« ルヴァンカップ札幌戦を総括  この選手をリーグ戦に起用せよ | トップページ | 【スプリングボウル】 AFCクレーンズ 49-7 バーバリアン 大井 »

2017年4月16日 (日)

清水エスパルス 1-1 大宮アルディージャ  IAI日本平

Zimg_0298a

得点 江坂 白崎

大前が久しぶりに日本平へやってきた。

大宮といえば大前。大前のことばかり。

なんとしても大前のいる大宮に勝ちたい。

そして清水は枝村をベンチにして、村田をスタメン起用してきた。

頭から猛攻撃を仕掛ける、そんな小林監督の意図を感じる。

選手全員に猛攻撃で行くぞ、と背中を押す起用だ。

Zimg_0303a

日本平は初夏を感じさせる天候。炎天下。

大宮サポーターも大勢押し寄せ、スタジアムはぎっしり満たされている。

攻撃的な右サイドに村田、ど頭から攻めまくるだろう。

大宮はトップの大前とムルジャが個人的な打開もしてきそうだ。

茨田が指揮するだろう中盤も気になるところ。

相手を調子にのせてはいけない。

その前に先取点、そんな村田起用だ。

Zimg_0310a

キックオフ。

真っ白なユニフォームの大宮。

キックオフ前、テセは力強く金子の背中を叩いていた。

そんな金子が左サイドをドリブルで駆け抜ける。

上がってきて松原にボールを渡し、ペナルティエリアへ。

だが大宮DF達に囲まれて上手くいかず。

ゴール裏はロコロコを歌い上げる。

Zimg_0311a

まずは大宮のシュート。

グランダーの速いシュートだったが、GK六反は弾いた。

大宮のコーナーキック。蹴るのは大前。

テセがヘディングで弾いた。

まだ大宮の攻撃が続く。

大宮が右サイドからクロス、それをゴール前にいた大宮の江坂がヘディングシュート。

ゴール。

清水0-1大宮。

まだ試合が始まって5分。残り85分ある。ひっくり返そう。

Zimg_0312a

村田が右サイドで粘り、清水のコーナーキック。

野津田が蹴る。

ゴールエリア内に低めの良いボールが入ったが

清水も大宮もすべての選手がスルーして流れてしまった。

先取点をとられたことで、村田起用の意図は外れた。

水曜日のルヴァンカップにスタメン起用されていた村田だけに

この試合の終盤はまずピッチにいない。

そこに欠落に対して、チアゴを出すのか。だが未知数。

Zimg_0315a

江坂とムルジャのコンビネーションが目立つ大宮。

清水は村田が右サイドから強引にクロスを上げていくが

ゴール前と噛み合わない。

そんな中、ゴール前のテセにようやく良いボールが通った。

テセのゴールが決まったかに見えたがオフサイド判定。

非常に微妙な判定だった。

これはシーズン通してプラマイゼロと考えるしかない。

Zimg_0322a

村田の積極的な攻撃。

右サイドからの展開が多い。

だが無謀さが目立つ。

右サイドで大宮DF達に囲まれ始め、攻め進むこともできず、無理にクロスを上げる。

ゴール前に清水の選手はいない。

大宮は清水のシュートを弾き続けるが

ラインを割ることが多く、また清水の攻撃で試合が始まる。その繰り返し。

Zimg_0328a_2

清水のコーナーキック。

野津田が蹴ったボールは大宮が弾き、またラインを割って清水のスローイン。

この展開が続いても清水のゴールは生まれない。

どこかでこれを打ち破る攻撃を。

大宮のカウンターを防いだあと、今度は清水のカウンターが防がれる。

どちらのチームも前がかりで超攻撃だ。

Zimg_0334a

清水は楽にボールを拾え、攻撃を展開していける。

だがゴール前での決定機が生まれない。

前半終了。

清水0-1大宮。

村田起用が空回りした印象は拭えない。

水曜日のルヴァンカップにスタメンだった村田は、後半厳しいだろう。

チアゴが出たとき、リーグ戦のメンバー達とフィットできるか。

ハーフタイムの水撒きが始まった。

Zimg_1254a

後半キックオフ。

両チーム交代はなし。

後半は逆光のため、ややハンデがある清水。

小林監督は一貫して西日にはこだわらない。これは昨年からだ。

後半にホームゴール裏に向かって攻めることを重要視しているかもしれない。

大宮の茨田が清水のボールをカットして前線にボールを運ぶ。

しっかり防ぐ清水。

Zimg_1256a

マーチが歌われる清水のゴール裏。

前半は清水の応援に指笛が被さることが多かった。

指笛はもはや日本のサッカー文化に根付いたのかもしれない。

非常に残念。

だが私を中心に世の中は回らず、到底受け入れられないものを許容するのが

この社会で生きるための最も大切なルールだ。

過激さをます指笛。

Zimg_1261a

犬飼は髪型が任侠物のアイロンパーマのようになってきた。

犬飼と二見が最終ラインでボールを回し続け

仕方なく出した先で大宮に取られてしまった。

危ういシーン。

右サイドの村田から次々にクロスが上がった前半だったが

後半は左サイドからの攻撃が多め。

松原は村田ほど無謀にボールを上げたがらないが、清水はシュートできずに終わる。

Zimg_1264a

松原がドリブルでペナルティエリア内に攻めこんだ。

大宮のディフェンスを次々に振りきっていく。

至近距離からシュートを放ったが、枠に収まらず。

今度は右サイドで鎌田と村田のコンビネーションから攻めていく。

不可能な試合には思えないが、あと一歩届かない。

清水の猛攻を弾かれ続ける。

Zimg_1272a

残り30分。

ペナルティエリアのすぐ外でテセが倒された。

清水のフリーキック。

フリーキックを蹴る前に両チームとも選手交代。

大宮は大前が下がった。もうこれで因縁は消えた。

清水は金子が下がってチアゴ。

チアゴが蹴ったフリーキックはグラウンダーの良いシュートだったがGKに弾かれた。

そのあとのコーナーキックもチアゴが蹴ったが、こちらはすっぽ抜けた。

Zimg_1274a

テセがペナルティエリア内で倒れた。

左耳を押さえている。

大宮の選手と頭同士でぶつかってしまったようだ。

金子が下がった関係で、前線からの守備は消えた。

あとは攻撃あるのみ。

テセと大宮GKが正面衝突。

医療班も出て騒然としたが、双方とも復活。

16277人の動員。

Zimg_1284a

残り20分。

野津田が下がって枝村が入った。

残り15分。

チアゴが入ってから、清水がなかなか攻撃できなくなった。

それまでは金子が前線からの守備でマイボールにしていたが

その機能が消えて、大宮の攻撃の時間が続く。

Zimg_1287a

清水のフリーキック。

チアゴの蹴った低いボールは大宮のGKがダイレクトにキャッチ。

真正面だった。

右サイド、村田のクロスからゴール前でチアゴのシュート。

だが大宮のGKがキャッチ。

Zimg_1299a

残り10分。

サイドバックの鎌田を下げてフォアードのデュークが入った。

守備を減らして攻撃陣を厚くする。

小林監督は一か八かの超攻撃を選択。

大宮の追加点が入る恐れもあるが、とにかく超攻撃で追いつきたい。

Zimg_1306a

清水のコーナーキック。

チアゴが蹴ったボールは大きすぎた。

なんとか白崎が折り返したものの実を結ばず。

中央の枝村から右サイドの村田へボールが渡った。

村田はさすがに疲労か、ドリブルの仕掛け等は見られない。

Zimg_1341a

残り5分。

清水は最終ラインで二見が大宮選手にボールを奪われた。

もはや末期状態。

ペナルティエリア内で清水が強引にボールカット。

大宮選手は倒されたが、なんとか主審の笛は鳴らず。

PKを逃れることができた。

Zimg_1346a

チアゴからゴール前にクロス。

低いボールだ。

これをゴール前にいた白崎がスライディングシュート。

ゴール!!!

清水1-1大宮。

チアゴの連携が生きた。

チアゴは低いボールを出すのが得意だ。

Zimg_1347a

チアゴがドリブルで仕掛けるが

何もないところで足をとられて転んでしまった。

そのボールをフォローする際、大宮の選手と交錯して倒された。

清水のフリーキック。

チアゴの蹴ったボールは、ゴールラインぎりぎりに放り込まれたが二見は追いつけず。

Zimg_1353a

90分が過ぎて、アディショナルタイム5分に突入。

清水の攻撃。

大宮のGKが弾いたボールを松原がシュートするも枠を外した。

ぶっ倒れて頭を抱える松原。

Zimg_1356a

アディショナルタイム残り3分。

ロコロコが歌われるゴール裏。

GK六反からのビルドアップ。

だが大宮ボールに。

それを松原が奪うも、また奪われ返された。

デュークが大宮選手を倒してしまい、良い位置で大宮のフリーキック。

これはGK六反がダイレクトキャッチ。

Zimg_1359a

アディショナルタイム残り1分。

大宮は痛がり始めた。

アウェイで勝ち点1を摑む意図か。

時間が経過していく。

Zimg_1362a

村田がオフサイドをとられたところで試合終了。

清水1-1大宮。

清水はホーム初勝利を逃した。

大宮はドローながら開幕以来続いていた連敗を食いとめた。

もっとチアゴを見たかった。

Zimg_1371a

今節でJ1リーグの通算ゴールが19999まで来た。

次節は金曜日開催が川崎×清水、ガンバ×大宮の二つ。どちらも19時キックオフ。

他はすべて土曜開催。

この四チームの中から20000ゴールが生まれるだろう。

1万ゴールの選手はプロ選手として余り試合に出られず終わったため印象が薄い。

ここは2万ゴールで挽回だ。

四チームの選手達は2万ゴールを取りたいだろう。

注目を浴び、代表入りへのアピールにもなる。

清水のどの選手にも獲ってほしいが、なんとなく大前が獲りそうな気もする。

大宮が試合に負けた上で。

だがハニロウ予想としては清水の松原が2万ゴール。

|

« ルヴァンカップ札幌戦を総括  この選手をリーグ戦に起用せよ | トップページ | 【スプリングボウル】 AFCクレーンズ 49-7 バーバリアン 大井 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルヴァンカップ札幌戦を総括  この選手をリーグ戦に起用せよ | トップページ | 【スプリングボウル】 AFCクレーンズ 49-7 バーバリアン 大井 »