿島敗北

Zimg_3595a

FIFA クラブワールドカップ 2016 ファイナル

レアルマドリード 4-2 鹿島アントラーズ  新横浜陸上

鹿島はあと一歩で勝利できるところだった。

だがPK判定をとられ、レアルに追いつかれた。

延長戦ではボコスカ決められてしまい、最終的な得点差は開いたが

あの疑惑の判定、レアルの選手の退場を主審がとりやめたシーンがなければ

どう展開していたかわからない。

ただ、それもすべて込みでフットボールだと思う。

正確さを求めるアメスポと違い、フットボールは世の中で起こることすべてを含む。

この試合、レアルは長年に渡って築いてきた貯金でもって勝利した。

これこそレアルマドリードだ。

逆にチャレンジャー側は、不利を承知の上で戦いに臨む。

恋愛、経済、戦争、学問、その他、この世のすべてのことは、これが当たり前。

鹿島は不利な立場を背負わされたが、後半途中ではリードし、健闘した。

そこで主審がレアルにPKをプレゼントしたのは

レアルマドリードが長年に渡り、戦い抜いたことで築いた貯金から発生したもの。

そして選手が退場させられなかったのも、長い歴史が生み出した神々しさと強大な圧力である。

これこそまさにレアルマドリード。

Zimg_3620a

これらを跳ね返し、優勝することも鹿島はできたはず。

だが及ばなかった。

Jリーグチャンピオンシップという非難轟々の制度で生まれた勝ち点の低い王者、鹿島。

だが今まさに絶好調のチームをクラブワールドカップへ送り出したことで

世界2位という日本の最高記録を生んだ。

トヨタ自動車が撤退したクラブワールドカップは二度と日本で開催されないだろうし

Jリーグチャンピオンシップは二度といらない。

ただこうした利益、結果を生んだ。

皮肉だが素晴らしい。

そうか、これを狙ってたんですね、と初めてJリーグチャンピオンシップに

納得したクラブワールドカップとなった。

レアルマドリードはレアルマドリードとしての歴史と貯金で優勝した。

この試合だけの強さでいえば、鹿島アントラーズが勝ったが

フットボールだけに勝敗はそこで決まらない。

鹿島アントラーズはレアルマドリードほどの歴史を築けたとき

初めて優勝できるはず。

その一歩となる準優勝、世界2位だった。

| | コメント (0)

鹿島アントラーズ  世界2位  クラブワールドカップ準優勝

レアルマドリードはPKもらった上にジャッジも覆し

至れり尽くせりでの優勝となった。

正直格好悪いわ。

鹿島アントラーズは惜しかった。

レアルの選手が退場していれば全然違った展開だったろうけど

主審がイヤホンで連絡を受け、世界が驚く取り消しとなった。

これもフットボール、まさにフットボール、

正確さを求めるアメスポにはない、この世のすべてがフットボールに詰まってる。

それも込みで鹿島はあと一歩届かなかった、足りなかった。

レアルマドリードはこれまで積み上げた貯金で優勝できた。

レアル優勝おめでとう、そして鹿島は世界二位。

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

レアルマドリードを倒すなら今しかない

Zimg_3249a

レアルマドリードといえば、監督のジダンが現役だった頃

銀河系軍団といわれて最も華があった。

そのあとはロナウジーニョが牽引するバルセロナの時代が来て

選手が変われど日本での人気は延々とバルセロナが高い。

屈強なフィジカルエリートがぶち抜くレアルより

パスサッカーでピッチを遊ぶバルサの方が日本人好み。

日本人の体格でもバルサのサッカーなら真似られるという手本でもある。

Zimg_3262a

ただ、フィジカルエリートがぶち抜くサッカーも魅力高い。

こうして世界一を決める大舞台にレアルが残った。

対するは鹿島アントラーズ。

大舞台で憎いほど強いこのチーム。

浦和が金満補強をしようが、川崎が地域密着しようが

あほらしいと蹴散らして日本一となった。

飛び抜けて金があるわけでもなく

地域密着というより在京サポーターの多いこのチームが、世界一をつかみにいく。

Zimg_3218a

二十数年前のJリーグ発足ブーム、十数年前の日韓W杯でのブームを経て

現在は停滞気味なサッカー熱。

切り開くとすればダゾーンだろう。

来年からのダゾーンとスマートテレビの普及が、ライフスタイルの変化をもたらすかも。

貧困化の進む日本社会だが、最低ラインの生活でも楽しめる世界が用意されるのは

大切なことだ。

ダゾーンとスマートテレビは金持ち向けの商品ではなく、貧困層へ売りこむものだ。

安価な大画面と見放題の安価なスポーツ中継。

| | コメント (0)

12月はばたばたしちゃうよね

Zp1080519

師走。

今年も終わりですな。

地味になりがちな生活ですが

もっともっと恥をかいて、さらなる向上を目指したい。

グラヴァニの客はアキバにさほど汚染されてないノンケが多い。

健全だ。

そのぶん喧しかったり大変だけど。

隣のテーブルの会社員達は相席屋の必勝法ばかり話していた。

アキバにもあるけど、アキバな人間は行かない場所。

Zp1080529

実家の静岡に帰ったり、静岡から戻るとき

新幹線を使うと、こだま駅なのにたまにひかりがやってくる。

よせばいいのに乗ってしまい、激混みで相席し、40分弱で東京着。

速いけど気苦労ある。

がらがらのこだまで60分かけて行けば気分爽快だってのに。

二時間半かけて東海道線で行き来すると

尻は痛くなるが、新たな土地に対して気持ちがなじみやすい。

鹿島アントラーズとレアルマドリードの世界一決定戦。

鹿島はいつも通りやるだけだね。

世界一まであと一歩。

| | コメント (0)

« 2016年12月11日 - 2016年12月17日 | トップページ | 2016年12月25日 - 2016年12月31日 »