« 日立台を去る  ルヴァンの牙城 | トップページ | 静岡ダービーに向けて  鹿島戦での崩壊をどう立て直す »

2017年3月18日 (土)

清水エスパルス 2-3 鹿島アントラーズ  IAI日本平

Zimg_1304a

得点 金子 白崎 植田 鈴木 金崎

清水のスタメンと控えはいつも通り。

攻撃はトップにテセと金子、ワイドに白崎と枝村。

中盤ボランチに六平と野津田。

守備は中央に犬飼と角田、サイドに松原と鎌田。

GKは六反。

鹿島は長年ゴールを守った曽ヶ端が今シーズンはベンチに引っ込み

韓国代表のクォン・スンテがGKにスタメン起用されている。

曽ヶ端はこのまま鹿島で終わるのか、それともカテゴリーを落としても返り咲くか。

気になる選手は中盤の小笠原。

ファン対応はほとんどせず、今のJリーグでは非常に珍しい存在。

ベンチの金崎も攻撃の切り札として気になるところ。

Zimg_1314a

ダゾーンの中継が始まった。

死角席エリアまで客が入り、かなりの大入りだ。

旗が靡く映像にはフレームレートの限界を感じる。

だがこのおかげで2ステージ制をやめられた。

その感謝と納得と共に、選手入場。

鹿島はアウェイユニが真っ白だ。胸にはLIXIL。

Zimg_1315a

キックオフ。

フォーメーション表まんまなポジションが続いている。

飛び抜けたチャンスが現れないが、守備をがっちりできているといったところか。

右サイドからの攻撃が続くが、シュートまで行けない。

鎌田と枝村のコンビネーション。

J2と比べて悪質なラフプレーが全然なく、非常に楽だ。

この楽さ加減に甘えてしまってはいけない。

J2で得た戦意をJ1で発揮。

金子からグラウンダーのクロスがゴール前へ。

テセは間に合わず。

Zimg_1328a

最終ラインのボール回し、犬飼がペドロジュニオールにボールを奪われた。

だが選手の多くが守備に戻っていたため、シュートを撃たれずに対処できた。

この試合、金子がゲームメーカーとなって

攻撃面でボールを保持し、さばくシーンが目立つ。

前線にいるテセまで、あと一歩届かない。

鹿島の鈴木、闘志をむき出して怒りまくる。

こわもてな選手だ。

そんな鈴木が犬飼を倒したが、なぜか鹿島のフリーキック。

GK六反がシュートボールを弾いた。

Zimg_1332a

鹿島の攻撃。

山本とGK六反が一対一。

山本のシュートにGK六反が飛び出し、胸で押し出した。

至近距離からのシュートを胸で受けたことで、体を伸ばし苦い顔をする六反。

ゴールキック。

Zimg_1333a

テセと鹿島の選手が空中での競り合い。

こぼれ球を鹿島の最終ラインが蹴り出そうとする。

そこに金子が詰める。

鹿島の最終ラインが蹴ったボールに、金子が至近距離で体当たり。

ボールは鹿島のGK前に転がった。

金子がそのボールに食らいつき、GKと一対一。

距離が近すぎるので、GKに食い止められてもおかしくない。

金子のシュート。

ゴール!

清水1-0鹿島。

突然のゴールシーンとなった。

Zimg_1335a

金子はこの試合、序盤からゲームメーカーとして機能し、調子が良かった。

GKとの一対一を確実に決めたのは能力の高さ。

鹿島の最終ラインへ飛び込めた素早さ。

金子の良さがすべて出たゴールとなった。

Zimg_1340a

前半アディショナルタイム2分に突入。

危険な時間帯。

この時間帯に鹿島から失点することが多い。

案の定、至近距離から鹿島のシュート。

だが六反は右手だけでボールを弾き、外に出した。

GK六反、能力が高い。明らかに高い。こりゃスタメンになるわけだ。

Zimg_1343a

前半終了。

六反はこれまでそれほど出場機会が多かった選手でもなく

今年で30歳になるが、なかなかの能力の高さだ。

ハーフタイムにも大量の水がピッチに撒かれる。

芝は短く、水で濡らす。

カシマスタのピッチとは真逆の環境。

完全に崩された最後のピンチを、六反の個人的な能力で乗り切ったのは頼もしかった。

だが前半の清水のボール支配率は30%台。

鹿島優位で進む試合展開、凌いで凌いでチャンスを決めたい。

Zimg_1345a

後半キックオフ。

攻撃に人数をかけないせいか、惜しい形で攻撃が失敗する。

逆に鹿島は前がかりで、スリートップ状態。

ひたすら前線に選手が張っている。守備は屈強な最終ライン二人に任せている。

Zimg_1346a

松原のクロスが鹿島ディフェンスに当たってコーナーキック。

金子がコーナーキックを蹴った。

角田のボレーシュートは枠に収まらず。

おーアントラーズ、という応援が懐かしい。

鹿島の応援はヨーロッパのクラブと同じで、低音で野太く歌われる。

高音合唱団になりがちなJリーグの他クラブとは大きく異なる。

鹿島のアウェイユニは真っ白なだけに、背中のイエローハットの黄色が目立つ。

Zimg_1347a

凶暴さが目立つ鈴木。

犬飼の顔面に強烈なひじ打ち。

さすがにイエローカード。

直後、清水の大きなチャンスだったがシュートはポストを叩いた。

こうしたチャンスを逃すと厳しくなってくる。

後半途中から入った金崎が松原と乱闘。主審は二人両方にイエローカード。

Zimg_1348a

清水のカウンター。

枝村からロングボールがテセに入る。

テセは中央に折り返し、ゴール前で金子がボールキープ。

鹿島のディフェンスが金子に集まってきたところで

走りこんできた白崎にボールが渡った。

白崎のシュート、ゴール!

清水2-0鹿島。

ボールを鹿島に支配されながらも、点差を広げることができた。

Zimg_1349a

だがその直後、鹿島がゴール。

フリーキックから植田がヘディングシュートを決めた。

清水2-1鹿島。

鹿島は得点後、小笠原が下がりレオシルバが入った。

続いて流れの中から鈴木のヘディングシュート、ゴール。

清水2-2鹿島。

同点に追いつかれた。

あっという間の鹿島の追いつき。

先ほど乱闘のあった鈴木と松原だが、ゴールを決めて余裕の生まれた鈴木が

松原に何か話しかけている。

Zimg_1326a

交代カードを早めに三枚切り、同点に追いついた鹿島。

比べて清水は交代なしのまま二失点。

正直、疲れた感じを見受ける。

ボールポゼッションが圧倒的に鹿島なだけに、前半から清水は走らされ続けている。

残り7分、金子が下がってデュークが入った。

続いてゴール前の混雑のなか金崎のシュート、ゴール。

清水2-3鹿島。

鹿島に逆転された。

わずか10分で三得点の鹿島。あっという間にひっくり返された。

Zimg_1329a

残り5分、枝村が下がって村田が入った。

残り2分、野津田が下がり長谷川が入った。

90分が終わってアディショナルタイム4分に入った。

背の高い選手を前線に並べたものの、鹿島のボールキープが長く

一向に前へボールを出せない。

Zimg_1313a

試合終了。

清水2-3鹿島。清水エスパルス敗北。

大入りのホームゲームで2-0からの逆転負け。

鹿島にボールを支配されて走らされ続け、疲労の高い選手を交代させない采配は

色々と意見が交わされそうだ。

56歳になる小林監督がこれまで培ってきた戦術なので、早々変わらないと思われる。

この劇的な敗北。

背の高い選手を前線に並べての放り込みは、放り込むことすらできないし

背の高い選手もクウォリティが全然だし、やめた方が良さそうだ。

鹿島の王者ぶりがいかんなく発揮された試合となった。

|

« 日立台を去る  ルヴァンの牙城 | トップページ | 静岡ダービーに向けて  鹿島戦での崩壊をどう立て直す »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日立台を去る  ルヴァンの牙城 | トップページ | 静岡ダービーに向けて  鹿島戦での崩壊をどう立て直す »