« 客席に組み込まれたダッグアウト  隅に佇む小林監督 | トップページ | 大阪遠征もこの記事で終了  吹田スタジアムお疲れさまでした »

2017年5月23日 (火)

柵の低さこそ吹田スタジアムが未来永劫守り続けるべき誇り

Zp1100961

吹田スタジアムの特徴としては、柵がどこも低いです。

特に上層フロアの最前列の柵が低い。

もし重いものを下に落としてしまったら事故になります。

それが怖くて普通のスタジアムは異常に高い柵を造る。

豊田スタにしてもあちこち柵が高くて、各層の最前列の視界はよくないし

鳥栖スタに至っては身の丈よりも高い金網が最前列前にそびえ立つ。

それを一切せずに吹田スタの柵の低さ。

一度でも事故が起これば柵が作られてしまうか

最前列がクローズされて二列目以降の使用になってしまうでしょう。

そうならないよう守り続けたい、吹田スタジアムの素晴らしさ。

Zp1100962

真下を見下ろす。

吹田スタジアムが今のまま運営されることを願う。

この柵の低さは世界中に誇っていい。

ちなみにガンバ大阪側のゴール裏上層は、スタンディング応援となるため

最前列がロープでクローズされ、柵より高いバリケードが柵に重ねて張られている。

これはこれで立ち見なら邪魔にならないし、安心して飛び跳ねられる。

|

« 客席に組み込まれたダッグアウト  隅に佇む小林監督 | トップページ | 大阪遠征もこの記事で終了  吹田スタジアムお疲れさまでした »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 客席に組み込まれたダッグアウト  隅に佇む小林監督 | トップページ | 大阪遠征もこの記事で終了  吹田スタジアムお疲れさまでした »