« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月21日 - 2016年2月27日 »

2016年2月14日 - 2016年2月20日

2016年2月19日 (金)

ワンフェス 2016 [冬] 霞 艦これ みずの その3

Zimg_0976a

生きることをあきらめるな。

そのためにカメラがあるし、秋葉原もある。

神田に住んだことで、どんなにやる気がなく放棄した状態でも

外神田三丁目のコンカフェ界隈に通えるようになった。

歩いてすぐだし。

私は静岡の日本平スタジアムまで行く気力はない。

そんな遠くまで、金はともかく時間をかけるのは無理。

行ったら行ったで傷つけられることばかり、傷つけることばかり。

Zimg_0968a

精々、一眼レフカメラで撮影することが限界。

カメラのためなら幕張やお台場まで行けるわけで

それが今の自分の興味なのだろう。

でもそれですら神田に住んでなかったら、あきらめていそう。

昔のやる気をもとに、あれこれ計画を立てることはあるが

いざ当日になると何もできない、やらない。

行動力がない。

Zimg_0967a

作品を書くのはなぜかといえば

死んだあとの言い訳だ。

私が死んでも世界は当たり前に続くので

少しでも社会に役立てようと願う。

そうした発想は歳を重ねるごとに高まるのが一般的だろう。

私が死んだあとも私が撮った写真が残ったらいい。

と思っていたら、ホームページの写真がかなり削除されていた。

フリーなので一定数以上の閲覧、もしくは更新がない場合は

サーバー側が自動で消すようだ。

Zimg_0962a

今の70Dを使い始めて二年目だが

一枚もホームページには写真を加えていない。

ホームページを作るという意欲がなくなっている。

ブログとツイッターだけだな。

ツイッターは自分では余り呟かず、他者を見るだけ。

自分の発信はこのブログだけかな。

Zimg_0948a

春のウツは凄まじく、過去を容赦なく炙り出す。

始めのうちは他者への憎しみや社会への反発で

体内が煮えくり返り、攻撃的になるのだが

次第に矛先は自分自身に辿り着き

世間から無評価であることに絶望を覚え、潰れていく。

Zimg_0937

コスプレイヤーさんの多くは普段会社員であり

ツイッターを覗くとアニメやゲームの話ではなく

上司や同僚の愚痴、会社に評価されない自分の苦悩がツイートされている。

この現実感。

そしてイベントでのコスクウォリティの高さ。

生きることへの誠実さ、その塊だ。

Zimg_0926a

コンカフェのメイドさん達も

稼げないメイド業の他に、非正規の労働を別に抱える人が多い。

メイドで暮らすのは不可能だ。

現実世界の非現実がコンカフェか。

外神田三丁目は非現実の集まり。

Zimg_0935

秋葉原のコンカフェをうろつくのも8年目。

カメラを持ってコミケのコスプレエリアへ行くのも10年目。

日本平スタジアムへは10年間通い続けたが、11年目の昨年は熱意も消え

12年目の今年も同様か。

小説は書き続けて15年目。

自暴自棄だろうが狂っていようが、この習慣だけは消えない。

書いている作品の否定要素しか見えてこなくても

とにかく書けと、推敲して仕上げろと、話はそれからだ。

Zimg_0951a

書くほどに否定ばかりです。

過去に出会った人間達が恐ろしく牙を剥き

私の作品を否定してくる。

その意見はすべて筋が通っていて、反論しようがない。

そんな脳内の葛藤を抑え

とにかく書く、そして仕上げる、完成させる。

Zimg_0954a

Xリーグは川崎球場で観戦を始めて7年目となるが

今の富士通スタジアムになってからつまらない。

富士通スタジアム以外での開催に出向き

のんびりと楽しみたい。

だが春の試合はすべて富士通スタジアムだ。

まあそれも時の流れであり、抗うことはできない。

Zimg_0956a

上手くいかないことは多い。

そこそこ仲の良かったレイヤーさんが冷ややかになることもあれば

コンカフェで好きなメイドさんが必死に私から逃げ回ったり。

まあ身の程です。

Zimg_0980a

艦これは廃人になるほどやりこんでいるゲームなので

艦これレイヤーを発見すると飛びつく。

開催中の冬イベントの主役である霞。

駆逐艦の持つか弱さと強気が表現されたコスでした。

Zimg_0998a

今回のワンフェスでは、みずのさんの霞コスが一番良かった。

春のウツが猛威をふるい

過去が押し寄せては憎しみと苦痛に襲われ

やがて自身が爆撃されて蹲る。

その繰り返しに勝つことはできず、逃れ逃れていくうちに

平静たる日常を獲得するだろう。

それにはまだ遠いが。

| | コメント (0)

ぺこしかバースデー  くれぷすきゅーる

Zf1000007

日々生活が苦しくなっていくぺこしかですが

くれぷすきゅーるにてバースデーが催された。

果たして今の暮らしがいつまで続くのか

彼女の実生活は崖っぷちですが

それに反してコスプレや地下アイドル活動、メイド給仕など

華やかな舞台で花咲くぺこしか。

最近きゃりーぱみゅぱみゅを意識しており

来年の今頃にはきゃりーぱみゅぱみゅぐらいメジャーになっているはずだと

誇大妄想を語るぺこしか。

私は美人ではないが面白いのでどうにかなる、と強気なぺこしか。

ハニロウのような寂しいおじさん達に囲まれて、この世の春を謳歌するぺこしか。

何も始まらないし、何者にもならないが、アキバで生きる人々の日常がある。

| | コメント (0)

2016年2月18日 (木)

ワンフェス 2016 [冬] 霞 艦これ みずの その2

Zimg_0900a

昨年に投稿した小説はすべて駄目だったかな。

今に限って駄目なのではなく、14年やり続けて駄目なだけだ。

予選も通ってないかもしれない。

ここ一年ぐらい量産している。

枚数はどれも100枚から150枚ぐらいだが、次々と仕上げる。

三月〆切もすでに二作出している。

もう一作、三月末までに書こうと思う。

Zimg_0913

昔は慎重だった。

推敲を何度も重ね、一から書き直したりもした。

あえて手書きしたり。

今はスピードを上げて量産している。

それがいいと感じるからそうしている。

Zimg_0888a

書けるものを書くだけだが

書けるものは書く。

秋葉原のことを一年ほど書いてない。

秋葉原に対して私は消費者でしかない。

若い頃の様々な経験は単に消費者ではないので

ありふれたものでも見える世界が違ってくる。

Zimg_0890a

そうした若い頃の経験を小説の舞台に使うかといえば

最近はまったく使っていない。

自分の身の程たる価値はどこにあるかといえば

背伸びをして頑張った経験でもなく

淡々たる日常にしかない。

Zimg_0882a

投稿先の文芸誌の選考委員も年下ばかりになり

若い方にも伝わる文章を書かねばと背筋を正す。

数日前に暖かな日があり

それ以来、春のウツが襲ってきてつらい。

ここまで死なずに来たのだから

頑張って老いて、自然と終わるまで戦おう。

Zimg_0862a

小説は面白い。

コンカフェでメイドさんに最近の漫画を貸してもらい読んだりするのだが

何も感じられず退屈でしかない。

比べて小説は面白い。

大昔に書かれた作品が厳しい商業のルートにのって

いまだに発刊されているのだから傑作に違いない。

読んでみてやはり傑作。

大量の傑作がまだまだ残っているので、死ぬまで暇しない。

Zimg_0866a

漫画や舞台、映画と違って

小説は作者と読者が互いに創作する道楽なので

読者側の構築がないと読み進められない。

それを若い人達は嫌って手を出さない。

だが歳をとるにつれ、こんな面白いものはないと楽しくなる。

完成された小説より

未完成で不安定なものの方が、読者側の構築度合いが増え、面白かったりする。

その楽しみ方は、私も書く人間だからかもしれないが。

Zimg_0874a

小説を書き始めた14年前、

吉田修一のパレードを読んで、こんなにリアルでいいのかと感銘を受けた。

だがその後、熱帯魚をより好きになった。

作者には申し訳ないが、あの不完全で魅力的な小説を

自分の中で何度も作り替え、構築し直している。

隙が多い。

付け入る。いじり倒し、角度を変え、もてあそぶ。

Zimg_0879a

漫才師の三四郎が面白いので

小説の三四郎を読み直している。

レコーダーに撮りためた探偵物語を見ると

昭和の匂いが漂ってくる。

だらだらと生きているうち

尾崎豊が亡くなった歳を越え

松田優作が亡くなった歳に自分がなってしまったわけだが

夏目漱石が亡くなった歳には余裕がある。

まだやりますよ、力尽くで老いる。

| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

ワンフェス 2016 [冬] 霞 艦これ みずの

Zimg_0794

今回の冬イベントで大活躍だった霞。

幕張メッセのワンフェスでも脚光を浴びてました。

霞は改二乙まで改造しまして

FuMO電探を積んで対空カットインをかましたものです。

E3甲のラスダンでは、第二艦隊の水雷戦隊を

いかに大破させずに夜戦に突っこめるかが鍵となった。

Zimg_0822

清水エスパルスのJ2リーグ開幕戦まであと10日。

ホームで愛媛と対戦だ。

愛媛といえば四国、ダイナマイト四国というプロレスラーが有名だ。

四国は昔、死国といって死神達の住まいだった。

それを打ち破ったのが阿波踊り。

阿波踊りで死神の結界を壊し、まずは徳島が自立し

そして愛媛、香川、高知といった国々も人が暮らす土地となった。

Zimg_0831

私も過去に一度、愛媛のニンジニアスタジアムへ行ったことがある。

西京極を超える激ゆる傾斜の陸上競技場であり

動物園が併設されている。

愛媛と選手やサポーターが日本平に訪れ

最も脅威に感じるのはライン間近に迫った急傾斜の客席スタンドだろう。

客席は遠くに平べったくあるものだと彼らは思っているので

開幕の日本平では戸惑うはずだ。

Zimg_0846a

色んなことに疑問が残るここ二年ほどだった。

本当の応援とはなんなのだろう。

他クラブでは到底見られないようなエンドレス応援を強いて

ゴール裏ですら大半がついていけなくなることか。

客席の中央通路にも弾幕を張り巡らし

多くの客の視界を奪うことか。

その極めつけがゴトビの追放だろう。

サポーターのアンケートうんぬん言われるが

一番は県内マスコミとOB達が選手に造反を仕掛けた空気にある。

あの異常な空気を今の小林監督のもと、また作ってはいけない。

澤登氏をはじめとしてOB達や県内マスコミは良識のもとに発言と行動が求められる。

Zimg_0854a

応援とはなんなのかと考えたとき

何もかもが応援だなと思えてくる。

スタジアムに行けば、客席に座っただけで充分に応援である。

そこに手拍子も声出しもいらない。

したい人はすればいい。

スタジアムに行かずにスカパーで観る人も、また応援である。

すべての人が清水エスパルスを応援している。

| | コメント (0)

2016年2月14日 (日)

コスプレ博 in TFT  バレンタインスペシャル

Zimg_0661a

普段のTFTでしたが、レイヤーさんもカメコも集まりが良かった。

結構な賑わいでした。

ワンザで食事をとる場合

すき家で中華丼か、とんかつ和幸が多い。

ショッピングモールに噴水は多いが、シャワーツリーは珍しい。

Zimg_0675aaaq

TFTは行ってみるまで、使える面積がわからないですな。

この日も入り口が二分割されていて

別イベントがパーテーションの向こうでは行われていた。

TFTの料金表を見ると

となコスのときなどの全使用だと230万円、

今回のような半分使用だと130万円といったところ。

レイヤーさん2000円、カメコ3000円の入場料ですが

500人の来場者は欲しいですね。

Zimg_0688aaq

逆にいえば、普段は赤字の主催になっても

となコスのときに大儲けして

その利益だけで一年回していけばいいのかも。

コミケのときに開催されるとなコスは

普段の10倍どころでなく、数十倍の来場者でごった返す。

あれは爆発的に儲かるだろうなと誰もが思う。

入場してもまるで場所がなく、どこまで行っても人、人、人、満員電車状態なTFT。

Zimg_0703aa

一時期、別の主催団体がTFTを借りて

コスイベをすることもあったが

そのあといつもの主催団体が頻繁にTFT開催をするようになり

他の団体が消えた。

色々あるのだろう。

Zimg_0720aa

昔、小劇場を借りる機会があったが

下北沢はどこも一年先まで埋まっていた。

一年前にレンタル受付が始まるので

その当日に申し込まないと駄目だ。

料金も一年前に先払い。

劇場は民間は高いが、公営だと無料みたいな料金で貸してるところもある。

下北沢の手狭な小劇場より

JR駅前にある公営の大ホールの方が格段に安かった。

Zimg_0732aaa

以前はTFTでもレイヤーさん同士の合わせが多かったが

最近は池袋のアコスタに流れている。

池袋のハロウィンイベントは私も行ったが

サンシャインの階段での撮影はしやすかった。

ただ屋内に関しては、全面ガラス張りのTFTの方が明るくていい。

テレコムセンターが撮影場所として最高だと思うのだが

いまいちレイヤーさんの集まりが悪く、カメコは極端に少ない。

Zimg_0759aa

この日のTFTは入場時にチョコレート箱を貰い

あちこちのレイヤーさんから撮影後にチョコを貰う感じだった。

チョコといっても、カントリーマームの大入り袋を渡されて

一つ取ってくださいという細やかなもの。

一口サイズのチョコ包装が徐々に溜まっていき

帰る頃には寄せ集めのメーカーによるチョコ袋ができあがった。

Zimg_0765aa

チョコ菓子といえば、山崎パンがナビスコとのライセンス契約を終了するそうで。

オレオやリッツは今後は山崎ではなく、別のメーカーが日本国内の販売をするそうだ。

オレオやリッツが好きな人は、今後も食べられるのでご安心を。

来年からオレオの著作権が緩くなり

類似商品をどのメーカーも作って売れるようになるのだそうな。

逆にいえば今までは駄目だったのだね。

Zimg_0506a

そこで山崎パンからはオレオの類似品が来年以降発売されるようだ。

ブランド力は大事なので、同じような菓子が並んでいたら本家オレオがいいでしょう。

でもオレオを超えるオレオもどきを山崎パンが発売してきたら。

楽しみですね。

Zimg_0553a

ちなみに山崎パンは、菓子販売の会社名をヤマザキナビスコから

ヤマザキビスケットに変更するそうで。

そうなると、長年やってきたJリーグのナビスコカップはどうなるのか。

新たなナビスコ日本メーカーがスポンサーについて

ナビスコカップの名称が継続されることは100%ないだろう。

Zimg_0567a

順当にいけばヤマザキビスケットカップとなる。

となると、ビスケットカップと呼ぶのか。

ヤマザキカップと呼ぶと、どこのヤマザキだとわからない面もある。

ヤマザキビスケットカップと長く呼ぶことになるのかな。

清水エスパルスもJ1へ復帰して

ヤマザキビスケットカップへ参加したいものです。

そうならないと困る。

Zimg_0591a

バレンタインの曲といえばバクチクのマイファニーバレンタインが好きだ。

さよなら愛しのバレンタイン、マイファニーバレンタイン♪

元祖ビジュアル系の持つ神秘的な雰囲気。

二十数年前に初めて聴いたときから

今に至るまで曲の持つ鮮度が変わっていない。保たれている。

あの時代特有の色合いがない代わりに

今の曲でもある。

| | コメント (0)

ななせバースデー  ハニーハニー横浜

Zp1040559

ハニハニの横浜本店まで行き、ななせさんのバースデーに参加。

階段に並んでいる途中でセレモニーとなり

店内の通路でしゃがんでいた。

秋葉原店のバースデーは感動的な流れになることが多いのですが

ななせさんのセレモニーはわりと淡白でさらりとした内容でした。

めめ店長、ののか、るり、天音、代表といった面々。

ななせさんは18歳になり、初めて23時の閉店まで給仕した日となった。

ななせさんの力強くさを自分も見習いたい。

| | コメント (0)

« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月21日 - 2016年2月27日 »