« 富士通フロンティアーズ 20-38 ノジマ相模原ライズ 富士通スタ | トップページ | ゆうパークおごせ  水着モデル撮影会  東京写真連盟 »

2017年5月27日 (土)

清水エスパルス 1-3 横浜F・マリノス  IAI日本平

Zimg_2672aa

得点 松原健 白崎 ウーゴ ウーゴ

清水のスタメン、攻撃は破壊力のある面子が揃った。

テセ、チアゴ、デューク、白崎の四人が前線に突っ込んでいく。

中盤は竹内と六平のボランチ。

最終ラインはフレイレと角田。ついにフレイレの出番が回ってきた。

フィジカルに強みのあるセンターバックのコンビだ。

サイドは松原と鎌田、GK六反。

ベンチは植草が去りGK高木和。

枝村はベンチにもいない。

北川、長谷川悠、20000ゴールの金子が攻撃の切り札として控える。

カヌ、野津田、村松。

ホーム初勝利をつかみとりたい。

横浜は斎藤がコンディション不良でベンチ入りもせず。

かつての日本代表中澤はいまだスタメン健在。

Zimg_2676aa

横浜ゴール裏の背景にある富士山は、雪がほとんどなく青々としている。

14時05分キックオフ。

序盤からチアゴのパスセンスが目立つ。

チアゴが蹴ったコーナーキック、フレイレがヘディングするも宇宙開発。

六平が横浜選手を背後から削り、横浜のフリーキック。

これは競り合いで横浜のファウルがありGKキック。

Zimg_2680a

GK六反のフィードが良い位置へ渡り

ボールを持つ松原がそのままペナルティエリア内へ攻め込む。

最後までは行けなかったが、GKからのスピード感ある攻撃だった。

そのあとの横浜の攻撃、

清水が弾いたボールをドフリーの横浜・松原健がゲット。

そのままシュートしてゴール。

清水0-1横浜。

横浜F・マリノスが先制。だがまだ試合は序盤。いくらでも挽回できる。

Zimg_2681aa

横浜のフリーキック。

ゴール前で中澤とフレイレが激しくやり合う。

フリーキックはテセが出して横浜のコーナーキック。

すったもんだあって、またもや横浜のコーナーキック。

これは横浜のファウルがありGKキック。

横浜の右サイド松原健、清水の左サイド松原后が激突し続ける。同じサイドで松原対決。

今のところゴールを挙げた松原健に分がある。

だが松原后もここから先、見せ場を作りたい。

Zimg_2689aaa

横浜の守備は寄せが速い。

清水のシュートが続くも、弾かれ返される。

前半26分、横浜は伊藤翔が下がりウーゴが入った。

さっそくウーゴが入り、GK六反とディフェンス一人を前にしてシュートを放った。

ボールは弾かれる。他のプレイヤーにパスされていたら危険だった。

選手達に交じって主審も給水。猛暑が窺える。

左サイドで松原対決が多く勃発する。なかなか勝てない松原后。

Zimg_2692aaa

ペナルティエリア内でボールを保持したまま倒れこむチアゴ、それを囲む横浜選手達。

ここで主審の笛。珍しく、清水はペナルティエリア内で間接フリーキックをゲット。

軽く蹴られたボールにシュートが撃たれたが、横浜に弾かれた。

フレイレはフィジカルの強さがあるが、いかんせんボールが足につかない。

お手玉状態が目立つ。

ここが小林監督がなかなか使えない原因か。

ボールは扱いは苦手だが、対人は強い、そんなフレイレだ。

Zimg_2698aaa

横浜はゴール前の守りとなると

ペナルティエリア内どころかゴールエリア内にほとんどの選手が入ってくる。

極端なほどの引きを見せる。

人がどうのこうのではなく、物理的にゴールネット前に壁を作る。

比べて攻撃時はファーに味方を一人残す。

Zimg_2700a

45分が過ぎて前半アディショナルタイム。

チアゴのフリーキック。角田がヘディングするも宇宙開発。

その直後のプレー、チアゴとGKが一対一になるもGKにシュートを防がれた。

ここで前半終了。

清水0-1横浜。

体力消耗の激しい試合。後半は清水が逆光となり眩しいなか戦う。

GK六反の負担は増える。

従来の清水監督とは違い、あくまでこの陣地にこだわるのだろう。

ハーフタイムはさっそく散水。

Zimg_2714aa

後半キックオフ。

エスパルスのゴール裏は駒込を歌い上げる。

大量リードのときに歌われるイメージが強いが

逆境の歌に変わったかもしれない。

GK六反は眩しいだろうが、目をかっぴらいてゴールを守ってほしい。

Zimg_2721aa

サイドからボールを受けたテセがペナルティエリア内にドリブルで切りこんだ。

テセには中澤がマンツーマンでつく。

GKがテセに対して身構えた瞬間、テセは隣に走ってきた白崎にパス。

白崎はシュート、ゴール!

清水1-1横浜。

まずは同点。

まだ後半は始まったばかり。

Zimg_2722aaa

だが一分も経たないうちに横浜がゴール。

サイドからの強烈なクロスをウーゴがボレーで決めた。

清水1-2横浜。

あっという間であった。

だがあっという間であった分、まだまだ後半始まったばかり。

横浜のウーゴはベンチスタートが信じられないほどの決定力だ。

Zimg_2726a

左サイドで松原同士が喧嘩。

松原と松原を引き離す主審。

ペナルティエリア近くで白崎が倒され、清水のフリーキック。

シュートは弾かれて清水のコーナーキック。

これは競り合いで清水のファウルがとられ、横浜のGKキックに。

清水の攻撃は続くが、横浜の最終ライン四人が非常に背が高く

必ず弾き返されてしまう。

Zimg_2728aa

左サイドの松原后にボールが入るシーンが多いが、実を結ばない。

いつものドリブル攻撃は見られず、すっぽ抜けたクロスが目立つ。

松原后が倒されたシーン。

主審はなぜか逆に松原后のファウルをとった。

どよめくスタジアム。

小林監督も猛抗議。

荒れるなか、松原后が主審をいさめて試合再開。

Zimg_2731aa

横浜はベテランの栗原が入った。攻撃を削って守備を増やす。守備固め。

逆に清水は守備の鎌田を下げて攻撃の北川が入った。

超攻撃の体制をとった清水。

だが攻撃すらできず、横浜の攻撃が連続する。

こうなることはわかっていた。

あとは攻撃のチャンスが来たとき、攻撃陣の枚数が多い強みが出るはず。

Zimg_2735

横浜のカウンター攻撃をとめた際、白崎にイエローカード。

攻撃の形は作りづらくなった清水。

だが決定機が訪れれば4トップの破壊力が出るはず。

ただなかなかそうした決定機が訪れない。

疲労からかフィード、クロスが不正確になっていく。

Zimg_2741aa

残り10分。

やはりFW四人を並べる戦術に、小林監督は困難を感じたか。

デュークが下がって中盤の野津田が入った。

これで中盤が整って、攻撃の形はできてくるはず。

横浜が攻めてこないこともあって、清水は落ち着いた組み立てができている。

選手の影の長さが逆光のつらさを物語る。

太陽に負けるなエスパルス。

Zimg_2747

ペナルティエリア内への放り込みは、横浜が確実に弾いていく。

非常に高い横浜のディフェンス陣。

どんだけでも放りこんでこいといった雰囲気。

試合がとまるたび一斉に給水。

左サイドの松原はいつものドリブル攻撃はまったく見られない。

後ろから上がってきた竹内が無理矢理シュートを放つも宇宙開発。

Zimg_2748aaa

残り5分。

横浜は担架に載せられる選手があり、時間稼ぎ。

清水は守備の六平を下げて、攻撃の金子を入れた。

野津田を入れてバランスを見たはずだが、やはり金子で超攻撃を選んだ小林監督。

20000ゴール男の金子が残り時間を任された。

Zimg_2750

90分が過ぎてアディショナルタイム5分に突入。

清水のボールがとられ、横浜のウーゴが一人でカウンター攻撃。

フレイレが守備に当たるもウーゴに振り切られた。

GK六反との一対一を制し、ウーゴがシュート、ゴール。

清水1-3横浜。

試合終了。

まあ正直、今日の清水はしっちゃかめっちゃかな戦術でした。

今季、いまだホーム未勝利。

清水エスパルス敗北。

|

« 富士通フロンティアーズ 20-38 ノジマ相模原ライズ 富士通スタ | トップページ | ゆうパークおごせ  水着モデル撮影会  東京写真連盟 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士通フロンティアーズ 20-38 ノジマ相模原ライズ 富士通スタ | トップページ | ゆうパークおごせ  水着モデル撮影会  東京写真連盟 »