« 【ライスボウル】 富士通フロンティアーズ 30-13 関西学院大学 | トップページ | C91 えなこ GUILTY GEAR ディズィー »

2017年1月 4日 (水)

富士通フロンティアーズ  東京ドームで日本一に輝く

Z4z3a2149a

前半を富士通20-0関学で終わり、後半の始まりも富士通のフィールドゴールから。

だがその後、関学がタッチダウン。

ようやく試合が動き出す。

ここで関学は一点狙いのキックをせず、二点狙いをするも失敗。

せっかくのタッチダウンだが後が良くなかった。

富士通は勢いそのままにタッチダウンをさらに決め

第三クォーターが終わって富士通30-6関学。

大きな差がついたまま最終クォーターへ。

Z4z3a2150a

最終クォーターは関学のタッチダウンが一度あったきり

富士通はなりを潜めた。

点差が開きすぎているし、無茶もせずといったところか。

関学もタッチダウン後は普通にキックし、1点プラスにとどめる。

いかに自分達を貫き通し、いさぎよく終わるかという態度に見えた。

いや違う、可能性あればこそ、無謀な2点狙いでなく、確実な1点なのか。

Z4z3a2151a

Xリーグの試合だと、最終クォーターでこの点差があっても

平気で追いついてひっくり返したりする。

無敵に思える富士通でも負けるときは負ける。

まだわからない、勝負の面白さがXリーグにはある。

だがこの試合、関学は限界だった。

Z4z3a2152a

差がついてきたように思える社会人と大学だが

実業団の運動部が出場している影響は大きいだろう。

これがクラブチームで、選手各々が職場で仕事に追われ、準備が整わないようなら

差は縮まる気がする。

JXBで富士通ではなくオービックが勝っていれば

ここまで大学側が苦戦しなかったのでは。

Z4z3a2153a

とはいってもXリーグ自体、実業団運動部の富士通とパナソニックが二強である。

この二強にいかにして勝つかが、他のXリーグチームすべての課題だ。

東京ドームの大舞台は魅力的だ。

ファイナルに至るまでの観客数は正直少ない。

それが一気に十倍以上に膨れ上がる。

Z4z3a4259a

勝者の証である白い帽子を被った選手達。

富士通の選手はみな社員だから関係ないだろうが

関学の大勢の部員を見ると何人かが将来、

プルデンシャル生命のライフプランナーになり

かつてのアメフト仲間を必死になって勧誘し、契約をとっていくのだろうと思える。

プルデンシャル生命がライスボウルのスポンサーとなっているのも、そこなのだ。

東京ドームに来ている選手達の知り合い、家族すべてを取り込んでいく。

Z4z3a4356a

よく見たらレッディも白い帽子を被っていました。

頭が白いから目立たない。

今年は酉年です。

レッディが力強く羽ばたいていくだろう。

Z4z3a4508a

白い帽子を被ったフロンティアレッツ。

これこそ真のチアリーダーオブザイヤー。

富士通フロンティアーズが記念撮影をするなか

関学が涙の解散式をしていて、富士通へのエールも送っていた。

Zp1080545a

今年も淡々と生きていきましょう。

あらぶるなかれ。

2017年。

|

« 【ライスボウル】 富士通フロンティアーズ 30-13 関西学院大学 | トップページ | C91 えなこ GUILTY GEAR ディズィー »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ライスボウル】 富士通フロンティアーズ 30-13 関西学院大学 | トップページ | C91 えなこ GUILTY GEAR ディズィー »