« 清水エスパルス 1-1 大宮アルディージャ  IAI日本平 | トップページ | 【スプリングボウル】 ウォリアーズ 5-0 ZERO FIGHTERS 大井 »

2017年4月18日 (火)

【スプリングボウル】 AFCクレーンズ 49-7 バーバリアン 大井

Z4z3a4789

スプリングボウルが開幕した。

いよいよアメリカンフットボールのシーズンがやってきた。

大井第二球技場は相変わらず遠かったが、天気は良かった。

土曜日の第一試合はクレーンズとバーバリアンの対戦。

クレーンズの圧勝だった。

Z4z3a4953

早めの時刻に大井第二球技場に着いたのですが

運営の人達が当日券売り場のテントを作っていた。

テントはできたものの風が強くて動いてしまう。

手伝ってテントの柱を押さえたりしていた。

Z4z3a4954

試合中、クレーンズの選手側からチアへクレームがあり

スピーカーの音量を小さく絞ってくれと言ってきた。

指示の声が選手達に通らないらしい。

これはアマチュアスポーツとして無観客を貫くか

それともプロの興行として見世物をするのかという分かれ目だなあ。

Jリーグやプロ野球では応援があって声が通らないのは当たり前で

身振り手振りのサインを使う。

アメリカのNFLでは満員の巨大スタジアムで

客席のクラウドノイズやストロボの点滅も当たり前。

JリーグではPKのときなど旗の揺らぎで視界を邪魔しまくり、ブーイングも多い。

それが許されるのはプロの興行だからであり

アマチュアを貫くXリーグにおいては慎むべきだ。

ヘッドコーチの声が通らなくては一大事だ。

客席に疎らに散らばる選手の家族達も、ショー的な要素より試合の勝利を願っている。

特にX2リーグという下部リーグの場ではより一層、アマチュア精神が尊ばれるだろう。

だが個人的には、Xリーグの良さはチアリーディングの華やかさにあり

その魅力が殺がれてしまうのは残念だ。

だがアマチュア精神も充分に尊重されるべきだし

スポーツに対する純粋な姿勢は正しい。

興行なのか、それともスポーツか、分かれ道だな。

冬の高校サッカー選手権など見に行くと

コーナーフラッグ辺りの客席に、上げさせるなババアという生き物がいる。

守っているとき、相手にクロスを上げさせるなと喚く中高年の女性のことだ。

どの会場にいっても、色んなババアがいる。

あれも興行として高校サッカーを見ればありだろうし

アマチュアスポーツに醜いことを言うなという批判もあるだろう。

選手人口が世界的に増えすぎた柔道では

ほとんどの一流選手がプロのため、もっと大会を増やせと要望が強い。

だが日本選手はみなアマチュアのため、仕事があるしやめてくれと願う。

まあ楽しくやりたいものです。

Z4z3a2365a

バーバリアンのチアリーダー。

キャプテンだった方が引退されて新たな時代の到来。

発足時から見続けて来たチアチーム。

私はXリーグの観戦が八年目に入った。

昔の川崎球場が懐かしいですね。

Z4z3a3464a

クレーンズのチアリーダー。

去年は余り見られなかったタッチダウンパフォーマンスが増えた。

この日は顔が日焼けした。

初夏の気候。

|

« 清水エスパルス 1-1 大宮アルディージャ  IAI日本平 | トップページ | 【スプリングボウル】 ウォリアーズ 5-0 ZERO FIGHTERS 大井 »

Xリーグ アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清水エスパルス 1-1 大宮アルディージャ  IAI日本平 | トップページ | 【スプリングボウル】 ウォリアーズ 5-0 ZERO FIGHTERS 大井 »