« 静岡ダービーに向けて  鹿島戦での崩壊をどう立て直す | トップページ | 岡崎慎司 代表50ゴール  日本はW杯予選グループ首位に »

2017年3月19日 (日)

鈴木優麿を恐れない勇気と自信を  臆病さを捨てろエスパルス

Zimg_5323a

角田があのような反社会的な行為を試合中に行ったのは

鹿島の鈴木優麿が怖かったからだろう。

怖いから虚勢を張って威嚇する。

もし鈴木優麿を恐れなかったら、どこまでも堂々と対面できたはず。

Zimg_1656a

確かに鈴木優麿の風貌は怖い。

虎に睨まれ、吠えられたかのように、マッチアップする選手は感じるだろう。

だが恐れてはいけない。

どれだけ鈴木優麿が凶暴に見えても、所詮はただの一人の人間だ。

それを怖がるから、恐れるから、あのような反社会的な行為に走る。

愚かであり、臆病だ。

角田のあの行為は自分が臆病者だと17000人の観客に向けて示したようなものだ。

Zimg_0762a

清水の選手はピッチに立てば、絶対に相手を恐れてはいけない。

多大なる応援のもと、自信をもって戦わなければいけない。

角田がいかに弱い心しか持たない、臆病な人間かが表に出た。

角田は今後、紳士的なフェアプレーを心掛ければいいのか。

違う。

角田が持つべきは、相手を恐れない勇気だ、そして自信だ。

Zimg_1188a

鈴木優麿が凶暴な顔で恫喝してくる様は確かに怖い。

誰だって怖い。

だが頑張って勇気を持ち、自信を持ち、戦い続ける。

そこに必要なのは勇気と自信だ。

どうか角田は勇気と自信を持ってピッチに立ってほしい。

鈴木優麿のあの風貌に震えない。

Zimg_1246a

角田は弱虫であり、反社会的な行為に走った。

恐れてはいけない、芽生える恐怖に負けてはいけない。

鈴木優磨と戦うのは怖いはずだ。

サメが襲いかかってくるようなものだ。

だが気づいてほしい。

それは幻影だと。

鈴木優麿の外側にまとわりついた幻だと。

それに気づくには勇気と自信が必要だ。

絶対に相手を恐れてはいけない。

反省の多い鹿島戦だが、この部分はもっとも反省しなければいけない。

そして静岡ダービーに胸を張って臨むべきだ。

|

« 静岡ダービーに向けて  鹿島戦での崩壊をどう立て直す | トップページ | 岡崎慎司 代表50ゴール  日本はW杯予選グループ首位に »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡ダービーに向けて  鹿島戦での崩壊をどう立て直す | トップページ | 岡崎慎司 代表50ゴール  日本はW杯予選グループ首位に »