« 日立台ハーフタイム  一斉にコートを羽織るサポーター達 | トップページ | 試合終了  清水エスパルス敗北  ルヴァン日立台凍りつく »

2017年3月16日 (木)

日立台後半、松原の活躍で息を吹き返す  長谷川悠は苦しい

Zp1080884

後半はこちらに選手が攻めてくる。

ゴール裏の興奮も高まる。

良い位置でのフリーキックなど、チャンスも多くあった。

リーグ戦でスタメンを張る松原が入ってからは、かなり活気づいた。

だがゴールまで結びつかない。

ディフェンスの手拍子ばかりしていた前半と比べ

後半はゴールコールが増えたゴール裏だった。

Zp1080890

長谷川悠がトップで攻め続けたが、彼の能力にいささか疑問を感じた。

ピッチレベルで見ているおかげで、選手達のジャンプに対して正確に判断できる。

長谷川悠の高身長を生かしたジャンプは確かに高い。

だがクロスボールとのタイミングが合わず、

背の低い柏選手の低いジャンプに競り負けるシーンが目立った。

柏の選手達は背が低いものの、確実にボールに頭を当ててくる。

比べて長谷川悠はただジャンプしているだけで、ボールに触れずにいる。

上方の客席からのアングルだとピンと来ないかもしれないが

ピッチレベルだけに、長谷川悠の無駄ジャンプに失望が募っていった。

だがそれだけ高くジャンプできるフィジカルは大切だし、体の調子もいい。

いつかそのジャンプが的確になるときが来るかもしれない。いやきっと必ず来る。

Zp1080895

90分が終わり、後半アディショナルタイムに入っても柏1-0清水のまま。

キックオフ直後の失点を引き摺っている。

ゴール裏は人数バランス的にたまたまそうだったのか

普段より女性が応援する声が目立った気がした。

多くのサポーターは広島にも新潟にも駆けつけ、日立台に来ている。

彼らのハードさに比べて自分は大変ぬるサポだが

日立台で応援を続けた。

柏は全体的に小柄な選手が多かった気がするが

高身長が多い清水はなかなか空中戦でも競り勝てない。

時間が迫ってくる。

|

« 日立台ハーフタイム  一斉にコートを羽織るサポーター達 | トップページ | 試合終了  清水エスパルス敗北  ルヴァン日立台凍りつく »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日立台ハーフタイム  一斉にコートを羽織るサポーター達 | トップページ | 試合終了  清水エスパルス敗北  ルヴァン日立台凍りつく »